instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 20 September 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

In My Place by Coldplay

Dear ドモンさん
土門さん、こんにちは。私は日本で音楽に携わる仕事をしていました。英国に来てから、沢山ライブやフェスに行ったけど、実はUKロックが好きになれません。というのも、私はR&Bやソウルなどの米系音楽のファンなんです。友達には、よく「なんで英国に来たんだ!」と罵られます。音楽以上にヨーロッパや英国の文化に惹かれて渡英したのですが、やっぱり音楽無しでは生きられません! そんな私のために、UKミュージックを楽しむコツを教えてください。

回答

英国に居たってR&Bやソウル聴けますけど?

なんでしょうね、この「音楽無しでは生きられません!」って(失笑)。「ノー・ミュージック・ノー・ライフ」ってやつですか? それはちょっと大げさだろ? って感じですが、こういう人達って、何するにもバックで音楽かけてたり、移動中iPod聴いてたりするんでしょうね。音楽好きをアピールしたい気持ちもわかりますが、本当の音楽好きは、あんまり「ながら聴き」をしないもんですよ。

話は飛びますけど、よく「小室サウンド」を馬鹿にする人いますよね。あんなものコンピューター使って、ちょちょちょいって作ってるんだろうって。そんなこと言う奴は1ミリも音楽制作のこと分かっちゃいませんね。当時、小室さんは、日本未発表のマニュアルも無いようなシンセサイザーや、難解なミュージック・ソフトウェアを使って、莫大な時間と労力を掛けて音楽制作してたんです。インタビューでも「僕がどれだけ大変な思いをして1曲1曲作っているのか誰も分かっちゃくれない」って嘆いてましたよ。なので、UKロックだろうが、R&Bやソウルだろうが、作った人の苦労を考え、好き嫌い無く聴いてみてください。何か新しい発見があるかもしれませんよ。

そんなあなたに
In My Place
by Coldplay

まあ入門編としては、こんなとこから始めましょうか。イントロのギターが入ってくるあたり、低い雲に覆われた英国の夕暮れを彷彿させます。エコーの効いたサウンド、意味深な歌詞、上手い下手を超越したヴォーカル、そんなところがUKロックのキモってもんでしょうか? 最近のUKロックも良いけど、やっぱビートルズも聴いてみてくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ