FacebookツイッターRSS feed
ロンドンのゲストハウス
sam 18 août 2018

美しい1枚とは愛情のポートレート

ファビアン・ルメールさん
Fabien Lemaire
Photographe, réalisateur de film

ファビアン・ルメールさん
肩書き 写真家、映画監督
経歴 1980年、パリ郊外モー市生まれ。12歳でカメラを手 にして以来、写真に興味を持つ。グラフィックを修得後、ヨーロッ パとカナダを旅する。2004年から、写真家のキャリアを積み 始め、国内のみならずアラブ首長国連邦など国外でも展覧会を 開き成功を収める。09年、政界や映画界などの人物を撮影し た「Uniques&divers」を出版。10年、日本に渡り、撮影した 写真をパリ「写真月間」のイベントで展示。
嗜好 エレクトロ、クラシック、ジャズなど、あらゆるジャン ルの音楽を聴きます。エネルギーの源である自然が好き。

初めてカメラを手にしてから、写真家になるまでは?

12歳のとき、祖父の代から使用していたカメラを父から譲り受け、その古びた箱を開けると、すごい好奇心がわき起こりました。初めて撮影したのは自然の風景で、家族でスライド映写して感激したのを覚えています。まず、私を魅了したのは間近の自然でしたが、徐々に街や日常の風景を撮るように。いつ写真家になりたいと思ったか? 数年かけて情熱が増していった結果です。写真を続けながらグラフィックの勉強をし、学業の後はさまざまな仕事をしましたが、この情熱が職業になるのでは、と思ったのは今から10年前ですね。

日本に行って撮影しましたね。

昔からの夢でした。自宅には仏像が十体もあり、アジアには非常に愛着がありますが、特に日本の色彩、唯美主義、洗練されたところに引かれます。日本の芸術から醸し出される緻密さに、日本へどうしても行きたくなりました。それで「Transparence from Europe」の続編を、東京という町に絞って製作するべく、いざ日本へ。自分の心に触れるものを探しながら東京じゅう、四方八方を歩き回りました。日本の断片を見ただけですが、それでも十分東京を味わい、東京の豊かさ、折衷的な懐の深さに魅了され、フランスに帰国してから「Transparence from Tokyo」と題した展覧会を開き、24枚のパネル写真を展示しました。

なぜ政治家や映画人などを撮影するのですか?

多くの場合、彼らから依頼されます。自分から撮影を願い出たのは、カナダの環境保護活動家、ポール・ワトソン氏やチンパンジー研究で知られるイギリスのジェーン・グドール氏です。彼らは私にとって成功の手本、驚くべきエネルギーの持ち主なので、ずっと撮影することを夢見ていました。いい思い出は、チベット高僧のラマ・ギュルメ氏とソニア・リキエル氏の息子で盲目の音楽家、ジャンフィリップ・リキエル氏のユニットに会ったとこと。写真から「愛情のポートレート」が自然に引き出され、私にとって最も美しい1枚となりました。その他ポートレート撮影で印象深かったのは、映画監督のパトリス・ルコント氏の悪意のある視線……。ある種俳優のような、単純ではない目。彼がふと見せる、作らない自然な瞬間を巧みに捉えて撮影しました。 他人と向き合うときは相手がリラックスできるように、存在しながらも自分を消さなければならないと考えています。一番大切なのは主体に対して愛情を持つこと。ものが輝く、プラスの部分に光を当てること、それが私の信条です。

最近のプロジェクト、今後について教えてください。

進行中の「Transparence from Dubaï」を2013年に終え、また、「Lovers projet」としてパリの街でキスする100組以上のカップルの写真の展覧会を開き、写真集を出版したいです。また、大ものの文化人のポートレートも撮影したい。国際的な舞台で仕事ができればと願っています。写真と並行して、仏料理の名シェフとガストロノミーというドキュメンタリーなど、動画の撮影も始めました。長編映画にも挑戦しようと、長い道のりが始まったところです。

Transparence from Tokyo Transparence from Tokyo

東京を歩き回って撮影した写真を日本レストラン内に展示。

Restaurant Maison Kaiseki
7, rue André Lefebvre 75015 Paris
www.fabienlemaire.com
 

  • Check


*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

バナー
バナー ヘアサロン・ガイド バナー おすすめフランス語学校 サロン&クリニック・ガイド パリのお弁当やさん バナー フランスのラーメン、中華麺、うどん、そば - イギリス・フランス・ベルギー・ドイツの麺もの大特集!