FacebookツイッターRSS feed
ロンドンのゲストハウス
mer 20 septembre 2017

マルセイユようこそ我が町へ

プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏ブーシュ=デュ=ローヌ県マルセイユから


マルセイユのクリエイター・アトリエを直撃!

先日マルセイユにやって来た日本人の「マルセイユのクリエイターのアトリエが見てみたい!」という希望をかなえるべく、クリエイターさん4人のアトリエを直撃。

普段のクリエイターさんってどんな人?
ちょっと気になりませんか?
みなさまにも紹介してみたいと思います。

まず、レディースファンション&小物デザイナーのミーリン・マリーのアトリエに訪問。
教会の近くにある彼女のアトリエには、大きな窓からいつも明るい日差しが差し込みます。

「前はパリでやっていたんだけど……彼がマルセイユにいるから、思い切ってこちらに来てみたの。こんなに毎日良い天気の中で仕事ができるって素敵!気に入ってるわ」
とミーリン・マリー。

ポールに掛けられた作品は今シーズンに立ち上げた彼女のブランドのもの。自然のモチーフと手の込んだ技法がほどよく混ざったスタイル。モチーフが少し日本風なのは、以前パリにある日本の某ブランドで働いていた時にインスパイアされたそう。今でも日本のエスプリは彼女の心にいつも残っているそうです。

ミーリン・マリー
どれもこれも欲しい!

メモや見本
メモや見本
制作のために使うメモや見本がいっぱい!

ミーリン・マリー
ミーリン・マリー。これからの活躍に期待!

次に向かったのは、レディースファッション・デザイナーのナタリーの家。
最近引っ越したばかり、という彼女の家は中庭のついた大きなアパルトマン。

中庭

「夏はここを奇麗にしてショールームとして使うこともあるのよ。
外からは見えないような作りになってるから、ちょっとプライベートな感じでいいでしょう?」

はい、素敵すぎます。
そして中庭を眺めながらのアトリエは30平米くらい。
至る所にアイデアが集まっていて、ついつい細部まで見てしまいます。

コレクション

彼女の作り出す作品は常に音楽をモチーフにしたコレクションで、50年代のスタイルが多い。フランス好きの私から見ると「これ、『ロシュフォールの恋人たち』のカトリーヌ・ドヌーヴみたい!」とか「これはシャルロット・ゲンズブールが着てそう!」など、フレンチガール・タッチのスタイルにすっかり魅了されてしまいました。

アトリエ
この中にネタがいっぱい隠されているんだろうなぁ……!

ナタリー・コスト
元気なナタリー・コスト

その足でキッズファッション・デザイナーのフレデリックの所にお邪魔しました。
彼女は「オーガニックの布」を使った心と体に優しい、カラフルながらもシンプルな子供服、というテーマを掲げて1年前に起ち上げたブランドです。 1つ1つがシンプルながら子供のことを思いやった作品はとても素晴らしい。
……そんなエスプリが彼女のアトリエや家にも表れています。

「この家、廃墟だったの」
「え?」
「平屋でね、何にもなかったのよ。それを4年掛けて4階建てにしたの」
「え? 全部自分たちで?」
「もちろん枠組みはプロに頼んだけど、後の壁を作ったり床を張ったりしたのは私たち。楽しいわよ」

オープンテラス

壁一面が窓になっているこの3階部分は、開けるとオープンテラスの「夏の家」になるそう。雨の少ないマルセイユならではの作り方です。

センスが生かされている
ぐるぐると上る、らせん階段にも彼女のセンスが生かされています。

作業場
フレデリックの作業場。色とりどりで可愛い!

昔の雑誌など
昔の雑誌から現在の画集まで、参考になりそうなものがたくさん!

彼女のアトリエはなんとガレージ!
とてもそんな風には見えません……。

最後に向かったのはブランドを立ち上げて20年経つマノン・マルタンのアトリエ。

アトリエ

入ったとたん、彼女の「大好き!」がすべてつまったアトリエに圧倒されました。 トープ色の壁の色、それに合わせた食器の色、仕事用に使われているマグネット……どんなに小さな物でも、彼女は自分のオリジナルで作り出しているのです。

作品

「これも、これも」と惜しみなく見せてくれた彼女の作品たち。
どの作品を見ても雰囲気が彼女のもの……全部欲しい!

昔の雑誌など
話をしている時も黙っている時も、
大きなオーラがあふれているマノン。素敵です。

元々は帽子デザイナーなのだけど、それに関連してかばんや服、アクセサリーとトータルで作り出してしまうマノン。2年程休んだ後今季からまた活動を始めた彼女のコレクションに大きく期待です。

今回は主にモードを取り扱っている女性クリエイター4人の自宅を訪問してみましたが、また面白そうな人が見つかり次第、紹介してみますね。

マルセイユって、結構面白い人たちであふれてるでしょう?

 
● My-Linh Mary
Bird Song
www.birdsong.fr
● Nathalie Coste
www.nathaliecoste.com
● Frédérique
Hab & pub
www.hab-et-pum.fr
● Manon Martin
www.manonmartin.com
 

  • Check


福井さん福井れいこ
Marseilleに魅せられて早7年。マルセイユを日本に知ってもらうため、すてきなモノを探し歩く日々。好きなものは51(マルセイユのお酒)、好き なサッカーチームはL'OM(マルセイユのチーム)風呂場にはマルセイユ石鹸……、と既に「マルセイユ人」顔負けのマルセイユ人っぷり。ひっそりコラムはじめました。フランス, コンメーム。
http://francequandmeme.wordpress.com/
バナー
バナー サロン&クリニック・ガイド おすすめフランス語学校 フランスのラーメン、中華麺、うどん、そば - イギリス・フランス・ベルギー・ドイツの麺もの大特集! パリのお弁当やさん バナー バナー ヘアサロン・ガイド