instagram Facebook ツイッター
三味線リサイタル 本條秀慈郎
Tue, 18 June 2019

英国発ニュース

野党、次期首相の議会閉会を阻止-「合意なきEU離脱」で画策も

 (ロンドン 6月12日 時事)最大野党・労働党は11日、次期首相に議会の閉会を強行させないための動議を下院に提出したと明らかにした。メイ首相の後任を決める与党・保守党の党首選候補の一部が、欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」を実現させる手だてとして閉会を画策している。

 党首選に立候補しているドミニク・ラーブ前EU離脱担当相らは、EUとの合意の有無にかかわらず、期限の10月末までに必ず離脱を実現させると約束。しかし、下院は「合意なき離脱」に反対の議員が多数で、首相が断行しようとすると、ストップがかかる可能性が高い。

 このためラーブ氏は、議会を閉会にし、反対派の口を封じたままで離脱期限を迎える手段に訴える考えを示唆している。

 労働党の動議は、25日の下院で野党提出の法案を審議する時間の確保をうたっている。スコットランド民族党(SNP)や自民党、プライド・カムリ、緑の党の野党各党に加え、保守党議員の一部も支持しており、可決される可能性がある。
 
  • Facebook

初めての治験はHMR 英国新生活ガイド
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 海外・日本帰国 引越しガイド