jal
Tue, 29 November 2022

NHS 現役看護師が語るコロナ時代の医療


ピネガー由紀
ピネガー由紀
大学病院で働く現役NHS看護師、フリーの医療通訳者。日本での看護師経験はなく、成人してから義務教育(GCSE)を経て、2013年マンチェスター大学看護学部卒。正看護師として、外科部門で病棟、手術前アセスメント、入院管理、学生指導などを担当。2020年4月から感染状況により新型コロナウイルス感染病棟に招集をされている。自身のYouTubeチャンネルでは医療英語や看護師の日常を発信。
YouTubeチャンネル:イギリス現役看護師Yuki

11
「PCR再検査は必要なし」のわな

皆さんは「PCR検査で陽性だったら90日以内はPCR再検査をしない」という英国のルールをご存知でしょうか。これは、この期間中は再検査をしても陽性反応が出てしまう可能性があるためで、「この期間中に新たなコロナ症状が出た」「旅行などで証明書が必要」などの例外を除いて、随分前から「PCR検査で陽性の場合は10日間自主隔離をして、症状がなければ再検査なしでOK」というルールになりました。

そしてご存知の通り、現在では自主隔離期間が最短で5日間に短縮される新ルールが導入されましたね。ただし、手術や検査予定の患者さんがコロナ陽性の場合は、以前の通りに10日間の自主隔離を患者さんにお願いしている病院が大多数です。自主隔離期間に変更はあっても、コロナ陽性後90日間は再検査をしないルールはそのまま変わりません。しかし、実際にはこのルールを知らない患者さんが多く、この期間中にPCR再検査を受けて問題を複雑化させてしまいます。

例えば、「コロナ症状があり、1月10日にPCR検査を受けたら陽性、7日後と10日後に自宅で簡易検査をして両方とも陰性。ところが2月1日に手術前のPCR検査を病院で受けたら陽性でした。私は明日の2月4日に手術を予定通りに受けることはできないのですか」。このようにPCR検査が陽性の後、簡易検査とPCR再検査を受けて、陰性と陽性が出てしまうという患者さんからの問い合わせが増えたように感じます。

もしもこの患者さんが2度目のPCR検査を受けていなければ、最初のPCR検査陽性から10日以上が経ち、症状はなしということで予定通りに2月4日に手術を受けられます。しかし、この患者さんは2度の簡易検査で陰性の後に再度PCR検査を受け、陽性。これでは「陽性の日から10日の自主隔離」の陽性初日は「1度目」と「2度目」のどちらのPCR検査日になるのか。この答え次第で手術が可能か延期か、結果が全く違ってしまいます。こうしたトラブルを回避するために国は「PCR検査の90日以内の再検査は不要」をルール化していたのです。

では、国でルール化されているのにもかかわらず、なぜ90日以内にPCR再検査が可能なのでしょうか。一般的に無料でNHSのPCR検査を受ける理由は主に二つあります。検査を受ける本人にコロナ感染疑いの症状がある場合か、もう一つは入院や検査、手術などで陰性証明が必要な場合。前者は患者さんが自分で検査センターを探して予約をするのに対して、後者は手術を受ける病院側が検査の手配をします。

両者は同じNHSでも別の機関になり、お互いが受診者の情報を共有しているわけではないのです。実際、コロナ陽性歴の情報も患者さんからの自己申告に頼っています。陽性申告があれば証明書を持参してもらい、10日間の自主隔離期間を過ぎているか病院側で確認を取ります。ところが迫り来る手術で頭がいっぱいで、過去のコロナ陽性歴を申告し忘れる患者さんがいることも事実です。もちろん病院側も増大するPCR検査に追われるとはいえ、注意深く質問を重ねる努力も必要です。コロナ感染に関するルールは目まぐるしく変更されますが、常に新ルールを把握して不利益を受けることがないようにしたいものですね。

 
  • Facebook

londoniryo_dental バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ