ニュースダイジェストの制作業務
Tue, 28 June 2022

ウェイクハースト・プレイス - Wakehurst Place

~もう一つの王立植物園~

国内各地に200以上のガーデンを所有・保護しているナショナル・トラストですが、そのなかでも群をぬいて人気のガーデンがあります。

それがここ、ロンドンから1時間ほどの距離にある、ウェイクハースト・プレイスです。このガーデンはナショナル・トラストに属していますが、その資金の供給や運営・管理は王立植物園であるキュー・ガーデンが担当しています。そのせいか、ナショナル・トラストのプロパティとしてよりも、キュー・ガーデンの分園としてご存じの方が多いかも知れません。

2平方キロメートルもの広大な敷地には、ウォールド・ガーデン、ウォーター・ガーデン、ナショナル・コレクションにも指定されている白樺やブナが生息している森林地帯、そして生態系保存の貴重な研究場所ともなっている湿地帯などがあります。

こう書いていくと、キューのような「植物園」を想像してしまいますが、園内に入ってまず目にするのは、湖とそこに映りこむように佇む素敵なマナー・ハウス。現在は主に教育目的で使用されていますが、その一部は見学できるようになっています。この館を囲むように優しい色合いの花々が咲き乱れ、とてもロマンティックな雰囲気を醸し出しています。

そして5月から6月にかけては、園内のシャクナゲが満開の時期。年間を通じ、およそ40万人の訪問客を迎える当園ですが、最も賑わいを見せるのがこの季節です。

さらにここには「ミレニアム・シード・バンク」という素晴らしい施設があります。2000年にオープンしたこの場所は、国際的な協力を得ながら、人類がもたらす環境破壊の被害を受けやすい植物の種子の長期保存を目指す研究施設です。まさに植物の「ノアの方舟」。百年先、千年先を見越したこの一大プロジェクトには、ナショナル・トラストにも共通する、英国の先見の明を感じます。

(文責・小野まり)

Wakehurst Place

Wakehurst Place ウェイクハースト・プレイス
Address Ardingly, nr Haywards Heath
West Sussex RH17 6TNmap
Tel 01444 894066 (Infoline)
行き方 車で: M23の第10出口からA264をEast Grinstead方面へ。CopthorneからB2028を南下。ロンドンからは1時間強。
電車で: Haywards Heathから約9.6キロ。East Grinsteadから約10.4キロ。Horsted Keynes(Bluebell Rly)から約6キロ。
開園日時 年中無休。10:00~16:30(3月~10月までは18:00まで)。
Website www.nationaltrust.org.uk
 
  • Facebook

JFC ゆめにしき
Valuence International
バナー バナー londoniryo_dental バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ