FacebookツイッターRSS feed
英仏バイリンガル幼稚園・小学校
lun 24 septembre 2018

国民健康保険 - Sécurité Sociale

フランスでは原則として国民健康保険への(Sécurité Sociale)への加入が義務づけられています。国民健康保険に加入せず治療を受けることも出来ますが、その際費用は100%負担になります。

学生の場合
Pour les étudiants

国立大学や多くの学校法人では、26歳未満の学生の場合、入学申請時に学生向け国民健康保険に加入することが出来ます。通常ではSMEREPもしくはMutuelle des étudiantsのいずれかの団体を選ぶことで、学生身分の間、国民健康保険加入者料金で治療を受けることが出来ます。

26歳以上の場合は、最寄りのAssurance Maladie(国民健康保険)に立ち寄り、学生証、在学証明書、住居証明など規定の書類を揃え提出することで加入することが出来ます。

給与取得者の場合
Pour les salariés

フランス国に所在する企業で給与取得者として就労する場合、通常自動的に国民健康保険に加入されます。保険料は給与から差し引かれ。治療の際の自己負担金の軽減を希望の場合は、銀行や保険会社などでMutuelle(ミュチュエル)を選ぶことによって、治療の際規定額が申請団体より返還されます。

自由職業者の場合
Pour les professions libérales

通訳、翻訳、画家、作詞家などの自由職業者は、身分により加入方法が異なります。

弁護士、通訳、翻訳家などの場合 - Avocat, interprète, traducteur, etc.
RSSAFに申請後、申請時に選んだ国民健康保険団体から保険料の請求が届き、保険料を払い続けている間は、国民健康保険の加入者として認められます。 申請方法は居住地区管轄のURSSAFに書類提出することになり、職業により提出書類は異なりますので、URSSAFにて詳細を確認ください。
URSSAF: http://www.urssaf.fr
TEL: 0 820 01 10 10 (0.12 EUR TTC/min)

画家、アーティストなどの場合 - Artiste, peintre, etc.
画家など芸術分野に準じる人は、La maison des artistes に登録することで国民健康保険の加入が出来ます。加入方法は、分野により様々ですが、通常では、作品提出および納税書など身分を証明する書類が必要になります。詳細はLa maison des artistes にて確認ください。
La maison des artistes: http://www.lamaisondesartistes.fr/
TEL: 01 53 35 83 63

作曲家、作家などの場合 - Compositeur, auteur, etc.
著作権の発生する職に執事する自由職業者は、AGESSAに登録することで国民健康保険の加入が出来ます。加入方法は、分野により様々ですが、通常では、作品提出および納税書など身分を証明する書類が必要になります。詳細はAGESSAにて確認ください。
AGESSA: http://www.agessa.org
TEL: 01 48 78 07 78

無職、失業者の場合 - Chômeur
無職または失業者の場合、国民健康保険料免除のCMU(couverture maladie universelle)に加入することが出来ます。しかし、この国民健康保険では滞在許可証の更新は出来ません。滞在許可証を有する外国人の場合は上記のいずれかの有償国民健康保険に加入しなくてはなりません。 CMUの申請手続きは、住居管轄のAssurance Maladie(国民健康保険)で申請できます。

 

  • Check


バナー
サロン&クリニック・ガイド フランスのラーメン、中華麺、うどん、そば - イギリス・フランス・ベルギー・ドイツの麺もの大特集! バナー パリのお弁当やさん バナー ヘアサロン・ガイド おすすめフランス語学校 バナー