instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Tue, 20 April 2021

英国の
愛しきギャップを
求めて

英国に暮らして17年。いまだに日々のあらゆる場面で「へー」とか「ほー」とか「えー」とか言い続けている気がします。住んでみて初めて英国の文化と人々が、かくも奥深いものと知りました。この連載では、英国での日常におけるびっくりやドッキリ、愛すべき英国人たちの姿をご紹介したいと思います。


マクギネス真美マクギネス真美
英国在住のライフコーチ/編集者/ライター。日本での雑誌編集を経て2003年渡英。英国の食、文化、人物、生活などについて多媒体に寄稿。英国人の義母に習い英国料理の研究もしている。
mamimcguinness.com
過去のコラム:英国の口福を探して

11
英国に伝わるお正月の言い伝え

英国に伝わるお正月の言い伝え

明けましておめでとうございます。皆さん、2021年の幕開けはいかがですか。

例年なら1月2日には平常営業に戻る英国ですが、今年はリモートで仕事始めという企業も多いので、なんとなくクリスマス・ホリデー気分を引きずっている方もいるかもしれませんね。

とはいえ、通年通りだったとしても、元日はさすがに英国人ものんびりモードです。というのも、たいていの英国人は大みそかから友人たちとパーティーで騒いで、元日の朝は二日酔い、というのが珍しくないから。今年は新型コロナの影響で、パーティーをした人は少ないとは思いますが。

さて、毎年、元日になると私が必ず思い出すのが、英国人義母から教えてもらった面白い言い伝えです。それは「1月1日にはパンツを洗ってはいけない」というもの。といっても実はこれ、生真面目な義母にしては珍しいジョークです。正確には「洗濯をしてはいけない」です。

子どもたちが幼いころは、クリスマス前からお正月過ぎまで私たちが2週間ほど義父母の家に滞在するのが恒例行事でした。滞在中はいつも、上げ膳据え膳でお世話になっていたのですが、さすがに洗濯までは頼めません。

「洗濯機も乾燥機も好きなときに使っていいからね」。そう義母に言われていたので、双子の幼な子が生み出すたくさんの汚れ物を、せっせと毎日洗濯していました。

英国では、なぜかキッチンに洗濯機がある家が多いのが日本人からすると不思議な感じ。義父母の家もやはりキッチン・カウンターの下に設置されていました。

いつも通りに洗濯機にスイッチを入れた大みそかの朝、義母に「マミ、明日はパンツを洗っちゃダメよ」と言われました。突然のことに笑いながら理由を尋ねると、義母の母から「この日に洗濯をすると、身内の人が亡くなる」と教えられたからだと言うのです。義母はこの言い伝えの起源は知らないそうですが、お母さんからの教えを結婚してからもずっと守っているのだそうです。

ネットで検索してみると、確かに英国ではこの習わしに従っている人も少なくないようで、義母の家庭にだけ伝わるものでもないようでした。身内が亡くなる以外にも「その年の幸運を洗い流してしまう」というのもありました。


「郷に入っては郷に従え」。以来、私も義母の言いつけを守って、元日には洗濯はしないことに決めています。次世代の子どもたちがこの言い伝えを受け継ぐかどうかは分かりません。でも、元日の家事が一つ減ってラクになるのですから、今後もこれに倣うのではないかと予想しますが、さてどうでしょう。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ