ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 26 June 2022

クランドン・パーク - Clandon Park

~春の訪れを感じる~

暗くて長い(しかも今年は特に雨が多い!)英国の冬、真只中。春の訪れを心待ちにしている方も多いと思います。そんななか、ロンドンからも日帰り可能なクランドン・パークは、誰よりも早く春の訪れを感じられるプロパティです。

ここはヴェネツィア生まれの高名な建築家、ジャコモ・レオニ(1686~1746)によって、1730年代前半に建造されました。レオニの建築作品のなかでは、最も良い状態で現存していることでも知られています。

なかでもハウスの入口、大理石でできた天井の高いマーブル・ホールは、ヨーロッパで最も美しい玄関ホールの一つと言われているほどの素晴らしさです。

そして、もう一つ忘れてはならないのがタペストリー・ルーム。正式な結婚式も挙げることができ、春になると毎週何組かのカップルが、映画のワンシーンのような素敵なウェディングを演出してくれます。

さて、春の訪れを真っ先に感じることができるガーデンに目を向けましょう。南正面には、美しい花壇のオランダ式サンク・ガーデン。また、ハウスの周りは3月にもなると、一面のラッパ水仙で覆われます。明るい太陽の陽射しと黄色い水仙の絨毯は、思わず顔がほころんでしまうような、気持ちまで温かくなる光景です。

ガーデンを散策していると、この国には珍しい、不思議な小屋に出会えます。それはマオリ族の公会堂で、何と1886年にニュージーランドのタラウェラ山の大噴火の際、灰に埋もれ残った小屋をはるばる運んできたもの。当時153名の村人たちが命を落としたなか、この小屋に避難したわずかな人たちは助かったそうです。

このパークはそのほか、陶人形や家具のコレクションの数の多さでも有名です。また、地元の食材を生かしたレストランでは、モダン・テイストな英国料理をお手頃な価格で楽しむことができます。

Clandon Park

Clandon Park クランドン・パーク
Address West Clandon, Guildford, Surrey GU4 7RQmap
Tel 01483 222482
行き方 車で/ロンドンからM25、ジャンクション10からA3を南下。 Guildford の東、約4.8キロ。West Clandon A247沿い。
電車で/Clandonから約1.6キロ。
開園日時 3月中旬~10月末までの火~木、日曜日のみ。
Web www.nationaltrust.org.uk
 
  • Facebook

JFC ゆめにしき
Valuence International
バナー バナー londoniryo_dental バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ