バナー
Thu, 15 November 2018

英国発ニュース

メイ政権、月内合意目指す-北ア問題で独立の仲裁機関案が浮上

 (ロンドン 11月7日 時事)メイ首相は6日の閣議で、大詰めを迎えた欧州連合(EU)離脱交渉で最大の焦点となっている英領北アイルランドの国境問題への対応を協議した。BBC放送によると、閣僚らは月内にEUとの合意を目指す方針で一致。首相は合意実現に向けた具体策の検討をジェフリー・コックス法務長官に指示した。

 英EUの意見が対立しているのは、北アイルランドとEU加盟国アイルランドの国境に税関などの「ハード・ボーダー」を復活させない方策がまとまらなかった場合の安全網。

 メイ政権は安全網が無期限に続かないよう、一方的な打ち切りの権利を英国に与えるよう要求。あらゆる事態に対応可能な安全網が必要だとするEUは、これを拒否してきた。

 交渉の行き詰まりを打開するため、安全網打ち切りの是非を英EUから独立した仲裁機関の判断に任せる案などが浮上しており、コックス氏はさまざまな選択肢の吟味を進める。

 一方、EUのバルニエ首席交渉官は6日、「我々はまだ100%(の合意)に達していない。(北)アイルランドの解決策を欠いているからだ。全天候型の安全網が必要だ」と強調。英EUの立場には依然として大きな溝が残っていることを認めた。

 アイルランドのバラッカー首相も、安全網に終了期限や一方的な打ち切り条項などを設けることは受け入れられないと訴えた。

 安全網の検討で進展が図られれば、メイ首相は速やかに緊急閣議を開き、閣内の意見をまとめる見込みだ。
 
  • Facebook

キャリアコネクションズ 習い事&スクールガイド
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 暮らしの手引き ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア