ニュースダイジェストの制作業務
Thu, 02 February 2023

NHS 現役看護師が語るコロナ時代の医療

本記事に掲載の内容は執筆者個人の見解であり、組織の公式的な見解を示すものではありません。


ピネガー由紀
ピネガー由紀
大学病院で働く現役NHS看護師、フリーの医療通訳者。日本での看護師経験はなく、成人してから義務教育(GCSE)を経て、2013年マンチェスター大学看護学部卒。正看護師として、外科部門で病棟、手術前アセスメント、入院管理、学生指導などを担当。2020年4月から感染状況により新型コロナウイルス感染病棟に招集をされている。自身のYouTubeチャンネルでは医療英語や看護師の日常を発信。
YouTubeチャンネル:イギリス現役看護師Yuki

22
患者さんの通院を支える送迎救急車サービス

2023年が始まりました。今年もどうぞよろしくお願いします。英国では昨年末から看護師に限らず鉄道、郵便局、教員なども含めていつかの公共部門でストライキが続きましたね。12月22日には救急車のストライキがありました。鉄道のストライキと重なったこともあり、患者さんを自宅や近隣の病院へ搬送するためにほかの交通手段を手配するなど、対応に追われた病院は多かったと思います。今回は患者さんの移送に使われるNHSの救急車サービスについて書いてみたいと思います。

救急車というと、具合が悪くなった患者さんを病院へ緊急搬送するイメージがあるかと思いますが、患者さんが来院するための送迎車として使われる救急車も数多く活躍していることをご存知でしょうか。緊急の患者さんの搬送以外には、基本的には患者さんに自分で病院までの交通手段を考えてもらいますが、なかにはそれが難しい方もいらっしゃいます。

例えば、高齢者や体の障害がある方だと家から外に出ることさえ難しいこともあります。その場合、ご家族や近所の方に送迎してもらうケースもありますが、それができない患者さんもいますよね。このような患者さんに向けて、NHSでは救急車での無料の送迎サービス(NEPTS=Non-Emergency Patient Transport Services)を提供しています。ただし地域によってこのサービスには差があるようで、民間の救急サービスに委託をしていることも。また、病院側が送迎用の救急車を手配する場合もあれば、地域の医療サービスが手配する場合もあります。

病状によっては看護師が付き添うことがあり、私もこれまでに何回か患者さんと一緒に送迎用の救急車に乗ってご自宅まで向かいました。無事に患者さんを自宅に送り届けた後、私は救急車を使って病院まで戻ることはできないのでタクシーを呼ぶのですが、スマホの充電が切れそうでヒヤヒヤした経験が何度かあります。この場合のタクシー代は病院に出してもらえます。NEPTSを希望する患者さんは、事前にGPで送迎サービスに該当患者として登録される必要があります。この登録条件も地域によって差があるようです。

患者さんの無料送迎サービスは素晴らしいシステムですが、唯一ともいえる難点は待ち時間でしょう。限られた車両数で送迎患者さんの対応をするので、渋滞に巻き込まれてしまった場合、後続の患者さんはどんどん待ち時間が長くなっていきます。また同一の病院へ向かう、その反対に同一の病院から帰ってくる複数の患者さんが、場合によっては乗り合うこともあります。私の義母が自宅から1時間半ほど離れた病院から退院をしたときにNEPTSを利用したのですが、義母の家までの間に3人ほどの患者さんを送ったそうで、義母の自宅に着いたときは病院を出てから3時間以上も経っていたそうです。

とはいっても、この距離や時間を無料で病院から自宅まで送迎してもらえるのです。しかもプロの救急隊員が2人付き添っているので、途中で何か問題があったときも安心して救急車に乗ることができます。このように患者さんの通院を支えるサービスは、ぜひ今後も継続してほしいですね。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

  • Facebook

バナー londoniryo_dental バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ