FacebookツイッターRSS feed
新設学校法人GGI Groupe Global Institution
jeu 30 juin 2016

ロンドン五輪代表候補にインタビュー

カミーユ・ラクールカミーユ・ラクール

Camille Lacourt
1985年4月22日生まれ。フランス南西部ナルボンヌ出身。5歳から水泳を始める。2009年、アンジェ市で行われた大会の50メートル、100メートル背泳ぎで優勝し、国内記録を更新。10年、ヨーロッパ水泳選手権・ブダペスト大会の50メートル、100メートル背泳ぎで優勝、11年世界水泳選手権・上海大会の100メートル背泳ぎでは金メダル、50メートル背泳ぎでは銀メダルを獲得した。50メートル背泳ぎでは24秒07の国内記録、100メートル背泳ぎでは52秒11のヨーロッパ記録(ともに10年ヨーロッパ水泳選手権で記録)を保持する。現所属クラブは、アテネ五輪金メダリストのロール・マノドゥ選手も在籍するマルセイユ・スイミング・クラブ。
www.camille-lacourt.fr

背泳ぎを本格的に始めたきっかけは何ですか。

父が僕を釣りに連れて行きたくて、安全のためにと、僕をスイミング教室に入れました。5歳のときです。背泳ぎを選んだというよりも、背泳ぎが僕を選んだ、と言った方が良いでしょうね。自分に向いているのは背泳ぎだと思ったのです。

僕にとって水泳とは、「調和」を与えてくれるもの、体の上に重くのしかかった何かを和らげてくれるものです。水に体を滑らせながら、体の完全な平衡を探ることができます。

5歳から21歳まで、水泳指導者、リシャール・マルチネーズ氏の薫陶を受けたそうですね。

水泳を始めたころからのコーチが彼でしたから、彼こそが僕を水泳選手にしてくれたと言えます。なのに、僕は練習に対していい加減で、あのころの自分は愚か者でした……。 結果、彼にそっぽを向かれてしまうことになります。それがきっかけで、自分の中に変化が生じたのです。あの出来事は、僕の水泳人生の最後まで影響を及ぼし続けるでしょう。

その後は別のクラブに移ったものの、なかなか自分に合った場所は見つかりませんでした。今所属するマルセイユのクラブに移ることを決めたのは、2008年の北京五輪の国内選考会をしくじってからのことです。

2011年世界水泳選手権
2011年世界水泳選手権・上海大会でカミーユ・ラクール(中央)と
ジェレミー・ストラヴィウス(右)は同着で金メダル、
入江陵介は銅メダルを獲得

ロンドン五輪でも表彰台に立って、
マルセイエーズを流してみせます

これまで選手権大会で、50メートル、100メートルそれぞれで金メダルを獲得していますが、どちらの種目が得意ですか。またヨーロッパ内での大会と世界大会では、どんな違いがありますか。

誰だって、銀メダルよりも金メダルの方がいいですよね?2011年7月の世界水泳選手権・上海大会では100メートルで金、50メートルで銀メダルという成績だったので、「100メートルの方が得意」というわけです。

ヨーロッパの大会では、他大陸の選手たちをあまり見かけません。一方、世界水泳選手権・上海大会という国際舞台では、ヨーロッパ選手はあまり目立っていませんでした。フランス・チームはこの上海での選手権の結果を検証することができたと同時に、日本、米国、オーストラリア、中国、ブラジルなどには、水泳選手の供給源がとてつもなくあるということを学びました。世界選手権や五輪での勝利は、ヨーロッパ内の大会でのそれとは違い、格別なものです。

2008年の北京五輪では、選考会で失敗したことを悔やんでいらっしゃいました。それから4年間待ち続けたロンドン五輪に向けての意気込みを聞かせてください。

意気込みは最高潮に達しています。五輪はスポーツ競技の最高峰ですからね。持っているあらゆる切り札が出そろうように、全力投球します。気持ちがとても高揚していて、今その快感を味わっているところです。10年にブダペストで行われたヨーロッパ水泳選手権、11年の上海での世界水泳選手権に続き、12年のロンドン五輪でも表彰台に立って、マルセイエーズ(フランス国歌)を流してみせます!

国内、そして国外のライバルは誰ですか。 また気になる日本人選手はいますか。

皆さんもご存じのように、日本には好成績を出す、優れた水泳選手がたくさんいます。尊敬している背泳ぎの入江陵介選手もその1人。フランス国内で誰がライバルかと聞かれれば、やはり、2011年世界水泳選手権において僕と同着で金メダルを獲得したジェレミー・ストラヴィウス選手と答えるでしょう。また、当然のことながら、若い選手たちは眈々(たんたん)と優勝を狙ってきますので、彼らも強力なライバルです。ストラヴィウス選手については、彼が持つ、水に対する素晴らしいセンスを非常に評価しています。水泳の枠を外れると、僕らの性格は全く異なりますが、フランス・チームとして結束するときは、互いに手を携えて、強固なチームワークで目標に向かって突き進みます。

でも、正直なところ、今は自分のことだけに集中しています。競争相手を意識しても何の役にも立ちません。一番手強い相手は、自分自身なのですから……。

ロンドン五輪の出場選考はどのように行われますか。また五輪で勝利するには、何が重要だと思いますか。

3月下旬に1週間、ノール・パ=ド・カレー地域圏のダンケルクで選考会が行われます。各種目で2着までの選手がロンドン五輪に出場できます。でも本当は、出場切符を勝ち得ることになる2人以外にも、出場資格を得るべき、十分な資質を持った選手はたくさんいますよ。

勝負の瞬間に最大の力を発揮できること、その瞬間には最強であること。これが目標です。あとは、水泳以外にたくさんのことをし過ぎて世間に翻 ほんろう 弄され疲れてしまった2010年のことを教訓にして、外からの誘惑に負けないように気を付けるようにしています。五輪でメダルを勝ち取るという目標に集中できるように……。

2010年のヨーロッパ水泳選手権では、フランス代表の金メダル総数は参加国中最多という結果となりました。フランスの競泳の強さはどこにありますか。

僕たちの世代からすると、女子水泳の元世界記録保持者、ロール・マノドゥの影響が大きかったです。彼女の活躍は、それまでフランス水泳界に根強くあった、世界の舞台に対するコンプレックスを取り除いてくれたのではないでしょうか。それから、優秀なコーチ陣、資力のあるスイミング・クラブなどのおかげで、フランス競泳の基盤ができてきたことが背景にあるのは言うまでもありません。僕たちが頑張り、好成績を出している背泳ぎは国内でも注目されています。

今後、水泳が国民的な人気を得るために、国内にプールを増設するよう強く訴えたいです。フランス国内には国際大会を開催できる施設が不足しています。プールでの水泳選手たちの人口密度を見ると、ひどいものです。政治家たちがそれに気付いていないのが残念です。

100メートル背泳ぎで優勝
「最高の泳ぎができた」という、10年のヨーロッパ水泳選手権・ブダペスト大会
100メートル背泳ぎで優勝した瞬間

水泳選手にとっては、
「水」という 要素に近づくことが重要です

現在、あなたにとっての技術課題は何でしょうか。また技術の習得以外に、水泳選手として大切にしていることなどはありますか。

毎日6時間の泳ぎと、筋肉を鍛えること。筋肉トレーニングは週に6〜8時間行います。今、五輪を目の前にして、僕たちはこのような基本的なトレーニングから、固有の技術を磨くことに勤しむ段階へと移行しつつあります。

また水泳選手にとっては、「水」という要素に近づくことが重要です。水は、気高さ、清らかさ、優美さ、流動性などの概念を含んでいます。そういった概念を吸収して、水と溶け合えたら良いと思っています。

シャネルなど高級ブランドのモデルとしても活躍していますが、水泳選手としての活動はいつまで続けますか。

泳ぐことを喜びと感じることができる限り、水泳を続けるつもりです。ですので、今の時点でいつ第一線から退くことを予定しているかは言えません。数多くの分野で新たな、そして豊かな経験ができる自分は、とても幸運だと思います。そういう人生って、意義のあるものだと思いませんか。

また、今はハイレベルな場所で戦うスポーツ選手として、特別な瞬間における興奮と歓喜を味わうことができます。この途方もない幸運を得られることのありがたさを忘れてはいけないと思っています。

水泳以外で興味があることは何ですか。

自然が好きです。マルセイユの海岸や生まれた地であるピレネー山麓を散歩すること。また友達とぶらぶらすること、映画を観ること、家族に会うことも好きです。スポーツ競技におけるハイレベルな戦いから離れるときは、普段は緊張させている精神を解き放つことが大事だと思っています。

将来の目標は。

こんな言葉があります。「人生で成功を収めるより、生きることに成功する方が価値がある」。世の中で成功すること以上に、人間としての内面を育てることの方が大切です。僕も内面を鍛え上げることを目指しています。

競技解説
5種目/馬術1900年のパリ大会から五輪競泳の正式種目に背泳が採用された。入水した状態で、プールの壁に体を引きつけ、スタートする。88年、ソウル五輪で日本の鈴木大地が、スタートから30メートルにわたり潜水泳法を用いて金メダルを獲得したが、現在の規定ではスタートから15メートル以内には頭を水上へ出さなければならない。背泳ぎでの過去の日本人金メダリストには、清川正二(100メートル、32年ロサンゼルス五輪)、鈴木大地(100メートル、88年ソウル五輪)がいる。日本男子100メートル背泳ぎでは、2009年、入江陵介が更新した52秒24が最高。

 

  • Check


*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

バナー
フランスのラーメン、中華麺、うどん、そば - イギリス・フランス・ベルギー・ドイツの麺もの大特集! バナー ヘアサロン・ガイド バナー パリのお弁当やさん おすすめフランス語学校 Japan Travel SIM サロン&クリニック・ガイド