FacebookツイッターRSS feed
ロンドンのゲストハウス
mer 31 août 2016

南仏のパラダイス 真夏のニースを楽しもう

ニース

南仏のパラダイス 真夏のニースを楽しもう

紺碧の空、青い海。
太陽がさんさんと降り注ぐニースは、
これからが絶好のシーズンだ。
なかなか沈まない太陽と一緒に、
夏の長い1日を南仏の町で思いっ切り楽しもう。
(Texte:Kei Okishima)

まさに南国! ヤシの木に青い海

飛行機の窓から眼下に見えるのは、太陽の強い日差しに照らされて乾いた山肌。土は少し赤みがかり、濃い緑の木々がたくましく伸びる。飛行機でパリからたった1時間で見えてきたこれらの風景は、まさに南国そのもの。更に、目の前を一気に覆うように真っ青な海が姿を見せ、心が躍り出す。

高級リゾート地として世界にその名を知られるニース。海岸に沿って立ち並ぶ高級ホテルやカジノと海に挟まれた遊歩道、プロムナード・デ・ザングレ(イギリス人の遊歩道)は、慌ただしい日常から解放され、自由を満喫する人々でにぎわう。

この遊歩道が作られたのは1820年、イギリス人ルイス・ウェイが私費で現在の遊歩道の元となる2m幅の道を作ったことから始まった。その後、冬期リゾートに訪れたイギリス人たちの散歩道として利用されるようになり、少しずつ整備されていく。大空へ高く伸びたヤシの木が湾と絶妙なハーモニーをなす優雅な遊歩道として、世界中の観光客に愛されている。

黄土色のファサードが美しい旧市街

散歩道から北側に路地を入り、旧市街へ。迷路のように複雑に行き渡る細い路地は、黄土色がかった美しいファサードの建物が立ち並ぶ。オリーブやせっけん、ラベンダーなど特産品を扱う店やレストランが軒を連ね、海岸のセレブな雰囲気とは一転、にぎやかな生活感を携える。

フランスを代表する都市として、近年世界にその名を知られるニースだが、紀元前にギリシャ人により築かれてからこれまで、さまざまな国の支配下に置かれた。1860年のトリノ条約でフランスに割譲されるまで、サルデーニャ王国の町として栄えたため、今も旧市街にはイタリア風の建物が数多く見られる。例えば16世紀後半から17世紀にかけてラスカリス・ヴァンティミリア公爵が所有していたラスカリス宮殿は、バロック様式のイタリア風館で、小規模ながら16世紀イタリア建築の優美さを堪能できる。

旧市街の中心、サレヤ広場に立つミゼリコルド礼拝堂も、豪華な装飾が特徴のバロック様式を代表する建物で、歴史的建造物に指定されている。この広場はさまざまな市が出ることでも有名だ。月曜日は骨董市が、火~日曜日には南仏の太陽をたっぷりと浴びて育った花や野菜が市に並ぶ。

旧市街

城跡公園の高台から見下ろす絶景

いったん海岸に戻り、東側にある小高い丘へ向かおう。ここは中世に城が築かれた場所。しかし、この要塞はルイ14世が18世紀初頭にニースに攻め込んだ際に破壊され、現在では一部しか見ることができない。

人々がこの城跡公園に来るのには、理由がある。海岸を見渡せる展望台となっているからだ。高台から見下ろす海の色は、近くで見るよりもずっと濃く、弧の形をした海岸「天使の入り江」が一望でき、ニースの美しさを実感できるひと時だ。

ニースの色に取りつかれた画家

海の青、木々の緑、太陽のオレンジ。色がたくさんある南仏は多くの画家をとりこにした。シャガール、マティスもそんな画家だ。

シャガールが自身の絵をフランス国に寄与したことから作られたマルク・シャガール国立美術館には、旧約聖書の「創世記」や「出エジプト記」から題材を得たものなど、聖書をモチーフにした作品が並ぶ。また美術館内部にあるコンサートホールには、「天地創造」を表したステンドグラスが3枚並んで設置され、南仏の強い日差しを柔らかな光に変えている。

シャガール美術館を出て、マティス美術館や考古学博物館、ローマ時代の円形闘技場跡のあるシミエ地区の高台へ。豪邸が立ち並ぶシミエ大通りの中でもひときわ目を引くのが、マティスが晩年アトリエ代わりに使用していた高級アパルトマン、ホテル・レジーナである。残念ながら内部は見学できないが、このすぐ近くにある公園内に、マティス美術館がある。初期~晩年の作品約1000点が展示されているこの美術館には、「ブルーヌード」を始めとする切り紙絵も展示され、原色で描かれた作品が強いエネルギーを発している。それはきっと、この土地に息づく葉や土の色、地中海の波の動きを見たからこそ得られたものなのだろう。

マティスは、美術館の横にあるシミエ・フランシスコ会修道院の墓地に眠っている。花で美しく飾られた修道院の庭園からは、彼の愛したニースの街並みが海を背景に広がっていた。

マティス美術館
シミエ地区の高台に建つマティス美術館

  • イギリス人の遊歩道 Promenade des Anglais
    Promenade des Anglais 06000 Nice
  • ラスカリス宮殿 Palais Lascaris
    15, rue Droite (Vieux-Nice) 06300 Nice
    TEL:04 93 62 72 40
    入場無料
    10:00-18:00、火祝休
  • ミゼリコルド礼拝堂 Chapelle de la Miséricorde
    Cours Saleya, Vieux Nice 06000 Nice
    入場無料
    火のみ開放14:30-17:30
  • マルク・シャガール国立美術館
    Musée national Marc Chagall

    Av du Docteur Ménard 06000 Nice
    TEL:04 93 53 87 31
    入場料:7.50€
    10:00-18:00、火休
    www.musee-chagall.fr
  • マティス美術館 Musée Matisse
    164, av des Arènes de Cimiez 06000 Nice
    TEL:04 93 81 08 08
    10:00-18:00、火祝休
    入場無料
    www.musee-matisse-nice.org

この夏のニースのイベント

Nice Jazz Festival 2011
1948年にフランスで初めて開催された、歴史あるジャズ・フェスティバル。今年もフランスを代表する音楽家ミシェル・ルグラン、イギリスのクラブ・ユニット、モーチーバ、ハスキー・ヴォイスで魅了するアメリカのシンガー、メイシー・グレイなど、世界各国の一流ジャズ・ミュージシャンが一堂に会する。

Pl Masséna, Jardin Albert 1er
Esplanade Jacques Cotta - Théâtre de verdure
7月8日(金)~12日(火) 19:30~24:00
入場料:35€
TEL:08 92 68 36 22
www.nicejazzfestival.fr

Fête de la St-Pierre et de la Mer
漁師たちの守護聖人であるサン・ピエールを祝う海の祭り。ノートルダム聖堂でのミサの後、海で船の火葬儀式や伝統的な歌や踊りが行われる。

6月25日(土) 20:00~
Port de Nice Quai Am-Infernet 06000 Nice
TEL:04 92 00 42 42
www.nicetourisme.com

Prom'Party
海岸沿いの遊歩道、プロムナード・デ・ザングレの特設ステージにて、ジャズ、ダンスミュージックなどの音楽が夏の夜を盛り上げる。14、15日は花火が上がる。

Promenade des Anglais 06000 Nice
7月14日(木)、22日(金)、 8月5日(金)、15日(月)
21:30-23:30
入場無料
TEL:08 92 70 74 07(0.34€/min)
www.nicetourisme.com

Les Concerts du Cloître
シミエ公園で毎年夏に行われる野外クラシック・コンサート。「旅への誘い」と題し、マンハッタン音楽院管弦楽団を含め国内外から約100人のアーティストが参加する。

7月20日(水)~8月14日(日)
入場料:無料~29€
Pl du Monastère de Cimiez 06000 Nice
TEL:08 00 95 08 50
concerts.hexagone.net

Fête de la San Bertoumiéu
収穫を祝う祭りで、チーズ製造者、養蜂家、ワイン製造者の他、陶器家や彫刻家も参加し、それぞれスタンドを出す。

9月3日(土)、4日(日)
Le vieux Nice, Place Garibaldi, Port
TEL: 04 97 13 20 00

ニースのレストラン

加も川 Kamogawa
日本料理

ニースで味わう正統派日本料理
ニースの中心地に店を構えて7年。ニースの日本料理店の先駆け的な存在の加も川では、お寿司や天ぷら、すき焼きなど正統派の日本料理を味わうことができます。日本人が食べても満足のおいしさと、フランス人も満足のボリュームがある定食メニューやお昼のお弁当が人気です。寿司職人、寺さんの握るお寿司を求めてやって来る常連客が集うカウンターの他、20人まで入れる個室も完備しています。

kamogawa
左)バラエティに富みボリュームも味も大満足の昼のお弁当

おすすめメニュー
(昼)弁当28€、焼き魚定食16€、寿司定食16€、刺身定食16€
(夜)すき焼き定食39€、もみじ定食(茶碗蒸し、寿司、刺身、焼き鳥)39€、デギュスタシオンメニュー70€など

18,rue de la Buffa 06000 Nice
TEL 04 93 88 75 88
年中無休
http://pagesperso-orange.fr/kamogawa/

Saison
ニース風日本料理

ミシュラン一つ星松嶋シェフプロデュースの
南フランス、地中海和食

アーティチョークやトマト、ズッキーニ、レモン、オリーヴなど南仏、地中海料理に欠かせない素材を活かし、地元の食材を日本料理の調理法で表現した和食 ‘’JapaNice’’を楽しめるSAISON。ミシュランガイドで一つ星を保持する松嶋シェフがプロデュースするこちらのお店では、フランス料理の食材を知り尽くした松嶋シェフと、熟練した和食の技を持つ近藤板長とのコラボレーションによるオリジナリティあふれるJapanice料理が味わえます。オーナーを務める長井氏のおもてなしの心が表れる接客もこのお店の魅力。

saison
左)独創性が発揮されるアミューズ・ブーシュ
右)しょうゆと黒オリーブが深い味わいのソースに

おすすめメニュー
真鯛のカルパッチオ仕立て "JAPANICE" ’style 牛フィレのグリル
黒オリーヴと山葵のソース
昼のコース : 16€、22€
夜 のコース:  35€、50€、70€

17, rue Gubernatis 06000 Nice
TEL: 04 93 85 69 04
12:00~14:00 / 19:00~24:00(22:00ラストオーダー)
休: 日月
www.saison-nice.com

Hi Food(Hi Hotel内)
ビオ&日本料理

3, av des Fleurs 06000
TEL: 04 97 07 26 26
www.hi-hotel.net/fr

Hi Hotel

 

プール感覚で楽しめるドイツ流温泉を満喫

プール感覚で楽しめる ドイツ流温泉を満喫
治療の一環として長期滞在する人も多いドイツの温泉は、
規模が大きく内部の施設も充実している。
日本の温泉と大きく異なるのは湯の温度だ。
日本人にとっては、かなりぬるめの湯に水着で入り、
最後に暑いサウナで汗を流すのがドイツ流温泉の楽しみ方。
夏でも楽しめるドイツの有名な温泉地をめぐろう。
(Texte : Yasuko Hayashi)

※ 営業時間と料金は一部のみを記載しています。詳細は各施設のホームページをご参照ください。

バルトの風に吹かれ身も心もスッキリ
HanseDom Stralsund
ハンザ・ドーム シュトラールズント

ハンザ・ドーム シュトラールズント

北ドイツ、バルト海に面した町、シュトラールズントにある総面積12万1000㎡に及ぶこの施設は、温泉とウェルネスの分野では欧州最大級、「水のレジャーパーク」と呼ぶにふさわしいスケールだ。カリブ諸島を模したジャングルの中で、子供たちはウォータースライダーや流水プール、滝などのアトラクションに夢中になり、大人たちはウェルネス・スパとして最上級の評価を受けたこの施設のバラエティーに富んだサウナでひと休み……と、皆が思い思いに楽しめる造りになっている。更に、テニスやバレーボール、ハンドボール、スカッシュなどで汗を流せる屋内運動場も完備。

オープン 浴場 9:30-22:00(金土 23:00まで)、サウナ 9:30-23:00
入浴料 2時間 10.50€~
住所 Grünhufer Bogen 18-20, 18437 Stralsund 地図
TEL +49(0)3831-37330
Website www.hansedom.de
アクセス シャルル・ドゴール空港またはオルリー空港から、ベルリン・テーゲル空港またはシェーネフェルト国際空港まで。空港からシュトラールズントまで列車で約3時間

塩水治療が有名、北ドイツで血行促進
Holstein Therme Bad Schwartau
ホルシュタイン温泉 バート・シュヴァルタウ

ホルシュタイン温泉 バート・シュヴァルタウ

ドイツ最北部に突き出したユトランド半島の付け根にあるバード・シュヴァルタウは、塩水治療が有名な温泉保養地。「週末はちょっとカリブ海でリラックス」。そんな贅 ぜ いたく 沢なプチ休暇を疑似体験できる場所が、ここにある。常時30℃に設定された屋内、その中に茂る大きなヤシの木と巨大なプールが生み出す雰囲気は、まさにカリブのリゾートそのものだ。プールには、高さ92mのウォータースライダーや流水プールなど、大人も子供も思いっきり楽しめるアトラクションが多数。小さな子供たちも安心して楽しめるプールも用意されている。

オープン 9:00-22:00
入浴料 1.5時間 9.40€~
住所 Am Kurpark 3, 23611 Bad Schwartau 地図
TEL +49(0)451-2004148
Website www.holstein-therme.de
アクセス シャルル・ドゴール空港からハンブルク国際空港へ。空港からバード・シュバルタウまで列車で約1時間30分

ゾルタウの塩水風呂でミネラル補給
Soltau-Therme - die Vital-Solequelle
ゾルタウ温泉

ゾルタウ温泉

夏にはエリカが咲き乱れることで有名なリューネブルガーハイデ地方に位置するゾルタウ。中でもここは塩分の効用に重点を置く温泉だ。地下200mからくみ出された温泉に含まれるミネラルの量は死海のそれと同程度と言われ、その健康促進効果は科学的にも証明されているそう。温泉に続いて、薬草やフルーツの香りが神経を労わるサウナ、あるいは自分の体調や好みに合ったコースを専門家がアドバイスしてくれるマッサージはいかが? ゾルタウの町には北ドイツ最大のレジャー施設、ハイデ・パーク(www.heide-park.de)もあるので、遊園地で思いっきりはしゃいだ後、疲れを取りに温泉に浸かりに来るというのも良いかも。

オープン 浴場 9:00-22:00(月10:00から)、サウナ 10:00-22:00
入浴料 3時間 10.50€~
住所 Mühlenweg 17, 29614 Soltau 地図
TEL +49(0)5191-84480
Website soltau-therme-online.de
アクセス シャルル・ドゴール空港からハノーファー空港へ。 空港からゾルタウまで列車で約1時間45分

工業地帯に広がる南国リゾート
Bali Therme Bad Oeynhausen
バリ温泉 バート・オイエンハウゼン

ヨーロッパを代表する工業地ノルトライン・ヴェストファーレン州にある保養地、バート・オイエンハウゼン。この温泉のコンセプトは、施設名が示す通り「バリ」。温泉に浸かっていても、サウナに入っていても、施設内のいたる所で、東南アジアのリゾート地バリ島を感じることができる。ウェルネスのコーナーでも、体内エネルギーのバランスを健康の基本とするバリの人々に倣い、「リラックス→デトックス→リフレッシュ」をモットーに、多様なマッサージを提供している。毎週水曜は、女性限定でアロマオイルのサウナやハマムが割り引きとなる「レディース・サウナ・デー」。また、大人たちがゆっくりと時を過ごせるよう、無料の託児サービスも整えられている。

オープン 浴場 8:00-23:00(金土24:00まで)、サウナ 9:00-23:00
入浴料 2時間 8.50€~
住所 Morsbachallee 5, 32545 Bad Oeynhausen 地図
TEL +49(0)5731-30530
Website www.balitherme.de
アクセス シャルル・ドゴール空港からケルン・ボン空港へ。 空港からバード・オインハウゼンまで約3時間10分

大自然の中、本格サウナざんまい
Die Sauna Insel 
サウナの島

オランダとの国境に近い、西部ミュンスターラントに、静養のためのオアシスが広がる。サウナ専門施設としては国内最大規模を誇る“サウナの島”には、蒸し風呂から、フィンランドの伝統的な丸太小屋のスモークサウナ、心地良い香りのローズサウナ、ファイアーサウナなど、ここでしか味わえない本格サウナがそろっている。中でも逃せないのが「Valo Bad」。優しい色の光の中を歩いていくと、部屋の中央には花こう岩に囲まれたストーブがあり、その中心の丸い石からはアロマオイルが入ったお湯が静かに流れている。

オープン 月~金14:00-23:00、土10:00-23:00 、日祝10:00-20:00
入浴料 22€(19:30以降17.50€)
住所 Wierlings Busch 16, 48249 Dülmen 地図
TEL +49(0)2594-3014
Website www.sauna-insel.de
アクセス シャルル・ドゴール空港からケルン・ボン空港へ。空港からデュルメンまで列車で約2時間

マイナスイオン・アミューズメント
Therme Bad Steben
バート・シュテーベン温泉

バート・シュテーベン温泉

ドイツ最大の州、バイエルンにある温泉町、バード・シュテーベン。屋内の大きな回転プールと、それを取り囲む広々とした歩廊が解放感を演出する温泉。常に36℃に保たれている屋外プールでは、お湯に浸かりながらフランケンの森の新鮮な空気を味わえる。名物アトラクション「音のパビリオン」と「体感のパビリオン」では、水の中で音楽を聞いたり、光と音が織りなすシャワーの下をくぐったり、地元の粘板岩を使った洞 どうくつ 窟の中を歩いたりと、幻想的な世界を体験できる。この他、塩分で満たされた空間の中を歩いて気道を広げる塩の洞窟やクナイプ療法風呂など、健康効果抜群の設備も盛りだくさん。

オープン 浴場 9:00-22:00、サウナ・ウェルネス 10:00-22:00
入浴料 3時間 11€
住所 Badstraße 31, 95138 Bad Steben 地図
TEL +49(0)9288-9600
Website www.therme-bad-steben.de
アクセス ドゴール空港からニュルンベルク空港へ。空港からバード・シュテーベンまで列車で約3時間

山に囲まれ、ヨーロッパ伝統温泉体験
Cassiopeia Therme Badenweiler
カシオペア温泉 バーデンヴァイラー

カシオペア温泉

フランスとの国境に近く、黒い森として知られるシュヴァルツヴァルトの南に位置する町バーデンヴァイラーにある、本場ローマやアイルランドの浴場を模した建物が美しい温泉施設。外観だけでなく、内容も各温泉名所の伝統的な入浴方法を取り入れており、ローマ式の蒸し風呂やアイルランド式の温風入浴は、特に血流活性化の効果があるとして人気が高い。ハマムや指圧を始め、西洋と東洋、双方の方式を取り扱うマッサージの種類も30種以上と、よりどりみどり。毎日開催されているアクア・ジョギングやアクア・サルサなどのフィットネス・プログラムへの参加は無料!著名人をゲストに招いての朗読会やコンサートも定期的に行われている。

オープン 入浴 9:00-22:00、サウナ 11:00-22:00
料金 1日 12€~
住所 Ernst-Eisenlohr-Straße 1, 79410 Badenweiler 地図
TEL +49(0)7632-799200
Website www.badenweiler.de
アクセス シャルル・ドゴール空港からユーロ・エアポート(バーゼル・ミュールーズ空港)へ。空港から列車でバーデンヴァイラーまで約1時間50分

クナイプ療法の里で自然治癒力アップ
Therme Bad Wörishofen
バート・ヴェリスホーフェン温泉

バート・ヴェリスホーフェン温泉

ミュンヘンから南西約80km、環境先進国ドイツの自然療法「クナイプ療法」発祥の地として知られる、バート・ヴェリスホーフェンにある国立温泉。温泉プールとサウナを合わせた同施設の総面積は、なんと約7000㎡。屋内に一歩足を踏み入れると、ヤシの木を始めとするエキゾチックな亜熱帯植物に包まれた南太平洋諸島のような世界が広がる。ここのオススメは、黄金に輝く健康風呂「Onyx-Grotte」や死海の塩がたっぷり含まれた風呂。サウナ、ウェルネス・サービスも15種類を超える充実ぶり。毎月第2土曜の「Sauna Samstag」(19:00~24:00)には、全フロアを裸で動き回ることができるので、ヌーディスト体験をしたい人はぜひ!

オープン 10:00-22:00(金23:00まで、日祝9:00から)
入浴料 2時間 13€~
住所 Thermenallee 1, 86825 Bad Wörishofen 地図
TEL +49(0)8247-399300
Website www.therme-badwoerishofen.de
アクセス シャルル・ドゴール空港からフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス・ミュンヘン空港へ。空港からバート・ヴェリスホーフェンまで列車で約2時間

温泉とサウナの話

温泉好きな日本人の中にも、ヨーロッパの温泉やサウナ施設には行ったことがないという人は少なからずいるだろう。ちゅうちょしているあなたのために、ヨーロッパの温泉とサウナについて簡単に紹介!

温泉ヨーロッパの温泉浴場の起源はローマ帝国時代。初代ローマ皇帝アウグストゥスが民衆のために対話や講義の場としての円形の浴場、さらにスポーツジムや商店を備えた施設を作ったことにさかのぼる。後に、豪華絢爛な外観を持つ浴場がカラカラ帝やディオクレティアヌス帝などによって建設され、帝国領各地に広まった。

ドイツでは、昔から「療養所」や「湯治場」のイメージが強かった温泉だが、今や心身の健康促進や癒しの場といった側面が注目され、利用者のすそ野も広がっている。近年では東洋の入浴の風習も人気で、中東・トルコ式の浴場ハマムや日本の露天風呂を再現した浴場なども出てきている。

サウナサウナの発祥地はフィンランド。1000年以上も前から存在する同地のサウナは、体を洗ったり、汗を流して体の毒素を外へ出すといった役割だけでなく、ビール造りや食肉・魚の薫製、洗濯など、さまざまな用途を持つ、日常生活に密着した慣習として代々伝承されてきた。ドイツ・サウナ連盟が推奨するサウナ利用法は以下の通り。

  1. シャワーを浴び、タオルで体をよくふく。体が乾いている方が汗をかきやすい。
  2. サウナに入り、タオルをお尻の下に敷いて座る、もしくは寝そべる。
  3. フィンランドサウナの場合、室温は60~100℃程度。体調や慣れ具合により、8~15分間汗を流す。
  4. サウナから出たら、すぐにシャワーを浴びたり、プールに飛び込むことはせず、まずは新鮮な外気を吸って、体内に十分な酸素を送る。
  5. シャワーを浴びて汗を洗い流し、プールに入って体を冷ました後は、再び体温を調整するため、温水のフットバスに浸かるのがオススメ。
 

フランスと宇宙

フランスと宇宙

2010年に日本を大フィーバーさせた探査機「はやぶさ」。
では、「世界の宇宙開発」と聞いて頭に浮かぶものは何だろう?
1961年4月12日にソ連(当時)のユーリ・ガガーリンが人類初の宇宙飛行を成功させてから今年で50年。発明発見博物館 (Palais de la découverte) で4月5日から始まったガガーリン特別展のように、今、世界のあちこちで有人宇宙飛行50周年の記念イベントが開催されている。国連も先ごろ、4月12日を国際有人宇宙飛行デーとすると宣言した。しかし、宇宙開発という分野で欧州、そしてフランスを忘れてはいけない。欧州は世界でもトップクラスの宇宙技術を有しており、その活動も国際的に重要な役割を果たしている。またフランスは欧州の中でもとりわけ宇宙に力を入れている国なのだ。(Texte: Shizuko Hamada-Poret)

ATV2
ISSへ物資を運ぶATV2:ドッキング後自らのエンジンを使いISSの軌道上方修正も行う

フランスとロケット

1960年代、ソ連(当時)とアメリカが宇宙開発競争に しのぎを削っていた頃、欧州諸国は協力して「ヨーロッパ・ロケット計画」に取り組んでいた。しかしこのプロジェクトは努力むなしく失敗。欧州のロケット計画は袋小路に立たされる。

だがロケットはあらゆる宇宙活動の実現に不可欠な道具。そのため、「自分たちが自由に使える、自分たちのロケット を持たねばならない」と心に決めた欧州は、この行き詰まりの中で「アリアン・ロケットの開発」に着手する。「自分たちが自由に使える、自分たちのロケットを持 つ(L'accès autonome à l'Espace)」という理念は、現在も欧州宇宙開発の主要な柱である。

この理念の実現に大きく貢献しているのがフランスのイニシアチブだ。

フランスは早い時期からロケット開発に取り組んでいた。そして65年11月26日、フランス初の人工衛星「アステリックス1号」の打ち上げに成功。ソ連(57年)、アメリカ(58年)に次いで、フランスは世界で3番目に自力で人工衛星を打ち上げた国となる。ちなみに、あまり知られていないので残念だが、その後に続く4番目が日本である。70年2月11日、日本初の人工衛星「おおすみ」が打ち上げられた。

フランスは自国のロケット開発の経験と技術を用いてアリアン・ロケットの青写真を描き、更に、開発の指揮も執っていく。ついに79年のクリスマス・イブ、「アリアンⅠ」ロケットの初号機がクールー(仏領ギアナ)にあるギアナ宇宙センターから打ち上げられる。以後アリアン・ロケットはバージョン・アップや新型導入などで成長を続け、大型ロケット「アリアンⅤ」に至り、現在では国際商業衛星打ち上げ市場で第1位のシェアを占めるロケットとなった。

ロケット
左)1965年11月26日、フランスで初めて人工衛星打ち上げに成功した
「ディアマンA」ロケット
右)2011年2月16日に打ち上げられた「アリアンV フライト200」

2011年2月、「アリアン・ロケット・シリーズ」の打ち上げが通算200回を達成した。ペクレス仏高等教育・研究大臣も現地入りして見守ったこの打ち上げで宇宙に運ばれたのは、国際宇宙ステーション(ISS)* へ物資を輸送する ATV欧州補給機だ。これもフランスを始め、欧州の技術力 を結集した宇宙機である。

ロケット分野におけるフランスのイニシアチブは現在も続く。国の宇宙政策はロケット開発・運用を大きく掲げている。政府は「アリアンⅤ」の後継機「アリアンⅥ(仮称)」の予備設計研究に積極的に予算を割り当て、また欧州宇宙機関(ESA)ロケット本部との連携を強めるため、パリの南、エヴリー市にあるフランスの宇宙機関、国立宇宙研究センター(CNES:クネス)のロケット本部をESAロケット本部と同床させようという計画もある。

欧州のロケット射場であるギアナ宇宙センターはCNESが管理し、今秋には、新しく欧州ロケット・ファミリーに加わったロシアの「ソユーズ」の打ち上げが開始される。イタリアが開発している小型ロケット「ヴェガ」の初打ち上げも年内に行われる予定。2011年、ロケット部門は画期的な出来事が満載で、フランスも欧州も大忙しだ。

* ESA、アメリカ、ロシア、カナダ、そして日本が参加し建設を進める宇宙基地

ジュピター
ギアナ宇宙センターの打ち上げ管制室「ジュピター」

フランスの宇宙政策

そもそも、なぜフランスは宇宙分野に力を入れているのだろう?仏政府は、「宇宙技術の実用が市民生活に不可欠な存在」であり、また「宇宙技術と宇宙科学の発展が国の将来を保証するものである」としている。

「不可欠」とは、例えば現代生活において電気や鉄道がなくなれば皆困るのと同じ意味。目に見えないうちに宇宙技術は現代社会に浸透しているのだ。このためCNESも 2011年の戦略的取り組み分野に、前述のロケット分野の他、「市民生活のための公共サービス」「地球・環境・気候変動」「宇宙科学と将来への準備」「市民安全保障と防衛」を打ち出している。

複雑な欧州宇宙機関の体系

日本の宇宙機関といえば日本宇宙航空研究機構(JAXA)、アメリカの宇宙機関といえば米国立航空宇宙局(NASA)だ。同じように欧州にもそれぞれの国の宇宙機関がある。フランスならCNES、ドイツならドイツ航空宇宙センター(DLR)といった具合。これら各国の宇宙機関に加え欧州には、現在19カ国が加盟するESAもある。本部はパリの15区だが、技術センターや試験センターなどESAの施設は欧州各地にある。

ところが更にもう1つ。欧州には欧州連合(EU)もあるのだ。EUも宇宙分野に取り組んでいるのだが、ややこしいのはEUとESAの加盟国が同一でないという点など。例えば、ノルウェーやスイスはESAには加盟しているが、EUには加盟していない。

このように各国の宇宙機関、ESA、EUが存在しているため、欧州の宇宙開発は日本よりも複雑な体系になっている。ましてや、欧州の宇宙産業は主要な戦略的セクターであり、産業界もかんがみた施策もおろそかにできない。いやはや、各方面の意向を調整し、全体をまとめるのは一苦労。しかし、集まってこそ実現できる社会的利益のため、フランスも欧州も日々努力を重ねている。

「ガリレオ」(左)とギアナ宇宙センター(右)
左)欧州の衛星による測位航行システム「ガリレオ」:アメリカのGPS へ の依存体制から脱却するため計画を進めている
右)「アリアンV フライト164」の打ち上げ準備が行われているギアナ宇宙センター:2005年2月

宇宙の実用 …… 災害救援活動

フランスも欧州も日本と同様、地球観測や衛星通信などの宇宙技術の実用や、宇宙探査などの科学分野にも積極的に取り組んでいる。その1 つが災害救援活動だ。

現在、宇宙分野の災害救援活動は活発に行われており、地球観測衛星はその代表格。例えば、壊れた橋や海上の浮遊物などの所在を地球観測 衛星は教えてくれる。情報は対策本部に送られ、現場の救援活動に利用される。人工衛星は、それぞれの搭載機器や周回軌道によって取得する データの種類や性質が異なるため、複数の衛星が集まれば集まるほど災害救援活動に役立つ。そうした理由から国際レベルの協力が大変盛んに行われている。

国際協力の一例として、JAXA(日本)、ESA(欧州)、CNES(フランス)、ISRO(インド)など、世界10数機関・団体が参加する「国際災害 チャータ」という取り組みがある。東日本大震災でも、地震発生後すぐにこの「国際災害チャータ」が発動し、参加国は自国の人工衛星に東北 地方のデータを取らせた。もちろんフランスも真っ先に「チャータ」を通した支援に動いている。そもそも「国際災害チャータ」はCNESとESAの提唱により発足し、フランスはこの取り組みの中心的役割を果たしているのだ。

また「国際災害チャータ」以外にも、今回の震災のため、世界で25機あまりの人工衛星が被災地のデータを提供している。

国際災害チャータ公式サイト 
www.disasterscharter.org

宮城県東松島市
東日本大震災以前(写真左)と3月12日(右)の宮城県東松島市。 Pre-disaster - RapidEye 05/09/2010; Pre-disaster - TerraSAR-X 19/10/2009; Post-disaster - RapidEye 12/03/2011; Post-disaster - TerraSAR-X 12/03/2011

Information

Centre national d'études spatiales (CNES)
1961年に創設されたフランスの国立宇宙研究・開発機関。パリに本部を、トゥールーズ、仏領ギアナ、エヴリーに各種専門施設を備える。各施設では展示や子供向けワークショップなど、市民へ開かれた催しも行われている。 www.cnes.fr

Le Salon International de l'Aéronautique et de l'Espace – Paris Le Bourget
航空ショーパリ市郊外で隔年行われる国際航空宇宙見本市。展示やイベントには宇宙分野も大いに含まれている。連日行われる航空ショーなど催しも盛りだくさん。

6月20日(月)~ 26日(日)
(一般入場は24~26日のみ) 9:30-18:00
入場料:13€
Parc d'Expositions Paris Le Bourget
Aéroport Paris le Bourget 93350 Le Bourget
RER:Le Bourget B線(開催期間中、駅から無料送迎バスあり)
BUS:Musée de l'Air et de l'Espace(350番線)
TEL:01 53 23 33 33
www.salon-du-bourget.fr

Youri GAGARINE, une révolution
ユーリ・ガガーリン人類初の宇宙飛行から50周年を記 念する展覧会。飛行当時の写真や 映像など貴重な品々の紹介に加え、 飛行士ユーリ・ガガーリンの人生を 知ることができる。

8月28日(日)まで
火~土 9:30-18:00、日祝 10:00-19:00、7月14日・8月15日・月休
入場料:7€
Palais de la découverte un lieu universcience
Av Franklin Roosevelt 75008 Paris
M:Champs Elysées-Clemenceau①⑬、Franklin-D.Roosevelt①⑨
TEL:01 56 43 20 20
www.palais-decouverte.fr

 

ビオを知ろう!

ビオを知ろう!

有機農産物、有機加工食品を意味する「BIO(ビオ)」。
今やスーパーの売り場でも、ビオ製品の数は増える一方だ。
近年の健康ブーム、自然志向で見直されてきた
食の安全や栄養面、風味などへの関心。
その一方で、「ビオ」「ナチュレル」などの文字が並んだ製品の
増加とともに、それらが「本物」なのか、
効果の違いなどが分かりにくくなっている。
ビオでない一般の製品と比べて具体的に何が異なるのだろうか。
(Texte et photo : Kei Okishima)

フランスにおけるビオの発展

第2次世界大戦後、農業により経済的立ち直りを見せたフランスは、食糧を大量生産することに力を入れたあまり、水質、土壌汚染に悩まされてきた。そこで2007年に行われた環境グルネル会議でフランスは、持続可能な発展を目指し2012年までにフランス国内の有機農業の有効農耕面積を2%から6%まで引き上げることを目標に打ち出した。以後、農家が有機農業に転換するための費用を補助するための予算が組まれ、現在多くの農家が有機農業に取り組み始めている。10年末時点でその面積はまだ2.9%*と目標には程遠いものの、前年比23.5%増の広がりを見せ、フランスにおける有機農業市場は確実に伸びている。

有機農業の開発・促進を担うAgence BIOによると、10年末時点での有機農業従事者数は2万600人と、前年の25%増となっている。更に08年と比べると50%増であり、ここ数年での急激な上昇がうかがえる。

一般製品とビオの比較

ビオ製品の特徴は?

Bio Label耕地面積の増加とともに順調に伸びを見せているのが、消費者によるビオ製品への関心の高さだ。フランスで40%以上の国民が月に最低1度はビオ製品を購入するようになったという*。ビオ製品かどうかを見分けるのに、一番早くて正確なのが、フランス政府が認定する有機農産物認定「AB」ラベルを見つけること。今やフランス国民の約90%の人に認知されるようになったこのラベル*。更に10年7月からは新たにEU加盟国共通のビオラベルを梱包に記すことが義務付けられている*。

ビオ製品の加工・流通業者のための労働組合Synabioにラベル取得についての方法を聞いた。

「ビオラベルを取得するには、さまざまな細かい規則がありますが、第一にビオの基本的な考え方は『人工的に手を加えずに、自然のままにすること』と覚えておいてください。例えば遺伝子組み換えや農薬の使用は禁止、合成着色料や香料、化学調味料を使用せずに加工しなければなりません。また乳製品や肉がビオである場合の条件としては、動物自身の飼料に規定があるのはもちろんのこと、規定以上の広さのスペースで飼育されることも義務付けられています」

温めるだけで食べられるようなビオのレトルトパック。内容を見ると添加物らしき名前の記載があるが、これはどういうことだろうか?

「加工食品の場合、最低でも95%の原材料がビオでなければならず、残りの5%もなるべく自然なものが望まれます。しかし自然界では生産不可能なものもあります。そのようなものに限り人工の添加物など使用可能ですが、これにも制限があり、許可されている物質がリスト化されています。また、製品の一部だけにビオを使用している場合には、ビオラベルは与えられません」

*Agence BIO調査による

ビオ製品

製品の比較

2010年にSynabioが乳製品559個とその他加工食品479個を対象に行った一般製品と認定マーク付ビオ製品の比較結果を見てみよう。

まずこの調査で明らかになったのが、添加物の数、種類の違いである。一般製品に使われている添加物が300種類あったのに対し、ビオ製品では47種類にとどまった。またこの47種類の内訳を見ると、4種類以外は天然の着色料や香料など、残りの4種類は自然の原材料では生産不可能な例外に当たる。

乳製品において添加物が使用されていた割合は、一般製品が73%であるのに対し、ビオでは45%。レトルトパックのような加工食品については、一般製品の97%に添加物が投入されているのに対し、ビオは35%である。全体の傾向として、ビオ製品は加工食品でも添加物の数、量が少なく、原材料も極めて自然なものと言えよう。

「模造品」が作られにくいビオ製品

添加物によって「模造品」を容易に生み出せるようになった今日、消費者にとって確かなものを見分けることが難しくなっている。カエデの樹液を採取して煮詰める天然甘味料であるはずのメープルシロップが、糖と香料で模造されていることが問題になったが、市場に出回っている製品を見渡すと「本物」ではないケースが目立つ。

例えばSynabioが行った調査によると、真っ白なメレンゲがカスタードクリームの上に浮かぶ菓子イル・フロッタントの既製品を見ると、ビオでは牛乳55%、卵25%、砂糖20%、バニラ0.3%を使用しているのに対し、一般食品では17種類もの材料を混ぜ合わせており、その中の11種類が香料や添加物であった。また牛乳の代わりにミルクパウダーが使用され、本来メインのはずの卵は全く入っていなかった。

添加物に頼らず、なるべく手を加えないビオの製品は、このような「模造品」が作られにくい長所が見られる。

ビオの知られざる栄養素

工程の違いにより生まれる栄養素

ビオの製品の利点は、高い栄養素にもある。加工の仕方の違いや農薬を散布しないことにより、本来持っている栄養素が破壊されないためだ。

例えば、ビオの粉で作られるパンはひき臼で粉をひくため、栄養素の多くが捨てられずに利用される。そのためビタミンや食物繊維、鉄分などが多く含まれ、血糖値の調節、コレステロールなど血液中の脂質の状態を改善するのに役立つ。同様に、植物油を作る場合も工程の違いにより栄養素を保つことができる。一般的に価格の安い油は「溶剤抽出法」によって生産されている。これは、種に溶剤を添加して材料から油分を取り出す方法だ。一方、ビオの油には溶剤を投入することが禁止されているため、押しつぶすことにより油分を絞り出す「加圧法」で作られている。その中でも最も効果的なのが、熱を加えずに加圧する「低温圧搾法」で、ほとんどのビオ油がこの方法で生産されている。オイルの劣化、変質を防ぐことのできるこの方法は一番理想的で、植物が本来持つ栄養も保たれる。

他にも、殺虫剤を使用しない果物や野菜にはビタミンや抗アレルギー、動脈硬化作用のあるポリフェノールが多分に含まれていることが分かっている。これらは植物が外からの攻撃や病気から自身を守るために抗体を作り出すために生まれた栄養素だ。また、ビオで育てられた牛のミルクで作られた乳製品にはより多くのオメガ3脂肪酸が含まれているため、栄養素が高い。

ビオの課題

Synabioは、ビオ製品は一般製品に比べて製品に含まれる栄養素を記したラベルが少ないことを指摘する。これはビオを購入する人が「自然なもの」や「環境にやさしいもの」を優先してきたため、栄養素の重要性が、これまでおろそかにされてきたからだ。例えばシリアル食品の表示を例にとって見てみると、一般製品の81%に詳しい栄養素のラベルが張ってるのに対し、ビオのシリアルで同様の説明書きがあったのはわずか5%に過ぎず、58%は無表示のままであった。この表示を強化することで、栄養面からビオを購入する消費者が増加するのではないかとSynabioは考えている。

また、ビオの製品はビタミンやミネラルなどを添加してはいけない。そのため、食品を加工する過程で失われるものをなるべく減らす方法を開発し、品質を高めることが課題である。

ビオ市場

パリのビオ市場で 質問に答えます

毎週日曜日、パリ6区のラスパイユ大通りに、有機食材・製品を扱うパリ最大のビオ市場が出る。野菜や果物はもちろんのこと、肉、魚などの食品からせっけんや洗剤など、あらゆる種類の日用雑貨も並び、朝から大混雑。そんな市場で担当者にビオについての疑問を直撃。

Q1野菜や果物は想像がつきやすいが、例えば1カ所に固定できない蜂などを扱う場合はどうするの?

確かに蜂は移動しますが、一定の地域しか飛びません。この蜂の飛ぶ地域が、ビオ製法で作られている畑ばかりなのです。つまり、蜂が吸う蜜の花や木がビオなので、蜂蜜もビオになるわけです。もちろんそれだけではなく、巣箱に使用している塗料も無機塗料をするなど、蜂蜜作りに触れるものに気を配る必要があります。
(回答者:蜂蜜生産者 ジャン=ポール・クウト氏)

Q2ビオ製品は値段が高い気がします。
どうして?

確かに、ビオの値段は一般商品に比べて10~15%割高です。農薬を使わない分、人手が必要になります。また大量生産ではないため、運輸や配給に掛かる費用も割高になります。また、ビオであることを証明するための検査にも費用が掛かるのです。
(回答者:ビオ食品を推薦する団体Les 3B売り場担当者)

Q3ビオの野菜は形が小さい気がします。
味はいいのですか?

小さいなんてことはありません。ただ、色や形がそれぞれ違います。また、ビオには野菜、果物本来の味があります。そのため、本物の味を知っているご高齢の方には「昔と同じ味」と喜ばれ、農薬をまいて育てられた味がない野菜に慣れてしまった子供からは「これ、野菜?」と驚かれます。
(回答者:ビオ食品を推薦する団体Les 3B売り場担当者)

 

パリマラソンへの道

ゼロからスタート!パリマラソンへの道

健康志向が高まる現在、靴1つあれば、お金も掛からずに気軽に始められるジョギングは人気のスポーツ。そんなジョガーが憧れるパリマラソンが来たる10日に開かれる。一度は駆け抜けてみたいシャンゼリゼ大通り。でもマラソンなんてハードルが高そう……。そんな人のために、ゼロから始めるトレーニング方法を紹介!(Text et photo : Kei Okishima)

パリマラソン

観光スポットをくまなく駆け抜けるパリマラソン

今年で35回目を迎えるパリマラソンは、凱旋門からシャンゼリゼ大通りを下り、コンコルド広場→リヴォリ通り→バスティーユ広場→ヴァンセンヌの森→セーヌ川→ブローニュの森→凱旋門裏を駆け抜ける、まさに走るパリ観光。特に中盤のセーヌ河岸は、世界遺産に登録されている歴史的建造物やエッフェル塔などが次々と現れる美しい道のりだ。更にフランスらしいのが、終盤のブローニュの森 にある給水所ならぬ「給ワイン所」。こんな 豪華なマラソン大会に出ることを目標に掲げ、いざトレーニングを開始しよう。

さぁはじめよう!マラソン完走プログラム

教えてくれたのは
セカンドウィンドAC 代表 川越学さん

自らの選手経験を生かし、世界を目指すアスリートを指導。2007年、トップランナーと市民ランナーが共存するクラブチーム、セカンドウィンドACを設立。各々が自己目標の達成に向けてチャレンジできる方法を提案している。

www.sw-ac.com

マラソンの魅力は、年齢や能力に関係なく、自己目標に向かってチャレンジできることです。また大会に出ることで、大勢の人と触れ合うことができ、その土地の観光や文化 に触れられるのも楽しいことでしょう。健康効果としては、長時間走ることによって脂肪が燃焼し、心肺機能がアップします。

体力作りから始めよう

初心者はいったい何から始めれば良いのだろうか?
川越監督が勧めるのが「ウォーキングからのスタート」。

体力作り「いきなり走り出すと足を痛める可能性があるので、まずはウォーキングからスタート しましょう。定期的に続けることで脂肪が燃焼し、体力向上につながります」

慣れてきたと感じたら、「30分ジョギング+ 10分早く走る」という割合の組み合わせで、少しずつ走る距離や時間を増やしていこう。

継続こそ力なり

毎日走る必要はないが、それでも週2~3回のペースで継続して走ることは必要。また、走る・跳ねるなどの動作に必要な腹筋、背筋は補強運動で鍛えたい。特に女性で筋肉量が少なく悩んでいる人は、他の運動を取り入れてみよう。

継続こそ力なり腹筋や背筋のトレーニングの他にも、最近ではヨガやピラティスなどさまざまな運動を取り入れている人も多いようだ。また、起伏のあるコースを選んでジョギングをしてみるのも、筋力強化につながるという。工夫をしながら楽しむことが一番だ。

とはいえ、特別にプログラムを増やすと、長続きしないのも現実。そこで川越コーチが提案するのは、日常生活の中で運動につながる行動を1つでも増やすこと。

例えばエレベーターではなく階段を上ることで筋肉を鍛える、通勤途中の1つ手前の駅で下車し、1駅分歩くことを習慣化することで体力に歴然の差が生まれるという。

継続こそ力なりまた、いきなりフルマラソンにチャレンジするのではなく、その前に短いレースに出場することも大切だとか。

「5km、10km、ハーフマラソンなど段階を踏んで出場していくと、ペース感覚がつかみやすくなります。また目標ができるとモチベーションも上がるので、三日坊主にならずジョギングの習慣がつきますよ」

走る際の理想のフォームとは?

走り方を間違えると足を痛めてしまい、せっかくの苦労も水の泡。まずは、「走っている姿を動画で撮影してもらい、自分のフォームを知ること」が大切。その上で、効果的なフォームを身につけよう。ポイントは、足の着地と腕振りだ。

フォームの基本
・着地はつま先ではなくかかとから入るイメージで
・つま先が真っすぐに着地するように心掛ける
(内や外を向いていると、動きの効率が悪くなり故障の原因になる)
・腕は脇を90度くらいに保ち、リズム良くコンパクトに振る
・手は軽く握る

走り方には、歩幅を大きくしてスピードを維持するスライド走法と、小さな歩幅で早いリズムで走るピッチ走法がある。初心者には足への負担が少ないピッチ走がお勧めだ。

大会2カ月前から始める集中トレーニング

マラソン完走を目指すなら、少なくとも大会の2カ月前から集中トレーニングを始めたい。目標を達成するには、一定のペースで効率良く走ることが最も大切。そのためにはペース感覚を身につけるトレーニングが必須だ。

川越監督考案の練習プログラム
1. 水曜日に6~8kmを、目標タイムより少し早目の速度をキープして走る
2. 週末のどちらか1日に15~30km の長距離走を、遅いペースから開始し、後半にレースペースまで追い上げる練習
3. その他の平日に1〜 2回、30~50分間ゆっくりジョギングをする

トレーニングのメニューをこなすことは大切だが、こだわりすぎて無理やり行うのは逆効果。体調が悪い時に は無理をしないなど、体調に合わせてこなしていこう。また走り過ぎによって故障してしまう人も多い。定期的にスポーツマッサージなどを受け、体調の把握と管理に努めよう。

体力をつける食生活とは?

長距離を走るには、必要な栄養を体内に蓄えておくことが必要だ。ダイエット目的にジョギングをする人の中には野菜中心の食生活を送る人もいる。それでもフルマラソンで完走できる体力はつくのだろうか。

「野菜中心の食生活は健康的で良いですが、激しい運動を行った場合や筋力強化を考えたとき、肉などのたんぱく質が必要です。また、血液状態を良くした方が調子良く走れるので、鉄分が不足しないようにレバー、ひじき、あさりなどの料理もお勧めです。長い距離を走るときは、エネルギーとなる炭水化物を取る方がいいでしょう。レース前は炭水化物をいつもよりたくさん食べましょう」

いざ大会へ大会当日の心得

いよいよ本番!張り切ってスタートし、壮快に走る初心者の多くが陥るのがオーバーペース。前半に飛ばし過ぎて、後半に失速してしまうのだ。十分にトレーニングを積んだなら、最初から最後まで速度を均等に走るのが理想。そのためには、速度を意識してスタートすることが必要だ。とはいっても、42kmとはあまりにも長過ぎてペース配分が難しそう。

ペース配分に自信がない人や完走することを目的に走る人は、できるだけ前半は余裕を持って走ろう。監督いわく「感覚的には、遅いと感じるいうくらいがベスト」。

パリマラソン

大会中の栄養補給

継続こそ力なり給水所は5km毎に設置されているが、のどが渇いてから飲むのでは遅過ぎる。その都度、水分補給を心掛けよう。前半は水、中盤から後半にかけてはスポーツドリンクが良いだろう。後半にスタミナが切れたら、バナナやオレンジなどを取るのも一案。最近ではウェストポーチなどに キャンディーやゼリー状のエネルギーになるものを持参している人もいるようだ。

大会後の過ごし方

マラソンを完走した人が必ず陥るのが、翌日動けないほどのひどい筋肉痛。これは初心者だから起こるのだろうか?

「プロの選手でもよくなります」と語る川越監督。原因の多くはレースでのオーバーペースにあるのだとか。レースまで十分なトレーニングが積めている人や均等なペースで走れた人ほど筋肉痛は少ない。

筋肉痛を少しでも予防できる方法は……
・ゴール後は、すぐに立ち止まらずに少し歩いてクールダウンする
・筋肉の張りや痛みのある個所をアイシングして炎症を防ぐ
・消化の良い炭水化物と筋肉の破損を修復させてくれるタンパク質を摂取
・汗で流れた水分、ミネラルも補給
・頑張った自分を褒めたいとしても、渇いたのどに大量のアルコールはキケン!
ゴール地点

メダルMarathon de Paris
4月10日(日)8:45 スタート
参加登録者:4万人
制限時間:5時間40分
参加方法:前年9月中旬からオフィシャルウェブサイトにてエントリー。4万人の定員になり次第、受け付け終了。
参加費:申し込み時期によって60 ~ 95€
www.parismarathon.com

La course du p'tit dej 朝食ラン
パリマラソン前日の朝に開かれる毎年恒例の朝食ラン。
コースはエコール・ミリテールを出発し、av de la Bourdonnais → av Georges Mandel → bd Lannes → av Foch の5km。
大会に登録していない人でも自由に参加でき、ゴールするとバナナなどの朝食が振る舞われる。

La course du p'tit dej 朝食ラン

 

フランス流マナーをマスターしよう!【食事会編】

フランス流マナーをマスターしよう!食事会編

フランス上流社会の食事会に招待されたらどう振る舞いますか?
階級社会の歴史を背景に、家庭のしつけを通して
最高の礼儀作法を身に着けようと競い合って いたフランス人。
価値観の変化とともに礼儀作法を厳格に守る意識は薄れていっても、
今なお上流社会においてそのルールは徹底されています。
今回は、マナーの大切な2本柱、食事と会話について
礼儀作法のスペシャリスト、ソフィーとともに解説します。
フランスの伝統的ルールを理解すれば、
堂々と快適な時を過ごせるだけで なく、
日本人ならではの応用も利かせられるでしょう。
(Texte et photo:Satomi Kusakabe)

ソフィーソフィー・ドラビーニュ
Sophie de La Bigne


ジャーナリスト。フランスの礼儀作法のスペシャリスト。創刊120年の歴史を持つベルギー の社交界雑誌「L'Eventail」に寄稿している。また、フランス、ベルギーで企業や各種団体に礼儀作法の歴史や社会生活のあらゆる場面での礼儀作法について講習なども行っている。出自は13世紀から続く貴族の家柄。
www.eventail.be

到着のタイミングとプレゼントは?

フランスでは食事に招待された時間以前に到着するのは、大幅に遅れて到着するのと同レベルで失礼なこと。まだ準備中かもしれない先方を慌てさせてしまいます。「Un quart d'heure de courtoisie(politesse)(礼儀の15分)」という言葉が表すように約束の時間以降、15分くらい遅れて到着するのが礼儀です。30分以上遅れるなら事前に連絡をして詫びておきましょう。

手土産は本来、何も持って行く必要はありません。招待は100%好意なのですから。ワインやデザートは、料理との相性を考えて既に準備されているはずなのでプレゼントにはNG。ただし、度々招待されているのに招待できないでいる場合や非常に親しい間柄なら、その限りではありません。保存が利いて人にも振る舞える、箱詰めチョコレートやワインなどのアルコールもOK。あくまで先方の立場になって、臨機応変にしましょう。

花束のプレゼント。当日持参しないのは、招待した女主人の仕事を余計に増やすという理由からです。贈りたい場合は、前日もしくは当日の朝に、お祝いのメッセージとともに花束を配達で贈るのが粋。翌日、お礼のメッセージを添えて配達するのも良いですね。

あいさつはどうする?

あいさつ玄関のドアが開き迎え出てく れた人々にあいさつをしたら、その先は女主人の導きに従いま しょう。招待客を迎える役割を担う女主人が男性を女性へ、若者を年長者へ、一言添えて皆に紹介してくれます。

顔見知りの女性や異性へはほおとほおをつけてあいさつ(embrasser)をしてもOKですが、初対面の相手には握手が礼儀。相手が手を差し出さないなら、軽く頭を下げるにとどめましょう。「Enchanté(初めまして)」ではなく、「Je suis ravi(e) de vous avoir rencontré(お目にかかれてうれしいです)」と、あいさつは一文にして交わします。自己紹介の際には名前だけでなく苗字もはっきりと。苗字から出身などが想像でき、会話のきっかけにもなるからです。

より格式的なあいさつベーズマン (baisemain) は、19世紀末のフランスでは王室の女性に対する行為でしたが、現在は目上または地位のある婦人などに敬意を表し行います。男性が頭を下げて女性の手を取り、口をそっと近づけます。ただし未婚の若い女性には決してしないように。また屋外や公共の場では行わないことに注意です。

着席の時が来たら?

招待客を待ちながら食前酒を楽しんでいると、女主人の合図、もしくは家の主人が自身の右隣に座る女性を食卓に導いて、いよいよ着席の時が来ます。食事が楽しく、スムーズに進むようにリードするのは女主人の役目です。

席順にもルールがあります。例えば、招待されたのが2組のカップルの場合、まず対面で座る主人・女主人を中心にして、両者の右隣が日本でいう上座Place d'honneur。女主人の右隣には男性が、主人の右隣には女性が座ります。もう一組の招待客が両者の左隣で、異性が交互に座ることになります。

Place d'honneurに座るのは優先的に、初めての招待者、最年長者、職業的に重要な人物の順。また、新婚1年未満の夫婦は隣り合って座ります。原則的に女主人が着席した後に、他の全員が着席します。

大人同士の食事には子供を連れて行きません。 招待者が認めれば、12歳くらいから大人との同席を許されますが、食事中はひたすら黙って 会話を聞くのみ。大人の会話からさまざまなことを学ぶためです。でも、この沈黙はチーズが終わるまで。デザートからは自由に話すことが できます。子供がテーブルを離れるときは同席する大人たちの許可を得ること!

料理を取る順番は?

料理大皿に盛られた料理を回して取る場合の順番は、まず主人側のPlace d'honneurの位置に座る女性から始まります。その後は主人の左側にいる女性、そして全女性にいきわたって女主人が取ってからPlace d'honneur の男性、女主人の左側の男性へと回り、最後に主人。

食事の始まりは女主人がナイフとフォークを取った時。これが合図となるので、「Bon appétit」と声を掛け合うのはNGです。また、日本人の習慣でもある互いのグラスを鳴らす行為もフランスでは下品な 振る舞い。皆のグラスのワインや水に気を配るのは主人の役割なので、欲しい場合には彼に声を掛けましょう。

料理出される料理は、すべて女主人が腕をふるった 自慢料理でしょう。それなら、と褒めたくなりますが、実は食事中、褒め言葉を女主人に伝えるのは1回のみ。なので、前菜で感激してもデザートまで待って、最後に伝えましょう。

スマートな会話とは?

会話食事中の雰囲気、相手のことをおもんばかりFaire des frais(愛想良く)、聞き上手、話し上手になるよう努めます。食卓では必ず両隣の人と話しましょう。自分のことばかり語ること、逆に黙っていることはどちらも悪いこと。長話よりも、短く的を射た言い回しの方が効果的。知性をてらうような名句などの引用はしないのが無難です。

「話術こそ人を制す鍵」と言われるフランス語の重みを理解し、正しいフランス語を使うことが大切です。例えばdes fois(時々)は使わずparfoisやquelquefoisを、De rienよりはJe vous en prieを、自分の伴侶はmon époux、mon épouse とは言わずmon mari、ma femmeを、papaや mamanの代わりにpère、mère を使いましょう。

初対面の相手には健康状態、子供や家族についてなど、あまり個人的なことを質問したり、自分からも深い身の上話をしたりしないように。天気などの一般的な話題から始めましょう。議論が煮詰まると食卓の雰囲気を壊す恐れの大きいPolitique(政治)、Religion(宗教)、 Argent(お金)の3つ(それぞれの頭文字をとって「PAR」) の話題は避けて。

食後、帰るタイミングは?

食後全員がデザートを終え、女主人が立ち上がると食事終了。女主人も含め、少しリラックスするようにテーブルから離れリビングへ移り、コーヒーやハーブティー、食後酒などで締めくくられます。移動した時点でタバコを吸うも良し、化粧を直しにトイレに行くも良し。

リキュール類が振る舞われたら居心地が良くなって長居しがち。夕食で深夜0時以降に招待客が残っていたら食事会は成功とされるので、長居 は食事会成功・不成功の物差しです。酔い覚ましにと女主人から出されたドリンクがオレンジジュースなどの清涼飲料だったら、「こよいはこれにてお開き」の合図。帰る準備をしましょう。

1人が帰ろうと立ち上がり皆にあいさつをし始めると、「Mouton de Panurge(羊の追随行動)」と表現されるように、招待客は続けざまに帰りがち。皆一斉に帰ると女主人が興ざめするので、ばらばらに帰りを告げるのがベスト。招待客が大人数で、宴もたけなわの中帰る場合は、家の主人と女主人にだけあいさつし、さりげなく去る「A l'anglaise(イギリス風)」という方法もあり。

知って得するちょっとした生活美学

サラダはナイフで切りません。いまやナイフはステンレス製ですが、ビネガーソースや卵の黄身などは銀製のナイフに付着すると黒ずませるからです。葉を折りたたむようにしてフォークで口に運びます。

グラスにワインを注が れる時は置いたままにします。ただし、「注ぎにくいから持ち上げて」と言われたら、その時には持ち上げて。

ナイフとフォークはお皿の両側に耳のように突き出して置きません。あまり突き出ないようにナイフの刃の部分を内側に、フォークは伏せて交差させ、お皿の中央に置きます。

目の前に置かれている美しいお皿、何のメーカーか裏返して見てはダメ。知りたければ、言葉にして女主人に褒めてみましょう。きっと、喜んで自慢の食器について語ってくれるはず。

manger(食べる)という動詞は避けましょう。prendre le repas(食事を取る)やmettre à table(食卓に着く)、dîner(夕食を取る)、déjeuner(昼食を取る)を使うとマル。

残ったソースを最後まで味わいたい場合は、小さくちぎったパンをお皿に置き、それにフォークを刺してお皿上を滑らせソースをしみ込ませ、そのままフォークで口に運びます。

ソファーやいすに座る場合、足は組まずに平行に並べるとエレガントです。

デザートのために大抵スプーンとフォークが用意されていますが、ヨーグルトやアイスクリーム、ソースなど以外の固形物はフォークを使います。メタル部分の面積が 広いスプーンに比べ、より料理が味わえるという実用的な理屈に由来します。

招待された日から数日中に女主人にお礼を電話や手紙で。お返しの招待は2~3カ月以内に。

 

あなたの知らないエッフェル塔

あなたの知らないエッフェル塔

フランスのシンボル、エッフェル塔。「フランスに来たならエッフェル塔に行け」とフランス人が自慢気に語るように、多くの人を魅了するモニュメントでもあるが、120年以上君臨し続けられ、考え尽くされた構造やそれを守る人々はあまり知られていない。エッフェル塔の内部の魅力に迫る。(Texte: Kaoru Urata)
建設中のエッフェル塔

フランスの鉄の女

「La Grande Dame de Fer(鉄の女)」と呼ばれ続けられるエッフェル塔。120年以上にわたりフランスを代表するモニュメントとして、知らない人はいないだろう。電波塔としてだけでなく、有料の史跡建造物入場者数としても毎年パリ市内では最多、世界で最も見学されているモニュメントの1つでもある。

アンテナ120本を含めた身長は324m、体重1万100トンの体を支える構造は、現代の構造学でも興味を抱く題材だ。

ギュスターヴ・エッフェル
ギュスターヴ・エッフェル

2年2カ月と5日間を掛けて、150名の職人が携わり、エッフェル塔は1889年3月31日、パリ万博のために竣工された。オ―プニングでは、生みの親であるギュスターヴ・エッフェル(1832 ~ 1923)が1710段を駆け上がり、塔のてっぺんにフランス国旗を掲げた。当初は20年間で解体予定のモニュメントとして想定されたが、圧倒的な来場者数をカウントし、建立の存続が決まる。現在では、年間約700万人の見学者が塔からパリを一望する。

土木技師だったエッフェルは、エッフェル塔と同時に自由の女神の構造も着手した。パリ市内に現在も残る建造物には、百貨店のル・ボン・マルシェやオペラ地区にある銀行クレディ・リヨネの鉄骨構造などがある。

リベット250万個、精錬された鋼鉄部品1万8000個で構成される1万100トンの鉄の女を4本の支柱が 支えている。しかし、「空気よりも軽い」と表現する研究家もいる。同等の立体に空気を圧縮すると、エッフェル塔の重量よりも重くなるからだ。

竣工当時から塔のエレベーターは、116mもの高さま で一気に昇降した。その10年後、万博のために技術を革新、水力によって動く仕組みにする。更にそれから約100年後の1986年に高圧性の水力油圧モーターを新装したものの、110年も前の仕組みが今日も継続的に使われている。これは、フランスの技術力がいかに卓越していたかを証明しているのではなかろうか。この水力装置は現在も塔の東と西側の脚部に納められている。

電波ステーション(左)エレベーター装置(右)
左)一般公開はされないが、地下には当時の電波ステーションの写真が数枚展示されている。第二次世界大戦中は、軍隊のラジオ局としても機能した。
右)エレベーター装置

命懸けの化粧直し

1929年にニューヨークのクライスラービルが建立されるまでの40年間、フランスの鉄の女は世界一高い建築としてその座を守ってきた。けれども、女性固有名詞を名乗る以上、最優先は美しさの維持。7年に一度、18カ月を掛けて、25名の作業員による化粧直しが行われる。現在は19回目の塗装を終え、2010年11月より20回 目のサビ取り作業がされている。塗装作業は、なんとすべて職人によるはけを使った手仕事。ペンキの量60トン。作業効率を上げるためにはスプレー塗装を用いた方が良いのではないかと一般人は考えるが、風が吹く状況下では、到底ありえない。

また、メイク技術として遠近法が使われている。下層、中層、上層部を3つのトーンに分け、上にいくほど明度を上げて仕上げることで、地上から見上げたときに色が均一に見えるのだ。美を保つためには、バックヤードに多大な労力を要することを忘れてはならない。

しなやかに強く

エッフェル塔
細部まで機能と美を兼ね備える

1999年12月末の嵐を忘れることはないだろう。フランス東海岸では、最強風速度216㎞/時を記録し、パリ市内でも路上駐車中の車が倒れた街路樹の下敷きとなり、広告塔の落下で多数の負傷者が出た。べルサイユ宮殿にある庭園のルイ14世時代からの古木も大被害を受けている。しかしこの日、フランスで最も背の高い鉄の女は軸が数センチ傾斜した程度だった。121歳にして無事故を誇る塔の頂上は、中心軸から左右それぞれに18cm程の揺れ幅を持つように設計されているのだ。当時、世界最長の建 築を手掛けたエッフェルの構造力学が、いかに考え尽くされていたものだったか裏付けている。けれども、命綱も着けずに作業する20世紀の職人を写す白黒写真が語るように、天災だけでなくあらゆる事故から守られているのは、鉄の女に守護神が宿っているからかもしれない。

明日を生きるために

エッフェルの構造学への敬服は今日も生きている。モニュメントの延命には現実的なアプローチが必要であると、エッフェル塔運営企業SETE(Société d'Exploitation de la Tour Eiffel) は新規プロジェクトを立ち上げた。構造部のメンテナンス管理をデジタルでシミュレーションするプログラムを開発する企業CETIM (Centre Technique des Industries Mécaniques)と技師の安全管理に卓越した技術補佐企業DEKRAとの協働プロジェクトだ。いつ襲うか知れない強風、予期せぬ温度変化による構造部の伸縮や変形、加重の耐久性のポイントを軸に、最悪の事態から守る対策が進行している。また、容姿端麗(たんれい)の維持には、美ぼうに伴う重量にも注意を払う。軽量化にも取り組んでおり、内部に設置されていたらせん階段1840トンを断片的に売却した。これによって画廊やコレクターから得た400万ユーロの収益は、今後のメンテナンスに充当される。今後はテロへの対策にも取り組んでいかなくてはならないだろう。

運営・管理事務所(左)多角的シミュレーションするソフト(右)
左)ラジオ、テレビ用の電波機能を運営・管理する事務所は公園の一角にある
右)エッフェル塔を多角的にシミュレーションするソフト

フランスの象徴として

さまざまなイベントや行事に伴うイルミネーションは、鉄の女を魅了させてやまないナイトショーである。近年では、2000年を迎えるまでの1000日間をカウントダウン表示し、2000年の幕開けには、3分30秒の花火のダンスで観衆の目を見はらせた。以降、日没後2万灯が毎時、10分間点滅するデザインに切り替わる。世界的な「省エネデ―」を記念した2008年2月15日は、5分間イルミネーションを消した。毎年年末年始に、車やセーヌ川沿いの船のクラクションが一斉に鳴り響く新年を、エッフェル塔のふもとで、シャンパンボトルの栓を抜き喜ぶ人々が埋め尽くすのは、恒例である。

エッフェル塔
左)毎夜ドレスアップする鉄の女
右)夜の顔としてパリを彩る

国外の観光客に限らず、フランス国内から上京する人たちも、必ずエッフェル塔を見学する。むしろパリジャンの方が「一度も上ったことはない」と言う。 今さら関心を寄せるモニュメントではないが、親近感がある。街のあらゆる角度から見えるエッフェル塔は、文化と工学が融合した象徴だ。見慣れた景色として安らぎを与えている。

いつの時代も新しき物に対して、批判の評を浴びせるフランスだ。122年前にも多くの知識人が鉄の塊に抗議した。それに対してエッフェルは、「巨大は醜いものなのだろうか?ピラミッドを見よ。人間の能力を寛大に表現しているのではないだろうか。なぜ、パリに存在することで批判を浴びるのか、私には理解できない」とコメントを残している。

技師であった彼は、工学の「美しさ」を表現した先駆者でもあ ろう。アナログからデジタルへと移行していく時代に、将来的にも電波塔として大きな役割を果たしつつ、パリの風景から切り離せない存在のエッフェル塔。歴史と時代を経て、「鉄の塊」 が、エッフェルの技能と社会の批判にも勝利を得て「鉄の女」に昇格し、さらに威厳に満ちた姿に一目ぼれをする人々は後を絶たない。

La Tour Eiffel
住所 Champs de Mars 5, av Anatole France 75007 Paris
M Bir-Hakeim⑥、Champs de Mars-Tour Eiffel RER C線
TEL 01 44 11 23 23
入場料 エレベーター2階まで 8.10€、最上階まで 13.10€、
階段2階まで 4.50€
年中無休
WEB www.tour-eiffel.fr
エレベーター 9:00-23:45、階段 9:30-18:30
最終エレベーター 最上階 22:30、2階 23:00
6月中旬~ 8月末
エレベーター・階段 9:00-24:45
最終エレベーター 最上階 23:00、2階 24:00
ライトアップには投光機336台と、イルミネーションの点滅に2万個の電球を使用。日没後25時まで、夏季は26時まで、1時間ごとに10分間点滅する。
 

動物たちの魂を救う「トンガ受け入れの地」

動物たちの魂を救う「トンガ受け入れの地」 - Tonga Terre d'Accueil

レオとティヴィヨン氏
サーカスの動物たちはどのような生活を送っているのか。
実験用の動物の行く末はどこなのか。
フランスには、心と体に傷を負った動物たちを受け入れる
「トンガ受け入れの地」(Tonga Terre d'Accueil)という
施設がある。
この国内唯一の野生動物の避難所を、取材した。
そこで出会った人、動物たち……。
魂や心があるのは、人間だけなのだろうか。
(Texte et photo : Miwa Arai)
写真:レオとティヴィヨン氏

「やあ子供たち、今日はどうだい?」。ティヴィヨンさんが優しく声を掛けながら、扉を押す。清潔な、氷点下の冬でも心地良い温度に保たれているその建物の中に入ることができるのは、ティヴィヨンさんとそのスタッフだけ。見学者の好奇の目にさらされることのない、彼らが背負ってきた過去から隔離された、守られた場所。そこに、2頭のトラと8頭のライオンがひっそりと生きていた……。

捨てられる野生動物

人間が捨てるのは犬や猫だけではない。経営難または違法所有のサーカスの猛獣や、お払い箱となった動物実験のサル、税関で没収される密輸野生動物など、私たちの気付かない所で、さまざまな理由で人間に利用され捨てられる動物たちがいる。

ピエール・ティヴィヨンさん(Pierre Thivillon)は2008年、 そんな野生動物を保護する施設、「トンガ受入れの地」(以下、 トンガ)を創立した。1972年から動物公園を運営していたティヴィヨンさんがトラやライオン、サルなどの行き先を失った野生動物を引き取る活動を始めたきっかけは、虐待されていたサーカスのカバを南アフリカの自然公園へ戻すプロジェクトだった。

サーカス、野生動物の芸

フランスでは寒い冬はサーカスのハイシーズンだ。サーカスの多くは、いまだに象やカバ、猛獣などの野生動物を使ったショーをしている。後ろ足だけでピョンピョン跳ね、火の輪をくぐるトラやライオン。野生動物にはポーズの達成感を喜んだり、ご褒美欲しさに努力したりする本能はない。芸は、絶対服従で強要するものだ。だから、サーカスの動物の調教は、決して子供に見せられるようなものではない。そこにあるのは、電気ショックを与える棒や鋭い突起の付いた凶器棒を使い、強い立場に立った人間の暴力と、痛みと恐怖に支配された動物の悲痛な鳴き声。人間と動物の“仲の良いパフォーマンス”は、幻想だ。

また、サーカスは移動する。動物の住空間は、移動に便利なトレーラーで引けるサイズの小さな檻(おり)だ(一般的に2.5立方メートル)。やっと立ち座りができるだけのギリギリのサイズの鉄格子と、むちで演技を強いられる舞台との往復だけが彼らに与えられたすべて。サーカスの動物の多くは、精神的にも肉体的にも病み、常に頭を左右に振ったり、その場でひたすらぐるぐると回ったりの異常行動を取る。こうした舞台裏の事実はなかなか知られることがないけれど、数分間のショーという“気分転換”のために、私たちは数十年にわたる彼らの一生を、絶え間ない恐怖とともに小さな檻の中に閉じ込めている。

棒でたたかれた直後の象
調教時、棒でたたかれた直後の象

檻の中で暮らすサーカス団の動物
檻の中で暮らすサーカス団の動物

行き先のない命

サーカス団を規制する法「動物園、動物を保有するサーカ スなどに関する省令」(1978年8月21日制定)には、「より適切な環境で動物を飼育する」よう書かれてあり、農務省とエコロジー・持続開発省の傘下にある狩猟事務局(Office National de la Chasse ) は時折監査を行い、不法所持(野生動物を飼うには免許が必要)やひどい飼育環境を摘発することがある。そこで違法と判断された動物たちは当局が没収することができるのだが、実際には没収した動物を引き受け る施設がない。まずはその動物の飼育免許を持つ動物園に依頼をするが、動物園にとって動物の増加は大きな投資。ある意味、使い古された、ときにはトラウマを背負った精神不安定な動物のために費用を割き、受け入れを了承するケースはまれだ。結果的には“行き先”がないせいで、数少ない救われるチャンスをつかんだ動物たちの多くには、そのまま同じ状態で放置されるか薬殺されるかの2つの道しか残されない。

サーカスの動物について詳しく記したが、例えば動物実験施設で“余った”検体や没収された密輸動物についても同様だ。過酷な扱いの果てに、「引き取り先がない」と薬殺する。

動物実験ラボにいたサル
動物実験ラボにいたサルは人間の手を怖がる場合が多い

サルの檻
動物実験ラボで使われていたサルの檻。
自然界では群れを成す習性の彼らは、
長い間1匹だけで50cm ×70cm の檻の中で実験の順番を待っていた。

「トンガ受け入れの地」の始動

2007年、サーカスのカバの引き取りを依頼されたティヴィヨンさんは、自身の動物公園で3カ月介抱した。今そのカバは南アフリカの大草原に戻され、のびのびと仲間と遊んでいる。「私が受け入れることで、苦しみや安楽死という運命か ら解放される動物がいる」。これを機にティヴィヨンさんは、動物公園の運営とは別に、引き取り手のない野生動物の受け入れを本格的に始めることを決意。施設の名はそのカバの名、トンガから「トンガ受け入れの地」とした。

とはいえ、動物を受け入れる建物の建設費、飼育費は膨大だ。そのせいで、それまでフランスにはそんな施設が1つも 存在しなかった。しかし、「私がやらないと、誰かがやってくれるのか?」と自問し、ティヴィヨンさんは全力で受け入れ態勢を整え、建設資金の調達に奔走。その懸命の説得に、ロワール県議会や環境省、ブリジット・バルドー財団など幾つかの動物愛護団体が建設費援助を約束し、2010年1月、2棟の建物が完成した。

トンガ受け入れの地の動物舎
トンガ受け入れの地の動物舎

トンガの名が公になると、許容量をはるかに超える引き取り依頼が寄せられ、あっという間にウエイティングリストができてしまった。建物完成から1年がたった2010年12月までに、76匹のサル、2頭のトラと9頭のライオン(うち1頭は後に南アフリカの保護地区へ移動)を受け入れ、舎は満室。今なお33頭のライオンやトラと数えきれないほど多くのサルたちが、フランス各地のサーカスや実験場の檻の中でトンガの空室を待っている。
トンガは、絶望した動物たちにとっての“奇跡”だ。

雄ライオンのシンバ
珍しく去勢されていない雄ライオンのシンバ。
かつていたサーカス団は免許を持たなかったため、
トレーラーの檻の中から一歩も外に出られずにいた。

両腕を広げて受け入れる

現在トンガは、増える一方の引き取り依頼に応えるべく新たな建物を建築中だ(1~2頭につき3m×7m×4mの室内と6m×9mの野外のスペース)。固く冷たい鉄の檻しか知らなかった動物たちはここで、冬には弱暖房が入り床には松の木片チップを敷き詰めた清潔な屋内と土の屋外を自由に行き来し、芝の上で陽の光を浴びることもできる。

「もっともっと自然に近い広々としたスペースを与えてあげたいのですが、飼育費や人件費などはすべて自前、運営はとても厳しい状況です。でも、でき得る限りの状態だとしても、とにかく受け入れなくては、動物たちはどんどん薬殺されてしまいます。ここに来る猛獣のほとんどは爪を抜かれ(省令では禁止されている)、去勢されていて、野生には戻せません。将来的には、ここを中継所としてより環境の良い動物園またはサンクチュアリへ行くのが、彼らにとって最良の余生でしょう。

私の役割は行き場を失った動物たちに『ここにおいで』と両腕を広げること。彼らの体に残る傷や、掃除用のブラシの柄や人間の手を見ただけでパニックに陥る様子を見れば、彼らが何をされていたのか察しはつきます。でも、過去の犯人探しが私の目的ではありません。私たちには、彼らの過去より未来の方がずっと大切なのです」

3歳の雄ライオン
ひなたぼっこをする3歳の雄ライオン

ピエール・ティヴィヨン氏
ピエール・ティヴィヨン氏

動物1匹を救うことで世界は
変わらないだろう、
でも、その動物にとっての世界は、
全く違ったものになる。

Sauver un animal ne changera pas le monde,
mais pour cet animal,
le monde change pour toujours.

~トンガ動物舎の入口に掲示されている言葉 ~

67歳のティヴィヨンさんは、彼と志を共にする夫人と園内の質素な住まいに暮らし、トランシーバーを24時間肌身離さず、動物公園の切符切り、園内の掃除、動物の世話はもちろん、トンガの動物舎建築の力仕事さえも自ら手伝う。経費を切り詰めることで、1頭でも多くの動物を引き取れるからだ。850匹の動物たち(動物公園を含める)を「子供たち」と呼び、必ず毎日1匹1匹に声を掛けに行く。何十年もの間、休日は1日も取っていない。彼の誠意は、命懸けだ。

「もし明日、『引き取ってくれないなら、その動物たちは安 楽死させる』と言われたら、私はやはり、何が何でも彼らを受け入れるのだろう、と思います。ばかを始めたら、ばかをやり通すしかないです」


2010年2月からここに入居している若い雄ライオンのレオ。柵に手を近付けるティヴィヨンさんの目を見つめ、その手に鼻頭をこすりつけた。そのまなざしは深く優しく、まるで私たち人間が彼にしてきたことを、赦(ゆる)してくれているかのようだった。

雄ライオンのレオ
ひなたぼっこをする雄ライオンのレオ。
かつては他のライオンと共に経営難で興行を中止した
サーカスの暗い檻の中にいた。
仲間は他のサーカス団や動物園へ引き取られ、
最後に檻に残っていた1頭。

Tonga Terre d’Accueil

ピエール・ティヴィヨン氏が運営する動物公園敷地内に併設。2011年2月、新たに2頭のライオンを受け入れた。現在建設中の建物は3月に完成予定。現在寄付金(金額不問)の協力および年会費20ユー ロの会員を募集している。詳しくは公式サイトを参照。

c/o l'Espace Zoologique 42800 St-Martin la Plaine
(リヨンから北西約45km)
TEL : 04 77 75 22 91
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
asso.tonga.over-blog.com

Espace Zoologique(動物公園は一般公開)
TEL : 04 77 75 18 68
www.espace-zoologique.com

トラのティグルー、
ライオンのベンハー、ターザン、ミュランの場合

最初の入居者トラのティグルーは、建物の完成を待っていては間に合わず特別措置で引き取った。ティグルーのいたサーカスにはトラが2頭いた。度々の勧告にもかかわらず、1頭はその劣悪な飼育状況のせいで死亡。再監査で、生き残った1頭は押収できることとなったが、受け入れ先がない。そのままにすればもう1頭のように、檻の中で死を待つだけだっただろう。「まだ建物ができていないが、サーカスの檻のまま引き取る」と、ガリガリにやせた推定5歳(トラやライオンの寿命は約20年、5歳は元気な盛りの子供)のティグルーを敷地内に受け入れ、ティヴィヨンさんは週に60kgの肉を食べ させ獣医と共に手厚く介抱した。「爪は抜かれ筋肉は全くなく、胃は空で異常にやせていました。おそらく生まれてからずっと、2.45m×3mの檻の中を、ひたすら行ったり来たりするだけが彼の気晴らしで、頭を柵に押し付けていたのでしょう。頭と額、鼻先に腫瘍(しゅよう)ができていて、そして何に対しても無反応でした」。トンガのジャン=クリストフ・ジェラール(Jean-Christoph Gérard )獣医は言う。

ティグルー
最近のティグルー

老ライオンのターザンとベンハーは資金難だったサーカスで発見された。引き取った時点で推定18歳。「彼らの3立方メートルの檻にはふん尿が20cm積もり、くず肉しか与えられていなかったために、骸骨(がいこつ)のようにやせ細っていました」(同獣医)。雄ライオンのミュランも爪を抜かれ、去勢されていた。また、「お腹の皮膚がただれていたのは、檻の中で排せつの掃除がされておらず、常に自分の尿の上に横たわらずを得なかったせいと思われる」(同獣医)という。所有サーカス団が無免許だったため、舞台に出ることもなく、トレーラーのオリの中に閉じ込められていたのだ。

ベンハーとターザン
トンガ到着時のベンハーとターザン。
去勢されているため、雄特有のタテガミはない。

2010年12月の取材に訪れた日、板の上で気持ち良さそうに昼寝をしていたティグルー、タイヤで無邪気に遊んでいたターザン。トンガに身を寄せる動物たちは皆、それぞれが、重い過去を背負っている。

最近のベンハー
最近のベンハー

 

パリコレ レポート 2011春夏オートクチュール&2011/12秋冬メンズ

パリコレ レポート 2011春夏オートクチュール&20011/12秋冬メンズ・コレクション編

大手ラグジュアリーブランドの不振と、
H&MやTOPSHOPなどのファストファッションの躍進。
ファッション界に現われたこの不可思議な女神と共存すべく、
去る1月下旬に行われたパリ・コレクションは、
それぞれのブランドが「ファッションとは何か」
「モードに何ができるのか」を問答しているように映った。
巨星、アレクサンダー・マックイーンの突然の死後、
路頭に放り出されたストレイシープは、新たな仮想ヒーローを求め、
いったいどんな漂着地へとたどり着いたのであろう。

本物のエレガンスを求めて

2011/12秋冬メンズ・コレクションでは、ここ数年来、全米で大ヒットしたTVドラマ「Mad Men」さながらの、60年代風のクラシックで渋めのスーツスタイルが台頭する中、多くのブランドが「軽さ」、「透明さ」、そして「エレガンスへの回帰」を新たなキーワードとして掲げた。

「Un retour de l'élégance」。ランバンのクリエイティブディレクター、アルベール・エルバスはこの言葉に希望を託す。「今の若者は何がクールか、何がセクシーかばかり追いかけている。ランバンは彼らに、エレガンスとは何かを見せてあげたい」と、語った。極上の素材と気の利いたデザインで、今の気分を絶妙に切り取ったのが、パリコレ初参加の3.1 Phillip Lim。「仕立屋が持つ特有の雰囲気」という独自の表現を使って自身のエレガンスを説明するデザイナーのフィリップ・リムは、シャープで仕立ての良いジャガードのスーツに、透明感のあるグリーンやネイビーの異素材を組み合わせるなど、モダンで独特の軽さを表現した。この流れに対抗する最先鋒が、レディー・ガガのファッション・ディレクターとしても有名な二コラ・フォルミケッティによるテュエリー・ミュグレーだ。「僕自身はデザイナーではない。フェースブックやインターネットを駆使して、新しい方法で服を発表する」。いかつく張った肩ラインや、ゴム、プラスチック、Latexで仕立てられたジャケットは暗く重い。彼の目は確かに未来を見ているが、その危険を恐れない大胆な野心が「Enfant Terrible(恐るべき子供)」となるかはまだまだ謎だ。


写真左)デザイナー、ジョン・ガリア-ノによるクリスチャン・ディオールの オートクチュール・コレクション
写真右)ジャンポール・ゴルチエのメンズ・コレクションでフィナーレを飾る アンドレイ・ペジック

クチュールの価値を見せつける、
淡く繊細な表現

メンズ・コレクションに引き続き行われた、2011年春夏オートクチュール・コレクションでは、全体的にヌーディカラーやペールトーンを使ったメゾンが目立った。クリスチャン・ディオールは、ムッシュー・ディオールのニュールックのシルエットとパステルカラーを引用し、50年代のヴィンテージ・クチュールの雰囲気を色濃く出した。ハードさと柔らかさの両極を絶妙に表現するジバンシィのリカルド・ティッシは、日本人舞踏家の大野一雄と鶴をインスピレーションに、目もくらむほど繊細でシャープなクチュールを完成させた。パリの人気者ジャンポール・ゴルチエは、フレンチカンカンとパンクのテイストを融合させ、独創的なゴルチエワールドを展開。グランドフィナーレにはクレイジー・ホースのトップ・ダンサーを登場させ、会場の空気は一層華やいだ。

変化する美の価値観

今回のコレクションでにわかに話題をさらったのが、ゴルチエのショーのフィナーレにマリエ(ウェディングドレス)を身にまとい登場したアンドレイ・ペジックを筆頭にする、いわゆるトランスジェンダー・モデルの存在だ。彼は、同ブランドのメンズ・コレクションでもトップとフィナーレを飾り、その美貌(びぼう)は観客を翻弄した。更に、トランスセクシュアル(性同一性障害)モデル、リア・Tは、ジバンシィの2010年秋冬広告モデルに抜擢され注目を集めた後、同ブランドのランウェイにもデビュー。最近では高級ファッション誌「VOGUE PARIS」で魅惑的なヌードを披露するなど、男女の性差に宿る美的価値観に、鮮烈で新しい意味合いを与えつつある。

性の垣根が曖昧になった現代ではあるが、世界にはトランスジェンダーを受け入れない国もまだまだ多い。モードが時代を映す鏡であるのなら、きっと彼/彼女たちの登場は社会を刺激し、モードが再び社会を動かす一要因としての力を取り戻すことができれば、不可思議にはびこった女神たちとの共存も、そう遠くない未来にあるのかもしれない。

(Texte: Fumiya Hisakawa)

 

フランス柔道・柔術・剣道等連盟会長 ジャン=リュック・ルージェさん

発展し続ける柔道の本質を守りたい - フランス柔道・柔術・剣道等連盟会長 ジャン=リュック・ルージェさん

教育的で道徳的な要素を学べ、社会生活に必要な基礎を養えるのが柔道だ。フランスの柔道人口はおよそ60万人。フランス人初の世界チャンピオンであり、柔道をフランスの国民的スポーツの域にまで育てた現仏柔道・柔術・剣道等連盟会長(FFJDA)のジャン=リュック・ルージェさん。柔道と共に半世紀近くを歩んできたフランス柔道の功労者に聞く。(Texte: Satomi Kusakabe)
ジャン=リュック・ルージェさん
Jean-Luc Rougé
Jean-Luc Rougé1949年5月30日生まれ。13歳で柔道を始める。75年、世界柔道選手権にてフランス人初の金メダルを獲得。その他、選手時代には欧州選手権で4回、フランス選手権で12回の優勝を経験。80年の現役引退後は、仏柔道・武術・剣道等連盟(FFJDA)にて後進の指導に当たるとともに、フランス及び欧州の武道普及と発展に努める。2005年、FFJDA会長に就任し現在に至る。国際柔道連盟8段。

柔道を始めたきっかけは?

1961年の世界選手権パリ大会でオランダのアントン・ヘーシンク選手が優勝したシーンをテレビで見ました。日本の伝統スポーツで西欧人が勝った。アジアとヨーロッパの戦いがとても印象的で興味深かったです。柔道を始めたのはそれから間もなく。当時、フランス柔道は小規模でしたが、私の住む町に柔道クラブがあり、自然と通うようになりました。

柔道で大切なことは何でしょう?

まず大切なのは、肉体エネルギーの有効利用。攻撃するために相手の力を使うことです。「精力善用」「自他共栄」。つまり、我々が進歩できるのは、相手があってこそなのです。

結果とは、克己、つまり己に克(か)つということが理解できたかということ。柔道の「道」は終わりなき道です。道端にいたとしても毎回勝敗を与えられ、道を進み続けます。ときには敗北が、勝利よりも己を前進させることがあるのです。

ルージェさんにとって柔道とは何ですか?

人生そのものです。そして私の思想体系でもあります。日本の文字が象徴的な事象や歴史を語るように、日本人は言葉の制限から放たれた幅広い思想を持っています。そんな日本的な思考法が、私にはしみ込んでいます。

一般的に、始めた頃は柔道を武術だと感じますが、後にそれ以上のものだと気付きます。社会生活を営むために大切なことを学ぶので、柔道とは学校の補習のようなものですね。

パリのInstitut du judo
2008年、パリのInstitut du judoでの鏡開きの式典にて(右から2人目)
©FFJDA

日本とフランスの柔道に違いはありますか?

まず前提として、日本の柔道は柔道の基本です。また、柔道はフェンシングに似ていますね。フェンシングは取り決めのある決闘です。相手を殺せば次の決闘はできません。柔道も、侍の決闘に適さないことは禁じ、相手を傷つけないよう、取り決めのある武術です。安全性が保証され、相手を尊重し、ぎりぎりまですべての技を掛け、完全に自由に1対1の戦いを交えることができます。

異なる点で言いますと、日本では練習量や形稽古(かたげいこ)に、より重きを置いていると思います。練習をたくさんすることで、相手というものを自然の要素にするのです。フランスでは練習の質を重視し、練習時間は短いですね。

他の武道に興味はありますか?

フランスで空手、合気道、テコンドー、カンフーなどを含む武術連盟を創設し、会長を務めました。また私は、柔術や剣道、なぎなた、チャンバラ、そして相撲を含めたフランス連盟の会長でもあります。

フランスでの柔道人気の理由と今後について、どのようにお考えですか?

フランス柔道は発展し続けています。2009年の仏柔道連盟新加盟者は5000人以上でした。増える一方の柔道人口で、特に若者の割合が高いのは、子供の教育方法として親御さんが勧めているからです。柔道は他のスポーツの基礎となる均衡、自制などの、教育的で道徳的な要素を持っているため、子供たちはまず柔道からスポーツを始めます。

今後に関しては、我々は柔道の文化、特別な「一本の文化」を絶対に維持しなければなりません。試合で一本をとる、それは侍の一本を印すこと、つまり相手を制することを意味します。最も大事なのは、最後まで相手を制すること。そのために技は完璧でなければなりません。我々がこの文化を守れるならば、柔道は実践においても、哲学面においても、限りなく発展することでしょう。

2月のグランドスラム・パリ、また8月の世界柔道選手権パリ大会への意気込みをお聞かせください。

毎年2月に行われているグランドスラム・パリ、今年の大会は2012年ロンドン五輪のための選考トーナメントでもあり、とても重要です。また世界選手権のリハーサルとして、新しいことに挑戦してみるのも良いと思っています。

我々は常に1位を狙っています。東京で行われた2010年の世界選手権では日本に次いで2位でしたが、今年8月の世界選手権パリ大会では日本を押さえ、1位を目指します。

外務大臣賞がFFJDAに贈られた
平成22年度外務大臣賞がFFJDAに贈られた。
在仏日本大使公邸にて齋藤大使(左)と。

大会情報

● グランドスラム・パリ2011
毎年開催される国際柔道大会グランドスラム・シリーズのパリ大会。2011年は2月5・6両日にパリ・ベルシー総合体育館にて開催。
入場料:22 ~42€/日

● 世界柔道選手権2011パリ大会
五輪に次ぎ重要とされる柔道の国際大会で、パリは14年ぶりの開催地となる。8月23~28日、パリ・ベルシー総合体育館にて開催。
入場料:22~105€/日

www.ffjudo.com
www.bercy.fr

イギリス 剣道道場「無名士」主催者 テリー・ホルトさん

ドイツ弓道連盟名誉会長 フェリックス・F・ホフさん

 

シラク元大統領のメッセージ

シラク元大統領のメッセージ - ジャック・シラク元仏大統領から「フランスニュースダイジェスト」読者の皆様へメッセージが届きました。

Propos de JACQUES CHIRAC
au journal France News Digest

13/12/2010

Je n'ai jamais fait mystère de l'affection, de l'estime, de l'admiration que j'ai pour le Japon et les Japonais.

Une estime, une admiration nourries par la vieille culture de ce pays, par sa capacité à se renouveler, à créer de nouvelles tendances.

Confrontée à des crises sérieuses, la communauté internationale a beaucoup à apprendre du Japon qui a su devenir une puissance économique et financière de premier plan, sans jamais abandonner son modèle de solidarité sociale, la fidélité à sa culture ou sa relation ancestrale à la nature.

Le sens de l'équilibre entre l'homme et la nature, ancré au plus profond de votre civilisation et de votre histoire, l'éthique de la solidarité, ciment de votre société, voilà en effet quelques unes des valeurs qui peuvent inspirer la quête d'une nouvelle philosophie du progrès dont notre époque a tant besoin.

C'est au Japon, en 2000, qu'est né le Fonds mondial de lutte contre le Sida, la tuberculose et le paludisme. C'est au Japon encore que la communauté internationale s'est enfin rassemblée pour tenter de lutter contre le réchauffement climatique.

En 2030, notre planète comptera 7 milliards d'habitants, dont 5 milliards vivront en ville. Trouver les conditions d'un développement qui soit durable est le défi le plus important que notre monde doive relever. Nous devons garantir les droits, aujourd'hui menacés, des générations futures.

Ces sujets sont au cœur de l'action de la fondation que j'ai créée pour continuer mon combat en faveur de la paix et du développement. Son action se concentre sur l'accès à des médicaments de qualité, l'accès à l'eau, la lutte contre la déforestation et la désertification, enfin la sauvegarde des langues et cultures menacées. Ce sont quatre sujets qui touchent directement la sécurité des hommes et des sociétés, quatre sujets qui conditionnent la paix.

Je serais heureux que ma fondation noue au Japon des partenariats. Le Japon a en effet une conscience aiguë des enjeux et montre souvent la voie en matière d'environnement ou de solidarité comme l'ont encore montré récemment l'organisation de la TICAD IV ou celle de la réunion des amis du Fonds mondial.

Jacques CHIRAC

ジャック・シラクから
フランスニュースダイジェストの皆様へ

2010年12月13日

日本、そして日本人に対する愛情や尊敬の念、感嘆の思いを表さずにはいられません。

尊敬の念、そして感嘆とは、この国における古い文化、また新たな傾向を生み出し、新境地を切り開くことのできる力へ対する思いです。

自国の文化や先祖代々続く自然との関係を守りながら、社会の連帯における既存のモデルを決して放棄することなく、一流の金融・経済大国になる術を心得る日本から、厳しい危機に直面している国際的共同体が学ぶことは数多くあります。

日本人の文明や歴史の最も深いところに根差す人間と自然間とのバランス感覚、連帯の倫理、社会の絆。これらは現代、強く必要とされている進歩のための新しい哲学の模索へと向かわせることのできる価値あるものです。

2000年、世界基金(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)が提唱されたのは日本でした。地球温暖化に立ち向かうための枠組みが締結されたのも日本です。

2030年には、地球上の人口は70 億人に達し、そのうち50億人が都市で生活すると予想されています。永続的な発展のための条件を見出すことは、我々のこの世界が成すべき最も重要な挑戦です。今日脅かされている、次世代へと続く権利を、我々は保護しなければなりません。

前述したこれらの主題は、平和と発展のための戦いを続けるため設立したシラク財団の中心的活動です。財団は、良質な医薬品へのアクセス、水へのアクセス、森林破壊や砂漠化への対策、絶滅の危機にさらされている言語や文化の保護に専心しています。これら4つは、人間や社会の安全に直接かかわり、平和の条件となるものです。

シラク財団が日本とパートナーシップを結ぶことができたらうれしく思います。事実、日本は問題の核心に対する鋭い意識を持ち、近年、第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)や世界基金の会合で見られたように、環境や連帯への道を頻繁に示す国であるのです。

ジャック・シラク

シラク氏と日本

シラク氏の親日、知日ぶりは知られており、特に美術、歴史などの分野に造詣が深い。青年時代にギメ美術館で出会った日本美術に開眼。美術だけでなく、文学などさまざまな日本文化に熱中した。日本美術協会により設立された文化芸術分野 におけるノーベル賞的存在である高松宮殿下記念世界文化賞においては長年審査員を務め、現在は名誉顧問でもある。歴史分野では、特に江戸時代に詳しく、「根付」(印籠などのさげ物のひもを帯に留める留め具)の収集家でもある。

パリ市長時代には、当時の東京都知事、鈴木俊一氏の招きで定期的に日本を訪れ、交流した。1995年に大相撲パリ公演を実現したほどの相撲ファンでもあり、愛犬にはスモウと名付けている。

日本への渡航はこれまで50回以上におよび、2009年に出版された回想録「Mémoires, Chaque pas doit être un but」(NIL)の中では「日本ではまるで自宅にいるようにくつろぐ」と記している。

ジャック・シラク(Jacques Chirac)
1932年11月29日、パリ生まれ。54年にパリ政治学院、59年にはフランス国立行政学院(ENA)を卒業。56年にベルナデット=ショドロン・ド・クルセルさんと結婚、後に2女をもうける。59~62年、会計検査官(国家公務員)を務め、67年には国会 議員選挙にコレーズ県より出馬して初当選、ポンピドー内閣の下、社会問題相として初入閣も果たす。72年に農業相、74年に内務大臣をそれぞれ務めた後、74年首相に就任。77~95年パリ市長を務め、その間、86年に再び首相の座に返り咲く。95年フランス 共和国大統領に就任、2007年5月16日まで2期にわたり大統領を務める。07年、持続的開発と文化間対話を目的にシラク財団を設立。現在は同財団の理事長として精力的に活動を行っている。

La Fondation Chirac
1980年代後半から懸念され始めた、地球の平和と生き残りにとっての重大な3つの危機、「文化の画一化」、「環境の破壊」、「貧困問題」に立ち向かうべく設立された。衛生的な飲料水や良質な薬品を供給し、森林や文化と言語の多様性を保護するための活動を行う。また、持続的開発と文化間対話に多大な貢献をした人物にシラク財団賞を毎年授与している。

www.fondationchirac.eu

フランス人が見た日本

ある晩のカルチエラタン。予約を取らないブラッスリーで、フランス人4名のテーブルに合い席した。彼らがデザートを食べ終わる頃、そのうちの1人の女性が話し掛けてきた。「どちらのご出身ですか?」。古希をとっくに過ぎていると思われるその女性は、1960年代に東京でフランス語のテレビ番組を半年間担当したという。スターの華やかさとチャーミングさをしつらえる彼女は、日本で体験した数々の思い出を紡ぎ、「日本は素晴らしい国だわ」と微笑んだ。

20~30年前であれば、到底ありえなかった光景だろう。筆者は、人差し指で両目をつり上げて「シノワーズ!(中国人)」と言う子供たちに囲まれて育った。日本人女性の伏し目を「美しい」ととらえる時代が到来するとは、想像しなかった。後にも、中国の中に日本が存在していると思っていた友達がいた。「フランス人とイタリア人は同じ国民なの?」と尋ねると、真っ赤になって怒っていたことを今でも思い出す。

文化の奥深さ

時代がたどる道程は大きい。生活という実体験の中で育まれる文化とそれに対する人々の関心は著しい変化を成す。インターネットの普及により、リアルタイムで異文化を垣間見ることが可能な情報社会では、時差を問わずコアな情報を一早く入手できてしまう。商品の購入も容易になった。「どこでもドア」がモニター越しに存在する。

日本の文学、映画、料理、芸術などを日本人以上に探求するフランス人も珍しくはない。日本人として恥をかく場面に、海外在住の日本人は遭遇したことがあるだろう。フランスのことをフランス人以上に知る日本人が存在するのと同様に。

以前は、日本を象徴する言葉として、「ゲイシャ」「サムライ」「ハラキリ」などの具像的な言葉の引用が多かった。昨今では、「カワイイ」という形容詞が、フランスでもアートやファッション業界の用語として使用される。さらに、落語や狂言など、“笑いのツボ”に触れる表現にまで、日本語は介入している。

昨年、べルサイユ宮殿で開催された「Murakami Versailles」展は、記憶に鮮明だ。アートを1つのブランドにした日本人作家、村上隆をフランスの相伝文化遺産に迎え入れた。追記すべきは、彼の才能を早期に見出した1人に、フランス人の画廊エマニュエル・ペロタンがいたことだ。年月を掛けて才能を信じ、理解する努力を惜しまない姿勢は、フランス人から学ぶべき業である。

建具職人
建具職人 斉藤氏の工房にて

独特の品や風情

今回はあえて、明日の社会人を輩出する教育の現場で日本に携わるフランス人に尋ねてみた。

「日本人のモノの見せ方には、独特な品や風情があります。我々も見習いたいものです」と言うステファン・L氏は、フランスで日本語を習得した後に、日本で生活した経験を持つ。現在はマルセイユのオノレ・ドミエ高校で日本語専任講師を務める。

「会議になるとフランス人はとにかく話したがり、意図が外れてしまうこともしばしばですが、日本人には管理能力が備わっています」と、ビジネスの現場においては差異の方が多いことを暗示させながらも、両国における共通の関心事として、「“食べる”こと」を指摘する。

昨今、日本の食文化について、フランス人の目を介した取材や細部にわたる関心内容がさまざまなフランスメディアに現れる。寿司や刺身だけではない、郷土料理や家庭料理、昆布やカツオだし汁、「うまみ」についても紹介されるようになった。食材や調理方法にこだわる点が共感を呼ぶのであろう。

現実逃避を可能に

高校生たちに日本を理解してもらおうと、ステファン氏はどのような努力をしているのだろうか。

「日本文化には洗練された美が宿り、それは日常生活にも深く根付いています」と言うステファン氏は、具体的な手法として、写真や映像を頻繁に使う。10代の学生たちは、未知の世界である日本に引きつけられるという。「エキゾチックを求める彼らは、そこから見えてくる日本がいかにモダンでありながら伝統を重んじる国であるのかを認識していくのです」。フランスの高校生にとって「今日のように問題の多い社会に生きながら、現実逃避を可能にしてくれる」夢の国、日本。その好奇心から理解が始まり、未来の相互交流が生まれる。

最後に、「フランスと日本はどちらも、文化の深さを追及し敬う国です。共感し合える仲であることは間違いないです。2つの考え方を融合させていくことでまだ、多くの可能性を導いていかれるでしょう」と語った。

集団の絆

パリ国立造形美術大学ブール校デザイン科の教授アントワンヌ・F氏は、2年前より大学3年生のクラスを引率して、日本でデザイン・ワークショップを実践している。

「フランスが権利を主張する国だとすれば、日本は義務を重視する国でしょう。個人の主張よりも、社会、団体、家族と帰属する環境を重んじます」と、両国の違いを指摘する彼は、日本を訪れたフランス人の視点の変化についても語ってくれた。

「フランス人は、偏ったイメージから日本を理解する傾向にあります。けれど、実際に日本を訪れてみると、集団の中の個人の在り方というものを認識するのです。日本がサービス社会であり続けるのも、まずは相手を尊重するから。いかに、フランス人が感情をあらわにし、エゴを主張できる環境にいるのか、フランスに戻ると実感します」と、自国を批判する言葉も添えた。

持続性

日本でのワークショップでは、生徒だけでなくアントワンヌ氏自身も学ぶところが多いという。

「生徒たちとモノづくりの現場を介して実感することは、日本の道具やモノは、造形を優先して考えられているのではなく、機能と使い勝手を重んじていること。だから、一切の無駄がないのです。日本では、すべてのモノは空間や適材の環境にきちんと納まるように考慮されています。まるで、日常生活も儀式であるかのように。使い捨て商品が増加している昨今ですが、日本のモノづくりには持続性が宿っており、特に欧州のデザイナーには大きなキーワードでしょう」

そして、「両国共自国の価値を尊重する点が、唯一の共通項のように思えます」と結んだ。

江戸扇子工芸
江戸扇子工芸 松井氏の工房にて

アイデンティティーを持ち合わせるからこそ、相手への関心も高まる。コミュニケーションを介して、相手の国民性や文化、風習を学ぶ。時間だけが、偏見や戯画的な見解を払拭することはできないかもしれない。明日の若者たちは、どんな視点から相手国をとらえていくのか、気になるところだ。

(Texte et photo : Kaoru Urata)

 

フランス柔道育ての父、粟津正蔵さんにインタビュー

柔道家 粟津正蔵さん「皆お互いに助けられている」 - 先輩は知っている欧州で生きるヒント。

フランスに正統な柔道を広め、柔道家を育てた日本人、粟津正蔵さん。世界有数の強豪国であり、柔道人口世界一と言われるフランス柔道の育ての父。その功労は計り知れない。しかし当人は言う、「皆に助けていただいたもの。ひたすら1日を積み重ねただけ」と。87歳。フランス生活は60年を超えた。現在、フランス人柔道家は最大の敬意を払い「Maître Awazu(粟津師範)」と呼ぶ。長きにわたりフランス柔道を導いた粟津さんに柔道とフランスの人生を伺う。
(Texte : Ryoko Umemuro)

粟津正蔵さん

あわず・しょうぞう 1923年4月18日、京都府生まれ。10歳で柔道を始め、15、16歳で明治神宮国民体育大会を2大会連続優勝。1950年、川石酒造之助(みきのすけ)氏(1899-1969)の助手として渡仏。仏柔道連盟に籍を置き、フランスにおける柔道普及と柔道家育成につとめる。また、フランス代表チームのコーチとして活躍、多くのフランス人柔道家を育てた。現仏柔道連盟顧問。講道館8段、国際柔道連盟9段。1993年に勲五等双光旭日章を、1999年にレジオン・ドヌール勲章(シュバリエ)をそれぞれ授章。著書に「Méthode de Judo au sol」(1959年、仏国内にて出版)。

柔道を始めたきっかけを教えて下さい。

10歳の時にけがを治していただいた先生に、何をやらせたらいいかと父が相談したのがきっかけです。以降、小学校の授業が終わると、その先生が柔道の指導をされていた京都市立第一商業学校(現西京高校)に通うように。その学校は全国優勝をしており、ひたすら練習練習で鍛えられました。そういう環境ですから、勝つのは当然、それには練習せねば、努力せねばならないと自然に思うのです。ですから苦しいとは思いませんでしたし、それが後年役に立っています。そのまま中学校に入り、4、5年生の時には明治神宮国民体育大会で2回優勝しました。それで、私の柔道は終わった、十分、これからはもっと勉強をしなければと、高等専門学校 *1旧制専門学校。当時の高等教育機関で現在の大学的存在を受けましたが、全部落ちました。でも結局、そのために大東亜戦争の学徒出陣として徴兵されなかったのです。私は、落ちたために今生きている、フランスに渡り生活しているのです。

フランスに渡られた理由は?

1936年からフランスで教えてこられた川石酒造之助(みきのすけ)先生が第二次世界大戦で国外退去となり、日本に戻られていました。それで、戦争が終わり再渡仏するに当たり助手が欲しいと相談を受けた栗原民雄先生が私を推薦され、1年間の予定で渡ることに。

当時日本はGHQの管轄で、パスポートを得るのに大変時間が掛かりました。結局、予定は1年半遅れ、1950年、初めて船に乗り4週間の航海に出たのです。

フランスに着いてすぐに柔道の講習会に出ました。以来、与えられたことを真面目に、欲を出さずについていきました。1年の契約で来たものの、1年たってもやることはたくさんあり、皆も求めて下さる。それで2年たち、2年半後に家内を日本から呼びました。でもまさか60年いることになるとは思いませんでしたね。

当時からフランスは柔道が盛んでしたか?

東洋には日本という国があり、こういうスポーツがあるということを、戦前、禅の本を通じてインテリ層が知り、柔道に関心を持たれました。ですから、当時フランスで柔道はインテリのスポーツでした。

なぜ柔道がフランス人に受け入れられたのだと思いますか?

フランス人の体格は欧州の中では大きくありません。「柔よく剛を制す」柔道はフランス人に向いていたのですね。私が着いた頃は、家のガレージにベッドのマットを敷いて柔道をされていました。また1級者でも柔道を教えられていたのです。その後、柔道の指導者には知識がないといけないと、1955年に国家資格を持つ有段者のみとなりました。私も多くの講習会に出ましたが、それ以降は段の試験を受けるために1級者が多く参加していました。

また、「川石メソッド」という独自の方法を生んだ川石先生の功績でもあります。やる者は初めてですから、技の掛け方も名前も知りません。でも「川石メソッド」のおかげで、簡単によく理解できるのです。

現在は学校で柔道の授業があり、子供に柔道を習わせたいと考える親も多いです。

柔道をやりますと自然と心が育つのです。例えば、稽古の最初に「先生に礼」そして「互いに礼」をします。そうすることで相手を敬う気持ちや皆と仲良くする心が育つ。そういう部分が親御さんに受け入れられるのでしょう。そんなスポーツは他にはありませんから。また、効果を実感させることも大切です。技を掛けるとこんな効果が出るのだと分かれば、意欲も増します。

柔道フランス代表チーム
1972年ミュンヘン五輪、柔道フランス代表チーム。
この大会でフランスは初めて軽・中・重量の全階級で
3位入賞を果たした

感謝状
1964年の東京五輪で初めて柔道は正式種目となる。
東京五輪委員会より贈られた感謝状

精神は言葉では伝わらない

柔道は武道です。その精神性をフランスの方たちへ伝えるのに苦心されましたか?

柔道では何が大事かと申しますと、人格の完成と世を補益することです。これは(柔道の創始者である)嘉納治五郎先生が言われております。「精力善用」「自他共栄」と。いろいろな柔道家がいますけれど、それが精神的なモットーですから、柔道をやる以上は皆それを大事にしなければなりません。

しかし、精神は言葉で言っても伝わりません。「忍耐せよ」と言っても「忍耐って何だ」と言われればそれまでです。でも、柔道には行為があります。例えば、寝技で押さえ込まれたとき、頑張って抵抗し、逃げねばなりません。それが忍耐です。忍耐強くなるほど、柔道は強くなり、自然と彼らは納得します。日本人とフランス人とに違いはありません。楽しいという気持ちも悲しいという気持ちも人間は持ちますよね。人間の根本はどの国でも同じですから。

その代わり、指導者はそれを常に頭に置き、よっぽど注意しなければなりません。指導者自身が自分を鍛えるのです。言葉は勝手なもので、いろいろと出てきますけれど、動作とは長年の生活によって築かれるもの。指導者の行動を生徒たちはよく見ています。柔道の指導は2時間でも、その他の22時間をどのように過ごしているのか、ムッシュー粟津はどういう道を歩むのかと。指導者が真っ直ぐにおりましたら、皆分かります。でも1年や2年では無理ですね。何十年とおりますから、そう見てくれるのです。自分の身、行いによって彼らを納得させねばいけないと思います。

長年フランス代表選手を指導されてきました。うれしかったことを教えて下さい。

努力し練習した結果が出たら、うれしいですね。1975年の世界選手権で初めてフランス人選手が優勝しました。それが第一歩となり、その後次々と結果が出たのです。

コーチは、日頃から選手と接し練習を見ることでアドバイスができます。選手が30人いたら30人と乱取りする、皆平等に自分をぶつけていくのです。そうすると、それぞれの技が分かり、それが大会で準決勝や決勝に勝ち進んだ時に役立ちます。選手の技や癖を理解した上で相手の試合を1回戦から見てきたコーチは「こうせいよ」と言う。敵を知り己を知るということですね。そのためには、精神的な接触も大切です。それがあるからこそ選手も納得します。アドバイスしたことが試合で当たった時ほど、コーチとしてうれしいことはありません。

現在の柔道をどのように見ますか?

勝負という意味で、柔道の試合は広まりました。しかし柔道家という意味では問題があります。もっと技を鍛えなければなりません。フランスや柔道の先進国では柔道家としての努力がなされています。けれども、ただ勝てばいいという国もあるのです。柔道は二百数十カ国に広まりましたが、そのうち100カ国程は精神性や技は関係ない、ただ勝てばいいと思っているように感じます。外国人だけでは、その土地の「柔道」になります。日本が柔道を作った国なら、日本人指導者がその土地に赴き、柔道の本来の姿、いかにしてそれに近づくのかという方法を考え伝えていかなければなりません。そのためには、1年や2年ではなく長年いること。そうしてこそ、地元の人たちとコンタクトができるのです。そういう意味で、日本の役目はまだ果たされておりませんし、もっと努力が必要です。

粟津道場
パリの名門スポーツ・クラブ、レーシング・クラブ内にある
「粟津道場」と名付けられた柔道場入り口。
一線を退いた現在も粟津さんは週に一度柔道の指導を行う

粟津道場2
仏柔道連盟会館内にある柔道場の1つも
「粟津道場」と名付けられている

皆お互いに助けられている

長く健康でいられる秘訣を教えて下さい。

悩み事や心配事などで心が穏やかでなくなると体の具合も悪くなるものです。心が静かであれば病気にはかかりません。和やかな気持ちでいることが大事です。私の場合で言いますと、以前目の病気をした時、医師をしている生徒が「先生、目がおかしくないですか? 一度検査しましょう」と本人である私よりも先に気付いてくれました。以来40年間、彼が私の主治医です。

趣味は何ですか?

詩をやります。昔の詩には精神的なことがうたわれています。例えば「雪に耐えて梅花麗しく 霜を経て楓葉丹し」*2。西郷隆盛が米国に留学する甥に贈った詩「外甥政直に示す」の一節柔道の講習会に行くと、例としてこれを日本語で言います。そして、講習会が終わる時にフランス語で意味を伝えるのです。「冬場は皆苦労しとる。寒さに霜に耐えておる。それによって春を迎えることができる」とね。精神は言葉で伝えられませんが、行動した後、詩を用いるのです。すると、意味も分かり詩を覚えて帰ってくれる。それが指導法の1つとなっています。私は日本人ですから、日本的な言葉で精神的なことを伝える時はそのようなものを利用したいのです。

また、ひざのけがで3カ月間入院した病院で孤独になった時に何が良かったかといいますと、歌なのです。子供時代の歌は分かりやく簡単で心を突く、いい言葉を使っています。時を過ごすのには、そういう言葉が非常に大事ですね。病院にいた時、ひとりでに歌っておりました。また今もたまに島崎藤村の「椰子の実」を歌います。島崎藤村もパリに来ておられましたが、その時に作られたのではないかと思ってしまうような言葉が出てくるのです。

生活の面で苦労はありましたか?

皆にお世話になり、何かの形で助けられてきました。そうすると、親切にしなければならないという気持ちになりますよね。仲良く助け合うことが大切です。自分というものは非常に小さなものであり、人間は1人では生きられません。特に外国生活では、閉じこもってはいけません。お互いが楽しい1日を送れるようにという気持ちで、相手に緊張をさせることなく、和やかな雰囲気を作り仲良く助け合うのです。戦時中も、助けたり助けられたりしていました。人生は皆お互いに助けられている、頭を下げなければなりませんという気持ちです。

こちらに来てから子供が生まれ、孫、ひ孫まで生まれました。これはもう人生です。日本にいてもこんなこと簡単にはできません。何も特別な努力をしてきたわけでも無理をしてきたわけでもありません。ただ1日を歩んできたのです。それで好きなことをしてこられて、これが自分の人生だと喜んでいます。人生として何も恥じることはない、幸福であったと思います。

在外日本人へメッセージをお願いします。

嫌だと思ったらきりがありません。こういう人生を送っているというのは1つの運命、それを受け入れなければなりません。心の持ちようです。苦しむために生きているわけではないのですから。「住めば都」と思ったら、どこでも同じです。何も変わったことをする必要はありません。皆と仲良く1日を過ごす。そうすれば365日が楽しく過ごせます。最初から5年・10年計画と考えたらしんどいです。1日1日を積み重ねることで自然と長続きとなる、自然と道は開けていく、私はそう思います。


英国

ドイツ

 

ジャーナリストの人質たち

ジャーナリストの人質たち Journalistes Otages

同時期に発生した日仏2つのジャーナリスト誘拐事件。
そこから見えてきたものは何か。(Text : Yukiko Kikuchi)

2つの誘拐事件

2010年4月1日、日本人ジャーナリストの常岡浩介さんがアフガニスタンで誘拐された。その後、反政府武装勢力の「タリバン」を名乗る犯行グループはカルザイ・アフガニスタン政権に捕まっている仲間の解放を要求し、在アフガニスタン日本大使館を脅迫する。

常岡浩介氏
誘拐される6日前の3月26日、
アフガニスタンを取材中の
常岡浩介氏

同月11日、タリバンが2009年12月29日から人質として捕えている仏国営テレビのFrance3に所属するジャーナリスト2名の殺害を脅迫するビデオをインターネット上に公開した。翌日、France3はタリバンの要求に応じて、顔部分にぼかしを入れた状態でビデオを放映し、外務省とFrance3は2人の身元を明らかにする。続く13日、サルコジ大統領は「解放のために努力を惜しまない」と明言した。

フランスのマスコミや市民は支援委員会を作り、署名活動や集会などを通じて、仏政府に2人の解放交渉を進めるよう求めるキャンペーンを連日精力的に展開。一方日本では、常岡さんの誘拐に関しては当初の数日間だけ報道された後、全く報道されなくなり、常岡さんの事件に関する主だった動きは起こらなかった。国民からも忘れられつつある6月、カルザイ大統領が来日した直後の17日に「毎日新聞」が拘束されている常岡さん本人と犯行グループへの電話インタビューを行う。しかしながら、常岡さん解放への関心は再び薄れていき、9月4日に常岡さんが解放されて初めて誘拐されていたことを知った日本人も多かった。

一個人ができること

常岡さんが誘拐されていた当時パリに住んでいた私は、常岡さんのことを報道した日本の報道機関のパリ支局やパリに本部を置くNGO、国境なき記者団に何か手掛かりはないかを問い合わせた。そして、常岡さんの電話取材に成功した毎日新聞社ニューデリー支局長の栗田愼一記者を始め、常岡さんと一緒にアフガニスタンに渡航したジャーナリストやイスラム学者、常岡さんの実家に連絡を取り、情報収集と自分なりにできることを試みた。以前、チェチェンでの人道支援活動が原因となって、私がロシアで拘束、強制送還された際に、常岡さんはいち早く私に連絡を取り、マスコミへ情報を流し、可能な限り電話で話し、精神的に支えてくれた。その経験から、私は常岡さんが取ったであろうと思われることを行うことに躊躇しなかった。

「政府にはジャーナリストの解放交渉をする義務があるということを、常に国民やマスコミが政府に呼び掛けることは重要だ。しかし、常岡氏は所属する報道機関のないフリーのジャーナリストで、解放のために尽力する機関もなく、交渉に何らかの不利が生じては困るので沈黙するように日本政府が常岡さんの家族に説得している。そのため、とても複雑かつ常岡氏にとって悪条件だ」

こう指摘した国境なき記者団アジア・太平洋地域局長のヴァンサン・ブロッセルさんは、常岡さんの家族に余計な心配を掛けることなく、かつ後で交渉の邪魔をしたと日本政府に非難されないよう、私たち民間人にできることを考えた。そして、常岡さんがイスラム教徒であり、イスラム圏における戦争の悲劇を日本に伝えてきたジャーナリストであるということを犯行グループに理解させるために、イスラム教徒である犯行グループに対し常岡さんをラマダン開始前までに解放するよう手紙を書くことを私に提案した。8月、日本や外国に住むイスラム教徒94名の署名を集めた私は、国境なき記者団が翻訳した手紙と共に、現地で犯行グループと交渉を行う人たちに送った。

9月4日、常岡さんは解放された。犯行グループがタリバンではなく、カルザイ政権幹部の側近である地方軍閥であったことや、日本大使館との交渉に失敗した犯行グループがその次にはカルザイ政権にタリバンを装って脅迫していたことなどが、常岡さんによって語られた。

ジャーナリストと政府、国民の役割

解放後の常岡さんの発言によって、私たちは欧米諸国や日本などの国際社会が承認し支援しているカルザイ政権が腐敗している状況を知ることができた。常岡さんが人質に取られていた6月にはカルザイ大統領が日本に招かれ、日本政府はアフガニスタンに50億ドルの経済支援を約束している。これに対し、アフガニスタンを幾度も訪れ取材活動を続ける常岡さんは、「今やカルザイ政権の支配地域はアフガニスタンの1割強から2割弱と言われているが、日本政府はアフガニスタン政府としか対話していない。支援を受けられるのはその支配地域のみでしかない」と指摘する。フランスのように軍隊を送ってはいなくとも、カルザイ政権を承認する日本政府の経済援助が果たしてアフガニスタンの人々のために有効に使われているのか、私たちはきちんと監視し政府に働きかけていかなければならない。

9月6日、日本外務省は報道機関に退避勧告地域における取材活動を自粛するよう求める勧告を出した。常岡さんは、「外務省には邦人の保護という義務があるが、退避勧告地域で保護できないことは当然である。また自己責任ということも誘拐事件ではよく問われるが、これにも限界がある。どちらも努力目標であって、お互いが努力して補っていくべきだ」と言う。


解放を呼びかけるポスター
支援委員会が作成による誘拐されたジャーナリスト、ステファン・タポニエ(左)、エルヴェ・ゲスキエール(右)両氏の解放を呼びかけるポスター。支持者は支援委員会WEBサイトよりダウンロードし、意思表示することができる。


フランス人ジャーナリストが誘拐されたのは、2005年1月にイラクでのフローランス・オブナ氏(当時「リベラシオン」紙所属)以来5年ぶりのことだ。当時、オブナ氏が誘拐される2週間前に2 人のフランス人記者が解放されたばかりだったこともあって、仏政府はジャーナリストたちにイ ラクへ行かないように忠告した。しかし、団結したジャーナリストの声明や支援委員会の設立、活発なPR 活動など、国民による熱心なオブナ氏支援に促されて、解放時にはオブナ氏をシラク大統領(当時)が軍事空港で出迎えた。仏政府は確実に国民に動かされ、姿勢を変えたのだった。

「一人は皆のために、皆は一人のために」というアレクサンドル・デュマの小説「三銃士」のダルタニアンの誓いを用いながら、ジャーナリストや政府、国民がアフガニスタンの平和のためにできることは相互努力なのだと常岡さんは説明した。アフガニスタンで最も大きな問題は「戦争が続いていることである」と言う常岡さんは、戦争を止めるために自分にできることは取材して戦争の事実を伝えることだと語る。

ジャーナリストの使命が伝えることであれば、国民にもまた知る権利や政治に参加する権利がある。イラクやアフガニスタンで仏政府や国際社会が何をしているのか、何をすべきなのかということを、国民は常に報道を通じて知ろうとしている。そして、その国民の目となり耳となって危険を冒して戦地へ赴いている伝え手であるジャーナリストの解放のために支援委員会を中心として支えているのだ。

2人のフランス人ジャーナリストが誘拐されて間もなく1年になる。11月19日にカルザイ大統領と会談したサルコジ大統領は、同月22日に人質の家族や支援委員会のメンバーと会い、今後アフガニスタンと共に開放に向けての交渉を続けていくことを伝えた。

「私たちは彼らを忘れない」というメッセージと2人の写真、入手でき得る限りの現状、そして彼らが誘拐されて何日経過したかについては支援委員会やマスコミによって毎日のようにフランス人に伝えられ、デモや支援コンサートなどのイベントは現在もフランス各地で行われている。

フランス人ジャーナリスト2名の開放を求める集会
9月29日、フランス人ジャーナリスト2名の開放を求める集会がパリで行われ、仏国営テレビの社屋にメッセージが書かれた垂れ幕が掛けられた。

● 日本人ジャーナリスト誘拐事件
常岡浩介氏
開放後の常岡浩介氏
2010年4月1日、フリー・ジャーナリストの常岡浩介氏がアフガニスタン北部クンドゥズ地方でタリバンを取材した帰り、武装グループに誘拐された。犯行グループは「タリバン」と名乗り、在アフガニスタン日本大使館に対してカルザイ政権に拘束されている仲間の解放を要求する。誘拐されてから157日後、常岡氏は無条件解放され、現地日本大使館に保護された。解放後、常岡氏は、犯行グループがタリバンではなく地方軍閥であると語っている。

● 常岡浩介
1969年、長崎県島原市生まれ。早稲田大学卒業後、1994年NBC長崎放送報道部記者に。1998年よりフリーランスとなる。アフガニスタン、チェチェン、イラクなどイスラム世界を中心とした戦争を取材している。著書に「ロシア 語られない戦争 チェチェン ゲリラ従軍記」(アスキー新書)がある。
● フランス人ジャーナリスト誘拐事件
2009年12月29日、France3のドキュメンタリー番組「Pièces à Conviction」の取材をしていた2人のフランス人ジャーナリストと現地アシスタントをしていた3人のアフガニスタン人およびドライバーが、アフガニスタン北東部カピサ地方で誘拐される。ドライバーは解放されたものの5人は現在も拘束中。犯行グループ、タリバンは仏政府に対して仲間である囚人の釈放を求めているが、11月23日現在、仏政府はこれに応じるという声明は出していない。5人が誘拐されてから330日を超えており、オブナ氏女史ら他のフランス人ジャーナリストが誘拐された事件に比べても長い。

有志による支援委員会WEBサイト
www.liberezles.net

● エルヴェ・ゲスキエール
(Hervé Ghesquière)1962年、リール生まれ。
● ステファン・タポニエ
(Stéphane Taponier)1962年、マルセイユ生まれ。

両氏共に仏国営テレビFrance3に所属するジャーナリスト。同局のドキュメンタリー番組「Pièces à Conviction」の取材班で、これまでアフガニスタンや中東地域、ユーゴスラビア、旧ソ連などの紛争地で20 年以上にわたり取材活動を続けていた。
 

ルネサンスの小路、リヨンへ

ルネサンスの小路、リヨンへ

リヨンに来るとイタリアのフィレンツェを思い出す、
と多くの人が言う。
リヨンとフィレンツェ?
そう、その昔リヨンはフィレンツェと、
それもルネサンスの栄華に輝く時代のフィレンツェと、
フランスのどの街よりも近い関係にあった。
(Texte et photo : Miwa Arai)

リヨン

ユネスコ世界遺産

「リヨンは、2000 年以上の長きにわたり昔の街並みを残しながら常に発展を続けてきた、人類の建築・都市史を証明する傑出した都市である」*

1998年、リヨンの歴史地区はユネスコの世界遺産に選ばれた。特に評価されたのは、各時代の建造物が当時の場所に残っていることだ。

歴史あるヨーロッパの都市の多くは同じ場所で盛衰を繰り返し、建築物の多くは時の権力者の意向や宗教の違いで取り壊され、建て替えられていった。しかし、リヨンという街は、数百年ごとに行政の中心地を、街の西から東へ東へと移していった。その結果、紀元前にローマ人が築いた西部 のフェルヴィエールの丘から、今日も開発の続く東部地区まで、各時代の建物の多くが破壊をまぬがれてそのままに残されている。

* ユネスコ世界遺産公式サイトより登録理由を抜粋
whc.unesco.org/en/list/872

リヨンとフィレンツェ

ルネサンスはヨーロッパ中に影響を及ぼ した。ロワールの古城など、ルネサンス建築はフランス各地に残っている。ただリヨンほど広い範囲で、富裕層とはいえ王族ではない市民のルネサンス期の住宅一帯が保存され、かつ現在も人々がその建物に暮らしている街はまれだ。

西ヨーロッパのほぼ中心に位置し、しかも水陸の交通の要所という恵まれた条件。15~16世紀には、年に4回もの国際市がリヨンで開かれ、ヨーロッパで最も重要な商業都市の1つとなっていた。当時の大財閥で銀行家のメディチ家は、欧州中の商人が集まり活気あふれるリヨンに銀行の支店を出店し、フランス初の証券取引所もやはりイタリア人によってこの地に開設されている。彼らにとってリヨンは、イタリアまでは南下しないドイツや北ヨーロッパ 各国の商人と直接取引のできる、最も身近な外国の街だった。それはちょうどフィレンツェに発祥したルネサンス運動が、ヨーロッパ全体を席巻していった時代。金融機関の開業と共に、本家フィレンツェの銀行家や商人など多くの裕福なイタリア人、各国のスノッブな商人、彼らをパトロンとする文化人らが続々と、“出張”ではなく、“駐在”生活をリヨンで始めるようになる。財力ある彼らは、流行のルネサンス様式の邸宅を競い合って建てた。それが今日旧市街に残る“ルネサンス地区”だ。

リヨン
1600年、メディチ家のマリー・ドゥ・メディシスがフランス国王アンリ4世と結婚のために対面したのも、パリではなくリヨンだった。ちなみにリヨンが食通の街となったゆえんも、当時のフランス料理界にメディチ家の料理人たちがもたらした食文化の影響だという。
リヨン

トラブール巡り

これらリヨンのルネサンス時代の建築 を鑑賞する格好の手段が、トラブール(Traboule)巡りだ。トラブールとは建物内の廊下のような通路。地図には出ていないが、そこを歩けば手前の通りから建物の向こう側の通りへ抜け出ることができる、いわゆる抜け道。

ヨーロッパの建物は、通りに立ちはだかる外壁からは想像もつかないような世界を中庭やその奥に隠していたりする。でも残念ながら、博物館などでない限り観光客はそこまで入れない。それがリヨンでは、トラブール見学の名の下に可能なのだ。

建物は今も昔も住民の私有地なのだが、建物内にあるトラブールが観光の切り札の1つにもなっているおかげで、歴史的なトラブールを有する建物は、市と住民の調整で、曜日や時間を交替しつつ常に何カ所かは誰もが見学できるようにアレンジされている。トラブールを通れば、普通は入れない建物の中庭や内側の装飾も見学できてしまう。

表通りに面する重い扉を押し、トラブールに入ってみよう。薄暗い通路を抜けると薄日の差し込む中庭に出る。そこには絵本で見たような古めかしい塔や見事ならせん階段がふいに現れるだろう。表通りの喧騒(けんそう)から遮断された静かな小さな空間。一瞬、何百年も前の日常生活がよみがえったように、時が止まる。後から入ってきた見学者のさざめきに現実に引き戻され、その先の狭い通路を曲がれば、先ほどとは別の風景に出会う。

1つ1つのトラブールに違った雰囲気があって、門を出るとまた別のトラブールの入り口を探したくなる。1つ開けると次から次へと開けたくなってしまう玉手箱のように、扉の向こうの世界、というのは魅力的だ。トラブール散策は、普段は“入ってはいけない”扉をくぐり、入った先は数百年前の過去だった、とでもいうような、とても不思議なトリップだ。

リヨン
トラブール
トラブール
トラブール
トラブールは、職人たちが天候に左右されずに絹の巻物を運ぶ通路としても使用され、第二次大戦中には、レジスタンスの秘密の会合や逃げ道としても活用された。

それからのリヨン

ルネサンス時代以外にも、フェルヴィエールの丘の上のローマ遺跡、ロマネスクやゴシック様式の教会、プレスキルの17~19世紀の建築、クロワ・リュッス地域の19~20世紀産業革命時代の絹のアトリエなど、リヨンには各時代の見どころがまだまだある。

近年ジャン・ヌーヴェルが改築したリヨン・オペラ座の上演目、現代アートの国際展「リヨン・ヴィエンナーレ」、質が高く値段も手頃なブションと言われる街のビストロや極上の食材が並ぶポール・ボキューズ市場など、この街の文化度の高さの背景には、長く豊かな歴史と、その間常に都会として諸外国と接してきたリヨン市民の、進歩的な気風がある。

1907年に渡仏し「ふらんす物語」を書いた永井荷風。パリのことが多く描かれているが、彼のフランス滞在の本拠地はリヨンだった。「現実に見たフランスは、見ざる以前のフランスより更に美しく、更に優しかった」という思いには、この街で過ごした日々、触れ合った人々、眺めた風景がきっと影響しているだろう。

オペラ座
オペラ座のオーケストラ(国立リヨン歌劇場管弦楽団)の首席指揮者は大野和士さん。日本人初の仏国立歌劇場の指揮者として、リヨンと世界中からの喝采をあびる。
オペラ座
Information

アクセス
パリのリヨン駅からTGVで1時間50分、車で約4時間(オートルートA6)、飛行機で1時間10分

トラブール見学
リヨン市内には200から300のトラブールがあると言われているが、代表的なものは旧市街のル・ブフ通り/サン・ジャン通り/トロワ・マリー通りの間など。個人での自由見学(無料)と観光局のガイ付きビジット(2時間/有料/日本語も有)がある。
www.lyon-france.com/Visites-guidees

リヨン市公式サイト
www.lyon.fr

リヨン観光局
Office du Tourisme & des Congrès du Grand Lyon
Pl Bellecour 69214 Lyon
M: Bellecour A・D線
TEL: 04 72 77 69 69
www.jp.lyon-france.com

リヨン・オペラ座
1, pl de la Comédie 69001 Lyon
M: Hôtel de Ville A線
TEL: 08 26 30 53 25 (0.15€/min)
www.opera-lyon.com

La Fête des Lumières

毎年12月8日の夜、リヨンの街の窓辺には、数えきれない程の小さな灯(ひ)がともる。

1852年12月8日、キリスト教でマリアが聖アンナの胎内に宿ったとされるこの「無原罪マリアのお宿りの日」に、フェルヴィエー ルの丘の礼拝堂に黄金のマリア像が設置される予定だった。あいにくの悪天候で像の設置が危ぶまれたその夜、市民たちは各家庭の窓辺にいっぱいのろうそくをともし、マリアへの無言の祈りと感謝の心を捧げた。祭りの起源はこの日にさかのぼる。

1999年からは12月8日を含む4日の間、リヨン市は最新の技術、先鋭のアート感覚を競い合う光と音のショーの壮大な舞台として、世界中の観光客を迎えるようになった。2010年の光の祭典「La Fête des Lumières」は、市庁舎や教会、階段や川面など約60カ所 に、各国から選抜されたアーティストたちの照明作品が投影される予定。中心部は日没の頃から車両の乗り入れが一切禁止され、人々が白い息を吐きながら冬の闇の中を光から光へと歩いていく。

リヨンの人々の昔からのマリア信仰が、“光の祭典”という形になって、また新たな年輪をこの街に刻んでいる。

リヨン光の祭典 リヨン光の祭典
リヨン光の祭典 リヨン光の祭典
リヨン光の祭典 リヨン光の祭典
Information

La Fête des Lumières
12月8日(水)~ 11日(土) 17:00開始
8日 26:00まで、9・10日 25:00まで、11日 明け方まで
TEL : 04 72 10 30 30 
www.fetedeslumieres.lyon.fr

*祭典の期間は市内のホテルなどは満室になるので予約はお早めに

21世紀リヨンのビジネス環境

人口約45万人、面積47.87km²を持つリヨンはフランス第2の商業都市として、ヨーロッパ内第5位のエリアGDPを誇る経済規模を持っています。そんなリヨンでコンサルティング会社を起業した佐藤大輔氏にリヨンのビジネス環境についてうかがいました。

今リヨンで熱い業界は?

商業都市リヨン
商業都市としても
再注目をあびるリヨン

約150ヘクタールというヨーロッパ最大の再開発地区で行われている環境・再生可能エネルギー事業では、日本の技術を使ったプロジェクトが進んでいます。また、リヨンでは雨後のタケノコのごとく日本食のレストランがオープンし始めているのも注目ですね。その他にも、閉店したブティックが次々と美容・エステサロンに改装されている今のリヨンでは美容やエステ業界も狙い目だと思います。

リヨンとパリでのマーケットの違いは?

パリと比べてリヨンのコストは3分の2です。そのためリヨンでの起業は、損益分岐点が低く、リスクを抑えることができます。リヨンからパリはTGVで片道2時間で半日日帰りも可能なので、地方にいる不便さを感じることもありません。

マーケット上の大きな違いはありませんが、ビジネスをする上での違いは、リヨンでは人脈や信用がとても大切にされていることです。最初は、少々閉鎖的に感じるかもしれませんが、いったん中に入るとみんなバックでつながっていることに驚くでしょう。

リヨンには日本人にとってビジネスチャンスが多いと?

滞在許可証や許認可など法務・行政手続上の参入障壁があるほかは、実質上、リヨンはライバルのほとんどいない競争のない市場ですので検討する価値は十分にあると考えます。

佐藤大輔氏
佐藤大輔氏1973年生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了後、2001年渡仏。リヨン大学大学院博士予備課程(DEA)修了。在学中より商工会議所などでインターンシップを経て、2005年アルフェリスを設立。リヨン政治学院、CSI リヨン国際学園講師。

ALFELIS アルフェリス
2005年よりリヨンで衣食住を中心とした市場開拓、マーケティングを専門とするコンサルタント業務を行う。東証一部企業のフランスマーケティングや欧州統括会社、フランス子会社や店舗の設立サポートの他、リヨン外食産業見本市の日本パビリオン運営やショッピング・モールのプロジェクト・マネジメント、在仏日本大使公邸でのパーティー運営、群馬県富岡市の世界遺産調査、百貨店のフランスフェア、マスコミのリヨン取材コーディネートなど、業務内容は多岐にわたる。

アルフェリスでは現在インターンシップを募集しています。
詳細はお問い合せ下さい。

9, rue Fournet 69006 Lyon
TEL : 09 54 40 93 65
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください  
www.alfelis.com

YOMOGI

Le Marquise

 

先人に学ぶ。フランスに生きた日本人。第2弾

先人に学ぶ。フランスに生きた日本人。第2弾

19世紀末から20世紀前半にかけて、フランスに生きた日本人の目には、何が映ったのだろうか。厳しい時代を生き抜いた彼らの行動は、世紀を越えた今でも、フランスの 地を知る者に勇気を与える。西洋と東洋の架け橋となった男、正反対な感情を持ちフランスに滞在した作家、そして日本を動かす原動力を学んだ軍人と政治家、合計6人のフランス滞在を追う。

(Texte : Kei Okishima)

西洋と東洋をつないだ男たち

「西洋人の『用』を考えた機能と形態の重視が
必要である」
(「高岡銅工ニ答フル書」より)

林忠正(1853-1906)
フランス滞在:1878-1905

1878年のパリ万国博覧会を機に、フランスで日本ブームが沸き起こった。これに伴い、明治政府は欧米好みの美術品を製造し、輸出に力を入れる。しかし同時に、粗悪品も急増し問題化され、輸出に困難が生じる。そんな中で、日本美術を熟知し、さらに西洋人の嗜好から輸出入の状況までを知る林忠正は、両国を結ぶための重要な働きをした。例えば、経営維持のために高岡銅器の名工へあてた書簡の中で林は、西洋人の「用」を考える必要性を説きながらも、「形を誤るを防がんと欲せば、日本純粋の形を撰び決して外国の形を真似るべからず」と助言している。一方フランスでは、 1886年「パリ・イリュストレ」誌の日本特集号に、それまで伝えられていた日本についての 誤解を解くべきエッセイを寄稿。その中で、美術を理解するためには総合的な文化を知ることが重要だと説き、日本の歴史や気質、美学などを事細かに説明した。

情報網が発達した今日でさえ、日仏両国間でいくつもの誤解を見る。19世紀後半の当時、林の功労がいかなるものであったのか、想像に難くない。

「若井・林商会」をこの地で開く先人の足跡

Cité d'Hauteville 75010 Paris
1883年、起立工商の元副社長、若井兼三郎と共に日本美術品を扱う店「若井・林商会」をこの地で開く。フランス語も堪能で日本美術の知識も豊富だった林は89年に若井との共同経営を解除し、「林商会」として再スタートを切った。

「西眼に映じたる日本、日本眼に映じたる
西洋という題目で物をあつめる」
(「敬七ところところ」より)

パリの自宅
パリの自宅。
大量のコレクションの前で。
© 石黒敬章

石黒敬七(1897-1974)
フランス滞在:1925-1933

戦後のお茶の間を明るくしたNHK ラジオ番組「とんち教室」で、とぼけた口調でユーモアを連発した石黒敬七。そんな彼が若き日フランスに滞在した目的は、柔道をヨーロッパへ普及させるためであった。

憧れの地パリに着いたはいいが、先の計画はなく言葉も分からない。そして資金は底をつく。しかし当時を知る松尾邦之助の著書によると、そんな状況の中ものんきで、トボケたような話ばかりしていたというから、後のラジオでの活躍もうなずける。結局、邦字新聞「巴里(ぱり)週報」を発行し収入を得ながら、同時に道場を開き、指導に当たった。

後に石黒はコレクターとしても活躍するが、そのきっかけとなったのがパリののみの市だ。当時のみの市では、明治時代に日本へやってきた外国人がお土産にと買っていった写真などが売られており、そこに西洋人の目に映った日本を発見する。以後、のみの市や骨董(こっとう)屋を巡り、各分野で貴重な資料となる古写真を大量に収集した石黒は、文章からは読み取れないような貴重な情報を読み取ることに成功した。

道場のあった場所先人の足跡

26, rue du Faubourg St-Jacques 75014 Paris

まだフランス語も分からぬ頃、友人たちの協力によって見つけたこの場所で開いた道場と「巴里週報」の2つの事業により、石黒はパリの日本人社会において重要な人物とのネットワークを広げていった。

正反対の感情を巴里に抱いた作家たち

「自分は何故一生涯巴里に居られないのであろう。
何故仏蘭西に生まれなかったのであろう」

永井荷風(1879-1959)
フランス滞在:1907-1908

永井荷風の父親は日本郵船に務めるまじめなエリート。そんな父とは正反対な性格の荷風にとって、現実逃避のできる夢の地、それがパリであった。この街では、芸術を愛する若者が将来の成功を夢見て貧乏暮らしを楽しみ、親兄弟もないロマが孤独ながらも何の束縛もなく生きる。厳格な父が待つ日本が自分の帰る場所だと分かっていても、そんな自由な暮らしがうらやましい。またいつまでも変わらぬパリと、次々と新しく変化する日本を比較し、「日本ほど思潮の変遷の急激な処はないので、今日新しいと信ずる吾々も、かく外国に遊んで居る間には、忽ち機能の古いものになつて了ふのかも知れぬ」というくだりは、21世紀の今でも感じることがないだろうか。

日本に帰国した荷風は、日本の自然と風土の美しさを実感する。フランス文学における「其の国の風土から特別の感化を受けた固有な感想を歌つたもの」を絶賛し、それゆえに「世界に類のない程美しい詩を日本語で綴る事は吾々が日本の美しい風土に対す唯一の任務」として、自らの文学に反映させていった。

(文中カッコ内「ふらんす物語」より引用)

ホテル・スフロがあった場所先人の足跡

9, rue Toullier 75005 Paris

荷風が滞在したホテル・スフロがあった場所。荷風以外にも、与謝野寛や巌谷小波など、明治時代の日本人の多くが利用した。

「新しい野菜と水ばかりのような日本から来た矢代は、
当座の間はからからに乾いたこの黒い石の街に、
馴染むことが出来なかった」
(「旅愁」より)

横光利一
世界が動いた1936年にヨーロッパを見た横光
© 鶴岡市教育委員会

横光利一(1898-1947)
フランス滞在:1936

人気作家であった横光利一は、オリンピック・ベルリン大会の観戦記を新聞に発表するために半年間ヨーロッパに滞在した。しかし、他の多くの作家のように自らパリ行きを希望したわけではなく、友人に行け行けと押し出されて来た横光。滞在中につづっていた日記には、華やかなパリそしてフランスのイメージとは反する暗い言葉が並ぶ。初めてマルセイユに降り立った日、町を歩くと笑っている人が1人もおらず、皆沈み込んでいると嘆き、「これがヨーロッパか。想像していたより、はるかに地獄だ」と感じる。言葉も分からず、食事も合わない生活に疲れ、到着後2カ月が過ぎた頃には「少し精神衰弱の気味がある」と記した。(「欧州紀行」より)

そんな横光がヨーロッパ滞在経験を基に執筆した小説「旅愁」には、フランスに住んでいたら1度は感じる歯がゆい思いが、巧みな文章で描かれている。「黒い石の街に馴染めない」矢代と、ヨーロッパを崇拝する久慈による、東洋の「精神文化」対西洋の「物質文化」論争の中に、我々が共感するフレーズを見つけることができるのではないだろうか。

ラスパイユのホテル先人の足跡

259, bd Raspail 75014 Paris

「欧州紀行」では「ラスパイユのホテルの6階が私の部屋だ。広い墓場が眼下に見える」と記している。墓場とは、モンパルナス墓地のことだ。

フランスに学び日本を動かした軍人と政治家

「恐れずに勇気を持て」
(野村敏雄著「秋山好古」より)

秋山好古
外国人にも「フランス人か」と言われるほど、西洋顔だった秋山好古。
©国会図書館

秋山好古(1859-1930)
フランス滞在:1887-1891

日本騎兵の父、秋山好古。騎兵の伝統があるフランスで彼が軍事研究を始めたのは1887年のこと。当時、日本陸軍は普仏戦争の勝利国であるドイツ様式の軍制を採用しており、参謀職に就く秋山も留学するならばドイツ、と考えるのが妥当だ。しかし旧藩主である久松定謨の補導役を頼まれ、不本意ながらもフランスへ渡る。結果的に、名門サン・シール陸軍士官学校の聴講生となり、後の戦術に役立つ基礎を学ぶこととなった。

騎兵、馬の数共に少ない日本が戦いに挑むとき、戦術はもちろんのこと、勇気を持ち戦いに挑むことの大切さを説く秋山は、騎兵学校長時代には生徒たちの前で窓ガラスを素手でぶち割り、「恐れずに勇気を持て」との意味を教えることもあった。またフランスでチフスを患った時も、外国に知れたら日本の恥になると医者にかかることを拒み、自力で治したという。そんな強靭な精神力を持つ秋山だが、フランスに着いたばかりの頃は、進んだ文化を前に人知れずぼうぜんと立ち尽くす。父への手紙にだけ「あたかも田舎の処女が吉原にかつぎ込まれたと同様の有り様」と内実を吐露していた。

将校たち先人の足跡

Ecole Spéciale Militaire de Saint-Cyr
フランスの生活に慣れてくると、将校たちとの付き合いも怠らず、金欠になるほどだった。そんな時はパンとバターだけで生活していたという。
©Eric Feibelman

「初めて巴里に遊学したるころ、
万里の故郷を恋想せるは、
日本料理の得がたきに始まる」
(「陶庵随筆」より)

西園寺公望
大礼服を身にまとう西園寺
© 国会図書

西園寺公望(1849-1940)
フランス滞在:1871-1880

第12・14代内閣総理大臣、そして最後の元老として日本の歴史にその名を刻む西園寺公望が、我々と同じような“庶民的な”経験をパリでしていたかと思うと、なんだか急に親しみを感じてしまう。著書「陶庵随筆」に収められた「日本料理」には、故郷の料理が恋しくて手作りしたものの、しょうゆが見つからずに町を駆け回ったことが記されている。「リウドラペー」の商店にてようやくしょうゆが見つかったというが、これはおそらくRue de la Paixのことであろう。今日でも日本の商品を扱う店の多いオペラ地区でしょうゆを発見したという偶然に驚く。

フランス留学時代における西園寺の勉強ぶりは、「鼻血のぼたぼた落ちるのを手で押さえ ながら夜通し勉強する」ほどであった。それは、 普仏戦争に負けたフランスが復興に向けて、全員が全能力を発揮する雰囲気に包まれていたため、自分も勉強せざるを得なかったからだといい、戦勝におごるドイツにいて学問した人よりも「結局、徳をした」と振り返る。ここで学んだリベラルな思想が、後に日本の政治をリードする西園寺の力となっていった。

下宿先先人の足跡

23, rue Racine 75006 Paris
大学に正式に入学するため、バカロレアに相当する資格を取るための時間を費やす。そのため、第1回の授業登録は、渡仏してから4年半たった1875年となる。その頃の下宿先が、ここだ。

 

フジコ・ヘミング、インタビュー 愛するものに囲まれた人生

Fuzjko Hemming
愛するものに囲まれた人生 ピアニスト フジコ・ヘミング

ピアノ、絵画、パリ、猫、ファッション、そして恋 ──
ピアニスト、フジコ・へミングさんの生活は、
愛すべきさまざまなものに囲まれている。
プロの音楽家としては遅咲きのその才能は、
人生における幾多の経験と、
何よりこうした愛するものたちに独自の「色」を与えられ、
誰にもない光を放つようになった。
「人生にはピアノ以外にもやりたいことがいっぱいある」。
そう語るフジコさんに、人生を彩るものたちについて、聞いた。

(Interview et texte: Shoko Murakami)

フジコ・へミング
Ingrid Fuzjko Hemming

日本人の母とロシア系スウェーデン人の父の間に、ベルリンで生まれる。5歳で日本へ帰国。父が母国へ戻ったことにより、ピアニストの母がピアノの手ほどきをしつつ、1人で育て上げる。16歳の時、中耳炎により右耳の聴覚を失うが、東京音楽学校に進み、在学中より多数のコンクールで入賞。ピアノ留学を志すも、無国籍であった事実が発覚し、一時は断念する。30歳の時、難民としてベルリン音楽学校への留学、卒業後はヨーロッパ各地で演奏活動を行う。世界的指揮者、レナード・バーンスタインに実力を認められリサイタルが決まるが、その直前に風邪をこじらせ左耳の聴覚も失う。その後は演奏家としての活動を一時休止してスウェーデンのストックホルムでピアノ教師として働きながら療養生活を送る(現在、左耳は40%程回復)。1995年、日本へ帰国。99年、テレビのドキュメンタリー番組をきっかけに大きな注目を集めるように。以降、世界各地でリサイタルや一流オーケストラとの共演を行い、人気ピアニストとして多忙な日々を送る。

原点はパリにある

フジコさんは、日本人の母とスウェーデン人の父を持ち、ドイツで生を受けた。30歳まで日本で過ごした後、ドイツへピアノ留学、以降、ヨーロッパ各地で音楽活動を行うようになる。母の死後、日本に帰国。その後は日本のみならず、世界を舞台に活躍している彼女にとって、「国」とは何を意味するのだろうか。

ヨーロッパ各地で生活されてきたフジコさんが、現在、パリに居を構えていらっしゃる理由は何でしょうか。

20代の頃からパリに住むことを夢見ていました。たくさんの天才画家、そしてショパンやドビュッシー、ラベル、フォーレなど、私の最も好きな芸術家たちの集っていた所ですから。でもパリは物価が高く、ベルリンの音楽大学からスカラシップが出たので、仕方なくベルリンに行きました。1999年2月にテレビを通して一夜で有名になり、天からお金も降ってくるようになったので、パリに住むことができたわけです。

パリの好きな場所とその理由をお聞かせいただけますか。

私の住んでいるパリのアパートの辺りは、夜更けまで遊びの天才と言われるフランス人のざわめきでにぎやかです。私も夜遅くまでピアノを弾きますが、窓を開けっ放しでも音が聞こえないほどアパートの壁も厚く、動物も犬2匹、猫5匹を飼っていますが、うるさいと迷惑がる人間は1人もいません。日ごとの犬との散歩道は、どの角もユトリロやゴッホの画のようで、住んで良かったとため息のつきっぱなしです。

ご自身の原点はどの国にあるとお考えですか。またそのことが音楽活動にどのような影響を及ぼしていると思われますか。

私にとっては、ショパンやドビュッシー、ラベル、そしてユトリロやロートレックの国、パリ・フランスです。ショパンが毎週訪れて作曲をしたり、時々サロン・コンサートをしたと言われる、一般には非公開のランベール(LAMBERT)館が私の家の近くにあります。今年9月にフランス人からそこでサロン・コンサートをするよう頼まれました。客は招待されたVIP(ほとんどがフランス人とポーランド人)のみ。ショパンのみのプログラムを1人で組み、大成功しました。フランスに来て良かったとつくづく思いました。フランスのVIPが私のことを「3本の指に入るピアニスト」と評してくれたのもうれしい限りです。フランスならでは、とつくづく思います。

コンサートなどでは着物を着られることも多いです。フジコさんにとって、日本という国はどのような存在でしょうか。

日本人は自分たちの古い文化をもっとアピールするべきだと思います。戦争中、アメリカ軍が爆弾を1個も落とさず、わざわざ残そうとした素晴らしい京都の町も、日本人の手で次々に壊されていっています。とんでもないところのある国民ではないでしょうか。私のコンサートに何度も来てくださる人々は素晴らしい方たちだと思います。つまり、私の芸術、私の思い、動物や弱い者に対しての哀れみなどを心で感じてくださる日本人たちで、心からありがたいと感謝しています。

------

人生の達人

何十匹もの猫を飼っていたこともある動物愛護家で、絵画の腕前は個展を開くなど玄人はだし。西洋と日本のファッションを融合させた独特のファッション・センスも注目されているフジコさん。幼い頃からピアノ以外の生活を知らず、「人生=ピアノ」となってしまいがちな多くのプロのピアニストに比べ、ピアノを含めた人生そのものを謳歌しているように感じられる。

いつも個性的なファッションに身を包まれています。フジコさんにとってファッションとはどのような意味を持つものですか。

ファッションなしに私は生きていけないでしょう。高いお金を出すのとは関係なしに、裸足で歩いても粋な人々が私は好きです。ダンディーにすぐ恋をしたりしますが、中身が悪い人も多く、がっかりして冷めることもあります。でも、うわべだけの格好良さも悪くはないでしょう。みんな美しくあるべきと思います。鳥や犬、猫などは服など着なくとも美しいですが、裸の人間をビルの上から見たら、ウジ虫と同じくらいにしか見えないのではないでしょうか。

過去のインタビューで、「恋は大切」と語られています。恋することはなぜ大切なのでしょうか。またそれは、ピアノにとって大切、ということでしょうか。

恋をしているとピアノはあまり良く弾けません。でも、恋はお酒に酔っ払っているようにすてきではありませんか。若さを保つのにも良いでしょう。

恋愛対象となる男性は、音楽に対し理解のある方が良いですか。

恋の相手はやはり音楽をやっている人の方が良いです。

これまでの人生で「これは失敗だった」という恋愛はありましたか。逆に、「この恋は人生においてかけがえのないものだった」と思えた恋愛はありましたか。

ほとんどが「この人とではダメ」というシロモノばかり。結婚してくれとでも言われれば、「待てよ? もう少しマシなのが出てくるはず」と考えていっぺんに冷めてしまうものがほとんど。「1年でも結婚したら最高だろうに」と思えた相手は2人ぐらいです。

Fuzjko Hemming

動物愛護家としても知られています。中でも猫に関しては、深い愛情を捧げられています。なぜ、猫が特にお好きなのでしょうか。

忙しい者にとって犬はちょっとやっかい。1日に2度も外へ連れていかなければなりません。猫はその点、楽です。世界的オルガニストで医者でもあるアルベルト・シュバイツァーは、「人生の艱難辛苦(かんなんしんく)から逃れる道は2つある。音楽と猫である」と言っています。

日常的な1日の過ごし方を教えていただけますか。ピアノには毎日、どのくらいの時間を費やしているのでしょうか。

毎日4時間、練習できれば良い方ですが、客が来たりするとできなくなることもたびたびです。画を描くと、次の日は手も痛く、疲れはひどいです。

ピアノ以外にもさまざまな分野で活躍されています。これらは皆、「ピアノにとってプラスになる」との思いから始められたのでしょうか。

ピアノにとってプラスになるからやっているわけではありません。人生にはやりたいこと、読みたい本、見に行ってみたいバレエ公演、他にもいっぱいありますよね。結婚していなくて良かったと思います。人は前世でやったことを天国(悪者のいない完全な場所)へすべて持って行けるそうです(物質ではなく才能など)。

波乱万丈の人生を「祈りがあったからやってこられた」とおっしゃっています。いつから信仰を持たれるようになったのですか。また信仰を持たれる前と後で、フジコさんのピアノや人生全体に大きな変化はありましたか。

信仰は子供の頃から自然についていました。青山学院でクリスチャンの教育を受け、教会の日曜学校でも子供ながらに牧師の話と姿に心打たれたものです。もちろん、芸術家は信仰と宗教なしにはうつろなものです。

フジコさんにとって、人生で最も大切なものは何ですか。

人生で最も大切なのは信仰と祈り、それに愛です。私は波乱万丈の人生の終わりに幸運を勝ち得ました。「遅くなっても待っておれ。それは必ず来る」という聖書の言葉は、私に訪れたのです。神のおきてはどんな宗教でも同じようなものです。どんな荒波の時でも神の言葉を守り通した人に、神は必ず救いを与えて下さいます。

------

一番大切なのは「音色」

「ミスタッチを直そうとは思わない」と発言し、同じ曲でも時に全く異なる演奏をする彼女に対し、否定的な見方をする向きもある。その一方で、どんなピアニストの演奏よりも、彼女の音色こそが心に響くと深く共鳴する人も数多い。テクニック偏重の傾向にある現代の音楽界において、フジコさんは何を考えて、ピアノと向かい合っているのだろうか。

好きな作曲家、好きな曲とその理由を教えていただけますか。

特に人間として好きなのはラベルです。パリ近郊にある彼の家を訪れた時は感激しました。猫を好きな、結婚しなかった男性ですね。

ピアノの演奏には、テクニックよりも大切なものがあるとおっしゃっています。そうした中であえて超絶技巧曲を好んで演奏されるのはなぜでしょう。

超絶技巧に中身(人間的、愛、頭)がなければ、うつろな響きしか出ません。そんなものは機械でやった方が良いでしょう。演奏家の人格と頭脳は、必ず演奏に表れます。たくさんの国際コンクール優勝者たちの人気が薄れ、演奏者から指揮者に変わっていくのは、彼らの人格が薄っぺらいからです。

ピアノを弾いている最中は、どんなことを考えていますか。

1人で弾いている時はとんでもないことを考えていることが多いですが(例えば今夜何を食べようとか)、コンサートの時は次の音を間違えなく弾くことのみ考えています。情感は作ったものでなく、人格と才能から自然に湧き出てくるものですから。

フジコさんにとって、ピアノを演奏する上で一番大切なものは何ですか。

作曲家の意思は霊感で自然に伝わるものです。一番大切と思うのは、私にとって音色です。

かつての名作曲家たちは、人生において貧困や革命など数々の辛酸を舐め、その時の思いを曲に投影することで自らの存在理由を示していたように思います。現代を生きる音楽家の多くは、経済的には恵まれ、英才教育を施されています。フジコさんは、人生においてさまざまな経験をすることはピアニストにとって重要だと思われますか。

運命を変えることはできないと思います。すべて神に任せ、祈り続けるより仕方ありません。経済的に恵まれて育っても、人格の気高い人は悪者がはびこるこの世の中で、辛酸を舐めなければならないでしょう。お金のみで通らないこともたくさんありますから。

ご自身のピアノの魅力、個性はどこにあると思われますか。

音です。

フジコさんにとって、ただピアノを演奏することと、「プロ」として聴衆の前でピアノを演奏することは違うのでしょうか。

R. シューマンが本に書いてあることがあります。「よく有名アーティストの受ける大々的拍手喝采(かっさい)に惑わされるな。真の芸術家、大家から受ける賛辞こそ信じるべき」。私は、ウィルヘルム・バックハウス*1、サンソン・フランソワ*2、ブルーノ・マデルナ*3、シューラ・チェルカスキー*4、ミーシャ・マイスキー*5、マキシム・ヴェンゲーロフ*6から最高の賛辞を受けています。心ない評論家の言葉など、もうへっちゃらです。

*1:スイス(元はドイツ人)のピアニスト
*2:20世紀のフランスにおける代表的なピアニスト
*3:イタリアの現代音楽の作曲家・指揮者
*4:ウクライナ出身ユダヤ系米国人ピアニスト
*5:ラトビア(旧ソビエト連邦)出身のチェロ奏者
*6:ロシアのバイオリニスト・指揮者

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

10 / 18 ページ

  • Check


*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

バナー
サロン&クリニック・ガイド バナー バナー ヘアサロン・ガイド フランスのラーメン、中華麺、うどん、そば - イギリス・フランス・ベルギー・ドイツの麺もの大特集! パリのお弁当やさん バナー おすすめフランス語学校