FacebookツイッターRSS feed
ロンドンのゲストハウス
sam 01 octobre 2016

若者が朝食にシリアルを食べなくなった理由

「世界の若者が朝食にシリアルを食べなくなった」という調査結果がイギリスの会社「Mintel」によって明らかにされた。その理由は、「食事の度に使った食器を洗うのが面倒だから」。かつて朝食の王者だったシリアルは、1980~2000年生まれの「Y世代」と呼ばれる若年層の間で徐々に支持率が低下。2000年の売上額120億ユーロから現在は約90億ユーロまで落ち込んでいる。40%近くの若者が「シリアルを食べるのは煩わずらわしすぎる」と考えているという。生活習慣も変化し、完全に朝食抜きか、またはスムージーやヨーグルト、サンドイッチなどの別メニューへ移行。それでも米大手のケロッグ社は、新しい食習慣や消費嗜好(しこう)に適応した新商品の開発によって、今後売上は回復するだろうと予測している。

 

  • Check


バナー
おすすめフランス語学校 フランスのラーメン、中華麺、うどん、そば - イギリス・フランス・ベルギー・ドイツの麺もの大特集! バナー ヘアサロン・ガイド バナー バナー サロン&クリニック・ガイド パリのお弁当やさん