FacebookツイッターRSS feed
英仏バイリンガル幼稚園・小学校
sam 18 août 2018

バニエ氏、場違いの取材

バニエ氏、場違いの取材7日、年金改革反対ストで揺れたフランス。この日、パリ市内で行われたデモ行進を撮影しようと現場に駆けつけた写真家フランソワ=マリ・バニエ氏がやり玉に挙げられた。不正献金スキャンダルの渦中にあるフランス長者番付3位のベタンクール夫人(88)から1億ユーロの贈与を受け、夫人の実娘から「弱みに付け込んで財産を奪った」と刑事告訴されているバニエ氏。デモ参加者からは泥棒呼ばわりされ、「帰れ!」とののしられる始末。なぜ年金改革反対のデモに興味を示すのか、身の程をわきまえていないと、バニエ氏に対し市民はご立腹の様子。たとえ夫人の父親が創始したロレアルグループに雇用される6万人の定年が62歳になろうと、裕福になったバニエ氏は痛くもかゆくもないだろうに……。
写真: 年金制度が変わっても問題ないバニエ氏
©Michel Spingler/AP/Press Association Images

 

  • Check


バナー
バナー ヘアサロン・ガイド バナー おすすめフランス語学校 フランスのラーメン、中華麺、うどん、そば - イギリス・フランス・ベルギー・ドイツの麺もの大特集! バナー サロン&クリニック・ガイド パリのお弁当やさん