Bloomsbury Solutions
Mon, 17 June 2024
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

島唄 by THE BOOM

Dear ドモンさん
ベルリンに住む私(28歳のOL)は、いつも韓国人や中国人に間違われます。道を歩いていても電車に乗っていても、どこでもニコニコと韓国語や中国語で話しかけられるんです。別に中国人とかがイヤって言うわけじゃないんです。でも、やっぱり日本人に見られたい!私は少しだけこの2カ国の言葉が話せるので、「中国人じゃありません」と返事をするんだけど、それでも日本人には見られない。土門さん、日本人! を意識できる歌はありませんか?

回答

意識してどうすんだい?(突っ込みどころ多いなあ)

というか、日本人ならもっと流れを汲むというか、綺麗に締めるというか、気を使った文章書いてほしいねえ。最後唐突に「日本人!を意識できる歌はありませんか?」っていわれても……。こういう文章を書くこと自体、日本人として見られない原因ではないかと思われます。そういうことって、結構表面にも出てしまうんです(念のため言っときますが、中国や韓国にも素晴らしい文化があるということを踏まえての話ですよ)。

しかし、せっかくお悩み投稿してくれて、こんなダメだしばっかされたんじゃ踏んだり蹴ったりだと思うので、バスキング経験から1つ面白い話を紹介します。魂のオペラ歌手、スペイン人バスカーのカルロス先輩は、中国人、韓国人、日本人を完璧に識別できるんです。どうしてかって聞いたら、彼いわく顔よりも「髪型」が重要な識別ポイントになっているそうです。中国人は「素朴」、韓国人は「キッチリ」、日本人は「自然」な髪型の印象を受けるのだそうです。なんとなくうなずける気がしますよね(笑)。

そんなあなたに
島唄
by THE BOOM

実際は沖縄のことを歌っていますが、日本を離れ長く外国生活をしている人にと っては、どこか懐かしく聴こえ、望郷の念にかられる人も多いとか。中国、韓国、日本はお隣同士、今度間違われたら「日本人だけど中国語と韓国語も話せるよ」って言って、仲良く友達になってくれい!

 
  • Facebook

日系に強い会計事務所 グリーンバック・アラン 24時間365日、安心のサービス ロンドン医療センター お引越しはコヤナギワールドワイド Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street

hyper-japan-202406 JRpass

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ