FacebookツイッターRSS feed
フランスニュースダイジェスト
バナー
jeu 24 juillet 2014

第70回 上から目線はお断り

フランスでEU出身者以外が滞在許可証(勤労者用)を取得するのは難しい。私が申請したのは1997年。就職口は決まっていたが許可証が下りない。会社が申請書類を送ったが『不可。不服ならばx x x に申し立てよ』の返事。会社はめげずにxxx に申し立てをしてくれたがナシのつぶて。コネもトライした。私は面識のある仏政府の某元大臣に懇願したが、その日を境に連絡がぷっつり途絶えた。切られたのだ。

その時期は足踏み状態で常にイライラ。そんな時、当時既に付き合っていた彼(現・夫)のご両親が上から目線でのたもうた。「2人が結婚したら許可証、簡単にもらえるでしょ」。私は彼らの目線を見ながら誓った。「絶対に自分の力で取得してやる」と。

再び会社と話し合い、当時のジョスパン首相に手紙を書くことにした。手紙は推敲(すいこう)を重ねた。

すると、なんと! 数週間後に「可」の返事が。すぐさまご両親宅に直行。私は下からでも上からでもない目線で、真っすぐ彼らを見つめた。

以来、「上から目線」攻撃を受けたことはナイ。

A : Comment as-tu réussi à obtenir ta carte de séjour travailleur ?   A : どうやって労働許可証が取れたの?
B : C’est un ① feuilleton incroyable. C’était tellement difficile pour un non- ② ressortissant de l’union européenne d’obtenir la carte. B : 紆余(うよ)曲折あってね。EU 出身者でないから、すごく難しかった。
A : Donc, comment t’as fait ? A : だから、どうやって?
B : On a suivi toutes les ③ procédures administratives. C’était infernal de monter les dossiers. On a reçu une première réponse négative et on a ensuite recouru au tribunal administratif. Mais toujours pas de réponse positive. Finalement on a envoyé une lettre directement au premier ministre. Et ça a marché. Après, la vie a changé. Je n’ai qu’à ④ faire le renouvellement de la carte tous les 3 ans. B : 決められた手続きを踏んだわ。提出書類を準備するのがすごく大変だったわ。まずダメの返事。不服申し立てをしたけど、やっぱりダメ。結局首相に直接手紙を書いて、それがうまくいったのよ。それから人生が変わったわ。3年ごとに更新の手続きをするだけだからね。

① feuilleton は、元は連続小説やドラマだが、ここではさまざまな展開のあった、実際に起こった出来事を指す。
② ressortissant は「(ある国の)所属民」。
ressortissant français au Japon で、「在日仏人」。
③ procédure administrative で、「行政上(お役所関係)の手続き」。「書類を準備して提出する」は、monter et déposer les dossiers。
④ faire le renouvellement de〜 で、「〜を更新する」。一般的に許可証などの取得は極めて困難だが、いったん取得すると更新は比較的容易。

参考文献
Dictionnaire Historique de la Langue Française par Alain Rey, Robert

 

  • Check

バナー
バナー バナー バナー バナー バナー バナー