FacebookツイッターRSS feed
ロンドンのゲストハウス
sam 30 juillet 2016

フランスのシャンブル・ドット20選

フランスの田舎で、海岸で、山で、はたまた都会の中心で、
気軽に宿泊できると受けているシャンブル・ドット。
豪華なホテルはいくらもあれど、生活感のある民家、シャンブル・ドットは、
宿泊先で人とも触れ合えるから充実感は2倍味わえる。
また、歴史ある建物を改造したシャンブル・ドットはヨーロッパならでは。
魅力的な旅先で泊まりたい、フランス人にも人気がある
ワンランク上のシャンブル・ドット20軒を
ここにセレクトしてみた。
(フランスニュースダイジェスト編集部)

シャンブル・ドットって何?

シャンブル・ドットの規定例

  • 宿泊客が家具、トイレや浴室などのサニタリー設備を使用できること
  • 住宅に宿泊客を受け入れるだけの設備があること
  • 一晩もしくはそれ以上、宿泊させることができること
  • 朝食などを提供できること
  • 衛生や安全面の規制に合致していること
  • 常に清潔を保つこと。ただし、清掃代を別途請求してはいけない
  • リネン類を使用できること
  • 同時に15人受け入れる場合は5部屋なければならない

シャンブル・ドット(chambre d'hôte)は、英語圏の国でいうB&B(ベッド&ブレックファースト)、日本でいう民宿だ。お客(hôte)の部屋という意味で、民家の一部を訪れる人に貸し、食事を提供する。1軒の住宅が宿泊施設ということから、家族経営であることが多い。一般的に宿泊料金は1泊50〜90ユーロと低価格帯で、観光やビジネスの宿泊客が利用しているようだが、一方でシャトーの一室やサウナ、プール付きの豪華シャンブル・ドットもある。2008年、フランスには約7万軒のシャンブル・ドットが存在し、シャンブル・ドットのオーナーの40%以上が、1週間単位の貸別荘、ジットをも経営している。

では、自宅を改造して自由にシャンブル・ドットとして人に貸せるのかというと、そうではない。きちんと基準に則った設備、運営がなければシャンブル・ドットとはいえない。2007年8月3日の勅令*がでるまで、フランス全国には年々、雨上がりのキノコのごとくシャンブル・ドットが増えていたが、勅令により条件の規定ができた。(右記参照)

家の主人はそれぞれの訪問者を自ら迎え入れ、朝食を提供することが義務付けられている。さらに、お客を大いに歓待することが主人に望まれているため、ホテルとは違い、温かく迎えられること請け合いだ。

それぞれの客室には宿泊料金が設定されていて、それが建物の外、受付、客室のドアに掲示されている。ホテルと同じように、その掲示を見れば料金は一目瞭然というわけだ。

「空いている部屋があるので人に貸してみたい」「人との交流が好き」「観光客に地元の良さを知ってもらいたい」など、人はさまざまな思いからシャンブル・ドットの経営を始めるが、自分の身も心も時間も宿泊客のために捧げようという強い意思がなければ続けることはできない。だから、シャンブル・ドットではホスピタリティー溢れるサービスが期待できるのだ。そんな宿泊施設を利用しない手はない。

*必ずパスポート、もしくはIDカードを携帯しよう

*Décret n°2007-1173 du 3 août 2007 relatif aux chambres d'hôtes et modifiant le code du tourisme

ホテルとは違うシャンブル・ドットの利点

1. 人間味溢れる宿泊施設
家の主人を含め、宿泊先の家族と交流ができる。彼らにお薦めの場所を教えてもらったり、地元に伝わるエピソードを聞いたりすれば、その土地をより深く知ることができて好奇心や愛着がわくのでは。また、シャンブル・ドットにリピーターが多いのは、日常生活が味わえ、また心温まるもてなしや交流のお陰で親密度が深まり、毎回新たな思い出ができるということから。

2. 限定的
大勢を受け入れるホテルとは違い、同時に限られた人数しか宿泊できないため、家主とより個人的な関係が築かれやすい。また宿泊客はカップルの場合が多く、こじんまりとした空間に、必要なものが十分そろっていることで満足感が得られる。

3. バラエティーに富んだ立地と本物志向
パリ、プロヴァンス、ノルマンディー、アルプス、どの地方にもシャンブル・ドットは存在し、その家の人の思い入れや好みが反映された装飾、改装になっている。それぞれの家の個性、嗜好があるから面白い。

4. レベルの高いサービス
チェックイン/アウトの時間は自由な場合が多い。また、部屋にミニバーがあったり、サウナ付きだったり、インターネットが自由に使えたり、庭のプールに入れたり。星付きホテルよりもずっと素晴らしい経験ができることもある。

5. 日常生活の中での発見
家主が、時に自分の趣味や好きなアクティビティーに誘ってくれるなど、バカンス気分を盛り上げてくれるのもシャンブル・ドットならでは。料理を教えてもらうなんて体験、ぜひしてみたい。

フランスのシャンブル・ドット20選

*料金は1部屋1泊あたりです。

  • 1Les Hautes Sources
    晴れでも雨でも満足の滞在

    Les Hautes Sources ジヴェルニーの近く、ウールの谷間。医師、スポーツセンターの責任者だった夫妻がそれまでのキャリアを捨て、シャンブル・ドットに全てをかけたという意気込みよう。13世紀の建物が大自然の中にぽつんと立っているかに思えるのは6ヘクタールの庭を擁しているため。プールやテニスといったスポーツがのびのびとできる。木の上のツリーハウスでは自然に溶け込んだ特別な体験ができる。館内には書斎やホームシアターあり。

    32 rue Roederer 27120 Ménilles
    TEL:06 72 84 91 89 
    www.les-hautes-sources.fr
    料金:100〜160€

  • 2Farfadine & Troglos
    穴居人の生活を体験

    Farfadine & Troglos アンジェやシノンに近い、共同洗濯場と美しい泉の町。19世紀、大きな岩に穴を開けてつくられたという住居で、とてもユニークな滞在ができること請け合い。オークル石の部屋で穴居人の生活を楽しもう。ひんやりとしていて、夏にはぴったりだ。客室ごとにバス、トイレが設置されているからプライベートなムードたっぷり。喫煙者と小動物はお断りというから、ご注意。

    21 rue de la Croix de Fer 49700
    Doué la Fontaine
    TEL : 02 41 59 86 83 /
    02 41 59 39 35 / 06 76 70 92 92
    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください www.farfadine.fr
    料金:73〜87€

  • 3Château de la Hussardière
    アートと歴史のプチ・シャトー

    Château de la Hussardière ブルゴーニュ地方の主要観光地にアクセス可能。素朴ながらも、中世の宮廷を思わせるプチ・シャトー。階段や日時計など、家のあらゆる部分に歴史がある。アートに造詣が深い家主だから、現代アーティストのマルボロの作品が置かれていたり、美術書が自由に読めたりと、アートに浸りたい人にももってこい。家族はかなりの親日家。

    1 route de Roche 70180 Vaite 
    TEL : 03 84 31 64 69
    Email : このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.chateaudelahussardiere.com
    画像:Château de la Hussardiere 
    料金:90〜120€

  • 4Château de Pierreclos
    産地でワインを賞味

    Château de Pierreclos ブルゴーニュ地方、マコン近く。ワインの地方にふさわしい風格あるシャンブル・ドットは、一部屋一部屋天井も高く、ゆったりとした空間で過ごせる。結婚式などのレセプションに利用すれば、忘れられない思い出が刻まれること間違いなし。滞在中にこのシャトーのワインを味わうことを忘れてはいけない。

    71960 Pierreclos
    TEL : 03 85 35 73 73  
    Fax : 03 85 35 74 60 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.chateaudepierreclos.com
    料金:155〜280€

  • 5Château du Bec
    中はモダンなエコシャトー

    Château du Bec 水と木々に囲まれた威風堂々たるシャトー。歴史的建造物に指定されている大きな建物にうっとりしていると、部屋に入った途端、モノトーンのモダンな家具や設備に驚く。館内の暖房システムに省エネの工夫がされているなど、環境への気遣いは並ではない。清潔感に溢れ、時間の流れをゆっくり感じることができる。時々シャトー内で開催される展覧会も観賞できればうれしい。料理や絵画などの趣味のアトリエも利用したい。

    4 route du Château 76133
    St Martin du Bec
    TEL : 06 22 83 24 17 
    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください www.chateaudubec.com 
    料金:140€

  • 6Seigneurie des Ondes
    海岸も近い由緒ある館

    Seigneurie des Ondes 観光名所モンサンミシェルまで35km、サンマロまで11km。魚介の大皿盛り合わせのデリバリーが可能なのは、海岸に近い場所だからこそ。庭のリンゴは季節になるとたわわに実り、朝食のテーブルに並ぶそう。朝食には女主人の手作りジャムも。18世紀の啓蒙主義者ヴォルテールがここでバカンスを過ごしたという、女主人の歴史談義も興味深い。由緒あるこのシャンブル・ドットは、フランスの数々の雑誌で取り上げられている。

    La Seigneurie 35114
    St-Benoît des ondes
    TEL : 02 99 58 62 96
    www.la-seigneurie-des-ondes.net
    料金:90~130€

  • 7Villa Pen Prad
    オーナーの心遣いが反映

    Villa Pen Prad 窓からは輝く海と帆船の浮かぶソーゾンの港が一望できる。訪問客のことを第一に考え、気持ちよく過ごしてもらえるようにという家主により、一つ一つに優しさが感じられるデコレーションが施されている。手がつけられていない自然の残る海岸線を散歩すれば、日ごろの疲れがすっかり癒やされ、リフレッシュすること間違いなし。

    Rue du Chemin Neuf 56360 Sauzon
    TEL : 06 49 41 71 43 c
    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください www.villapenprad.com
    料金:160〜220€

  • 8Chambre d’hôte de charme en baie de Somme
    主人の料理を堪能

    Chambre d’hôte de charme en baie de Somme ディエップ港の北に位置する歴史とアートに育まれた町。「上の客室」「庭の客室」「塔の客室」と、全くスタイルの違う3部屋が用意されている。主人はシェフとして厨房に立ち、海鮮や季節の食材、家庭菜園の野生植物を見事に調理。夕食で味わいたいなら、予約を忘れずに。ワインのリストもあるという、一流 ホテルも顔負けのターブル・ドットだ。

    23 rue du 11 novembre 80460 Ault
    TEL : 06 74 69 75 68
    www.villazephyr.com
    料金:90〜95€

  • 9La Roseraie
    ロマンチックな花園

    La Roseraie
    シャンパーニュ地方南、エソイエの町。その名の通り、バラ園のシャンブル・ドット。科学者でエッセイストのアクセル・カーンも訪れ、ここの滞在について「河岸に花が咲き乱れる天国のようなローズリー」と書いているそう。家を一歩出れば、シャンパンとなるブドウ畑が広がる丘で、ロマンチックなプロムナードが楽しめ、時の経つのを忘れる。19世紀のエスプリを感じてもらえれば、とはかつて編集者だったオーナー夫妻。

    6 quai de l'Ource 10360 Essoyes
    TEL:03 25 38 60 24
    FAX:03 25 38 60 24
    www.laroseraie-en-champagne.com
    料金:120€~

  • 10Le domaine de Saturnin
    家きん類やフォアグラを味わいに

    Le domaine de Saturnin メスのあるロレーヌ地域圏の自然公園の中に位置する。15世紀の農家の雰囲気を残すシャンブル・ドット。女主人が飼育するのはビオの鶏やフォアグラを生産するためのガチョウたち。美食家たちを手招きするのは、ここの家きん類の料理、そしてフォアグラ。その場で食するもお土産にするも、それは宿泊者次第。

    5 rue de La Source 54470 Bernécourt
    TEL : 03 83 23 04 41 / 06 14 41 63 03
    Email : このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.ledomainedesaturnin.fr
    料金:65〜100€


  • 11beehome
    24時間パリを楽しみたい

    beehome パリ、凱旋門やシャンゼリゼ大通りが徒歩圏内のテルヌ地区。周りにはジャズクラブやレストラン、パブなども多く、ナイトライフも思い切り楽しめる立地。モダンとレトロが入り交じったシャンブル・ドットで、本格的なパリ生活が体験できる。アーユルベーダーのマッサージサービスを頼めば、翌日に疲れを持ち越さなくて済むかも。主人がブルゴーニュにワイナリーを持っていることから、産地直送のブルゴーニュワインを賞味できる。

    98 av des Ternes 75017 Paris 
    TEL : 01 45 74 12 08 / 06 07 10 59 17 /
    06 64 81 12 08  このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.beehome.fr
    料金:165〜225€

  • 12Le clos St Nicolas
    サンルームでの朝食は大好評

    Le clos St Nicolas パリ近郊、ヴェルサイユ宮殿から10kmにある大きな館。全ての客室に浴室とトイレが備わっているのがうれしい。館内でも特に貴重なものは、日差しがたっぷりと注ぐ19世紀につくられたサンルーム。そこで朝日を浴びながら朝食に頂く自家製ホットチョコレート、紅茶、オレンジジュースは大評判。家族で泊まれる大部屋もある。

    33-35 Rue St Nicolas 78640
    Neauphle le Chateau
    TEL : 01 34 89 76 10 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.clos-saint-nicolas.com 
    料金:98〜112€


  • 13Moulin St Julien
    水と緑の田園風景を堪能

    Moulin St Julien オルレアンから3km、古城の点在するロワールやソローニュに 近い、ロワレ川のほとり。この15世紀建設の製粉所だった水の 豊かなシャンブル・ドットでは、現在も水車を見ることができる。 部屋で静かに川の流れをBGMに心を癒やすのもいいし、オリヴェの村を自転車で散策するのもいい。周辺の町の文化や歴史的遺産、自然に簡単にアクセスでき、美しいフランスの田園風景を堪能できる。

    1303 rue de la Reine Blanche
    45160 Olivet
    TEL : 06 18 09 35 70 
    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください www.moulinstjulien.com 
    料金:90〜115€

  • 14Le Manoir de Beauregard
    広々した庭と館で夢の旅

    Le Manoir de Beauregard ベルジュラック、ペリゴール地方。夢のような旅がしたいなら、中世〜17世紀に建てられたこの館で。テラスからは緑のなだらかな丘が見渡せるが、そこは17ヘクタールに及ぶ館が擁する庭。プールはいつでも自由に利用できる。それぞれの部屋が魅力的なので、予定よりも長居したくなってしまうに違いない。気に入ったら次回は完全プライベートな隣のコテージに。

    Clermont-de-Beauregard 24140
    Le Grand But
    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    TEL : 05 53 81 66 97 
    www.manoirbeauregard.com
    料金:145〜160€

  • 15Château de Darrech
    アクティビティー豊富で退屈知らず

    Château de Darrech ミディ・ピレネー地方、ジャズのメッカと化したマルシアックから15km。夏、フェスティバルの際にぜひ宿泊してみたいシャンブル・ドット。家族の人柄もうかがえるような、重みのある伝統的な家具もあれば、ユーモア溢れるオブジェもあるという楽しいシャトー。プール、書斎、馬に触れられる庭、優雅に朝食のとれるテラスと、バカンスにはもってこいのアイテムがそろっている。

    32160 Tasque  
    TEL:06 72 56 57 80 / 06 50 08 43 22
    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください www.chateaudedarrech.com
    料金:130〜190€

  • 16Domaine Larrey
    散策などのんびり過ごせる

    Le Domaine Larrey スペインとの国境に近い、ピレネー山脈を臨む村。農業を営む家族が2009年にシャンブル・ドットをオープンした。家に代々伝わる骨董品、刺繍のベッドカバーや優しいピンク色の壁と、女性的でロマンチックな客室。フランス式の庭園を散歩したり、温水プールでのんびりしたり、周辺のオロロン・サント・マリーなど歴史的な町を訪れたり、滞在中の楽しみ方は盛りだくさん。

    64400 Saucède
    TEL : 05 59 34 38 16
    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.domaine-larrey.com
    料金:75〜125€

  • 17Château de Ronel
    思いが込められたシャトー

    Château de Ronel トゥールーズの北東、アルビの町の近く。このシャトーに魅せられ、城主となった夫妻がつくり上げた空間は、どの客室も落ち着いた色合い。料理には庭の菜園で採れた有機野菜や果物を使う。カモ料理なども洗練されていると大評判だから、サロンでのディナーも試してみたい。中世の要塞が残るコルド・シュル・シエルや世界遺産の町、アルビまで足を伸ばしてみては。

    81120 Roumégoux
    TEL : 05 63 55 75 40 / 06 14 78 21 06
    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.chateauderonel.fr 
    料金:95〜135€


  • 18Le domaine d'Aigrepont
    町も部屋も居心地満点

    Le Domaine Larrey 温泉で名高いブルボン・ラルシャンボーの町。ブルボン朝の出身地であることからシャトーも多く、由緒あるカフェなど、訪れたい所は枚挙にいとまがない。さて、宿泊に1640年から同じ家族が代々の所有者という、古い民家はどうだろう。2011年に改装工事を済ませ、全室にWi-Fi、バスタブ付き浴室が備わっている。過ごしやすさは多くの利用者のお墨付き。

    03000 Bressolles
    TEL : 06 80 05 51 02
    info@chambres-d-hotes-en
    -bourbonnais.com
    www.chambres-d-hotes-en-
    bourbonnais.com

    料金:130€

  • 19Château d'Agel
    時代をさかのぼったような錯覚を

    Château d'Agel ミネルヴォワの丘陵地帯。12世紀に建てられたという歴史の重みを感じるシャトー。大きな暖炉の大広間、馬に乗りながら敷 地内の散策など、中世にさかのぼったかのような経験もできる。豪華な装飾の客室でゆっくり睡眠をとって、目覚めとともに広い庭園を眺めながら室内で朝食を頂くなんてぜいたくもできる。ホテル以上にホスピタリティー溢れるサービス。

    6 pl du Château 34210 Agel
    TEL : 04 68 91 21 38
    www.chateaudagel.fr
    料金:160€

  • 20Le Parfum des Collines
    南仏の良さが充満

    Le Parfum des Collines 「南仏プロヴァンスの12カ月」著者が住んだリュベロン地方近く。今年、フィガロ誌のシャンブル・ドットグランプリに輝いた。客室はモダンでハイテク、備品などもパーフェクト。スパ・ハマム などのサービスや、一流レストラン並みのディナーも注文することができる。ラベンダーや糸杉、緑の丘を眺めながらのプール……。南仏の雰囲気がいっぱい詰まっていて、いうことなし。

    Route de Saignon 84400 Auribeau
    TEL : 04 32 52 93 46 / 06 08 00 08 42
    このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.parfum-collines.com
    料金:190〜320€



番外1ダイジェストスタッフも利用してみました!Jardin de la Raze
フランスNo.1の美観を誇る魅惑の町の探訪に

Château d'Agel フランスの美しい村協会本部のあるリムザン地方の「赤い村」は建物が赤色砂岩でできているため、村全体が赤色をしている。その村に加え、この地方に多く存在する洞窟も見たいし、またうわさのカモ料理も味わいたい……と、週末に欲張りな旅行を計画。家族4人で泊まれるシャンブル・ドットを探した。すると、グラフィックデザイナーだったという若い家主が歓待してくれた、素朴ながらセンスがいいシャンブル・ドットに出会った。庭では子供たちが思う存分走り回り、朝食は温かい日差しを浴びながら手作りジャムを頂く、大満足の週末となった。

19500 Collonges la Rouge 
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
TEL : 06 50 77 27 46 
www.jardindelaraze.blogspot.fr
料金:43~63€

番外2Château de Yaucourt Bussus
シャトーを買って、シャンブル・ドットを作った

Le Parfum des Collines パリジャンのクリスチャンはあるとき、パリの人たちがのんびり過ごせるシャンブル・ドットをつくろうと決意。パリからそう遠くない、150kmのピカルディーにある古城を買うことに。崩れかけていた天井や床を張り直し、裁縫が得意な地元の人たちに壁や家具に布張を依頼するなど、大掛かりな改装工事が始まった。購入費、工事費は合わせて約90万€。丹精込めて改装した甲斐あって、明るい30㎡の室内で訪問客は快適に過ごしてくれる。リネンの用意や行き届いた清掃など気を付けるべき点は多いが、社交的なクリスチャンは訪問客を迎えるのを喜びとしている。パリジャンのためにと始めたが、ふたを開けてみると宿泊客は8割が国外からで、パリジャンは1割。「修道院など見どころの豊富なピカルディー。多くの人が1泊だけして帰るのが残念」とクリスチャンは語る。

80135 Yaucourt-Bussus
TEL : 06 09 88 85 45 / 06 12 61 47 38 
料金 : 80€(+朝食10€/人)
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
www.chateaudeyaucourt.fr



より大きな地図で フランスのシャンブル・ドット を表示
 

  • Check


*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

バナー 仏・英・独ニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト
フランスのラーメン、中華麺、うどん、そば - イギリス・フランス・ベルギー・ドイツの麺もの大特集! ヘアサロン・ガイド バナー おすすめフランス語学校 バナー LEARNING JAPANESE CALLIGRAPHY サロン&クリニック・ガイド パリのお弁当やさん