ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 19 May 2024

小林恭子の
英国メディアを読み解く

小林恭子小林恭子 Ginko Kobayashi 在英ジャーナリスト。読売新聞の英字日刊紙「デイリー・ヨミウリ(現ジャパン・ニュース)」の記者・編集者を経て、2002年に来英。英国を始めとした欧州のメディア事情、政治、経済、社会現象を複数の媒体に寄稿。著書に「英国メディア史」(中央公論新社)、共著に「日本人が知らないウィキリークス」(洋泉社)など。

スコットランド新自治政府首相にユーサフ氏 - 与党・党内統一、独立への道はどうなる

今年2月、英北部スコットランド自治政府首相ニコラ・スタージョン氏が辞任の意向を発表し、多くの人を驚かせました。地域政党スコットランド民族党(Scottish National Party=SNP)の党首の職も同時に辞任することになりました。ショート・カットの髪に派手な色のスカート・スーツが定番のスタージョン氏は、自治政府首相として8年の歴代最長期間を務め、スコットランド独立運動の「顔」となってきました。それでも、辞任の兆しが全くなかったわけではありません。英国からの独立の是非を問う住民投票再実施の可能性が、昨年11月、最高裁によって妨げられ、性別変更手続き簡略化の法案も英政府に阻止されたことで求心力が低下し、強気で知られるスタージョン氏がこの先どのように歩を進めていくのか、注目されていたところでした。

党首選の結果、3月27日、後任党首として自治政府保健相のハムザ・ユーサフ氏(37)が選出されました。英国の主要政党で初のイスラム教徒の党首です。党首選には3人の候補者が立候補したのですが、決選投票では、52.1パーセントの党員票をユーサフ氏が、47.9パーセントをケイト・フォーブス財務・経済相が獲得。票差はほんの2000票で、党内が大きく二つに分かれていたことが見て取れます。

ユーサフ氏はスコットランド第2の都市グラスゴーで生まれました。パキスタン出身の父は1960年代に英国に移住。母はケニアの南アジア系家族出身で、同様に英国に移住しました。ユーサフ氏は私立の中等教育機関ハッチンソンズ・グラマー・スクールに進学し、このころから政治に興味を持ちだしたそうです。グラスゴー大学で政治を学び、2007年に博士号を取得しました。在学中からコミュニティー・ワーク、慈善組織でのボランティア活動に従事し、05年にSNPに入党。コール・センターで働いた後、複数のSNP議員のアシスタントとなり、11年、自分自身もスコットランド議会議員になりました。当時、26歳。これまでで最も若いスコットランド議会議員でした。12年、当時のアレックス・サモンド自治政府首相から国際事象・開発を担当する閣外大臣に抜擢され、サモンド氏の後を継いだスタージョン氏からも信頼を受け、運輸相、法相などを歴任します。直近のスタージョン政権では新型コロナウイルスの感染対策を講じる保健相として活躍しました。

3月28日、スコットランド議会での投票でユーサフ氏の首相就任が決定しました。スコットランド自治政府の首相としては最も若いことになります。スタージョン氏の側近の1人だったユーサフ氏は、新たな住民投票の実行など、これまでのスタージョン政権の政策を引き継ぐ見込みです。政策を実行していくには、二分された党内をまとめていく土台固めが必要となります。ユーサフ氏は「スコットランドの全ての人のための首相になる」と誓いましたが、選挙中にユーサフ氏を厳しく批判したフォーブス氏は、ユーサフ政権には参加しませんでした。

生活費高騰問題、国民医療サービス(NHS)のサービス向上などが当面の課題となりますが、スコットランド内外で大いに注目されているのは、スタージョン氏がプッシュしてきた独立問題がどうなるかです。14年9月の住民投票では投票率が84.6パーセントに上るなか、 44.7パーセントが独立賛成、55.3パーセントが反対でした。ロンドンの中央政府は再度の住民投票の実施に賛同しておらず、昨年秋、スタージョン氏は政府の合意なしに独立の住民投票を実施できるかどうかについて、最高裁に判断を仰ぎました。11月、最高裁は「できない」という判断を出しました。

24年5月までに総選挙が行われることになっていますが、スタージョン氏はこれを独立の是非を問う国民投票にすると述べていました。さて、ユーサフ氏はどのようなアプローチをするでしょうか。

キーワード

スコットランド民族党(Scottish Nationalist Party)

通称SNP。1934年、スコットランド国家党とスコットランド党の合流で結党された、スコットランドの独立を求める地域政党。社会民主主義を基本とする。党員数は2021年の10万4000人から7万2000人に減少。スコットランド議会では64議席(総議席数129)、英議会では45議席を占める。前党首はニコラ・スタージョン氏。

 
  • Facebook

24時間365日、安心のサービス ロンドン医療センター Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street 不動産を購入してみませんか LONDON-TOKYO お引越しはコヤナギワールドワイド

JRpass bloomsbury-solutions-square

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ