instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 20 September 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

Tears in Heaven by Eric Clapton

Dear ドモンさん
お悩みというほどではないのですが、毎日のように駅で演奏されているドモンさんに、まだ、一度もお目にかかったことがありません。どうしたら、ドモンさんの演奏を聴けるのでしょうか? また、どんな曲を弾いているのですか? あと、以前、友人がドモンさんのイベントで、バスキング時の体験談などをお聞きしたようですが、最近は、何か面白い出来事とかありましたか? もしあったら教えてください。

回答

恥ずかしいので聴きに来ないでください(笑)。

地下鉄バスキングは、コンサートとかと違って、じっくり聴くようなものではないと思いますよ。偶然、自分の好きな曲が流れてきたり、気分が明るくなるような音楽が耳に入ったら、ポンとチップを入れてさっそうと去っていく。そんなBGMのような存在だと思います。それと、これは秘密ですが、バスカーは、同じ曲をヘビー・ローテーションで演奏してることが多いので、ずーっと聴かれてるとやりづらいんですよ(汗)。

そういえば、最近、こんなことがありました。サウス・ケンジントン駅で、毎回£2硬貨を入れてくれる年配の女性がいるんですが、何故かいつも悲しそうだったんです。でも先日、晴れやかな顔して話しかけてきてくれたんですよ。彼女が言うには、昨年、ギターが大好きだった息子を病気で亡くしてしまい、何となく息子と面影が似ている僕を見かける度に、思い出しては涙が溢れそうだったとのこと。毎日、死にたいくらい辛かったそうです。でも、帰り際にこう言ってくれたんです。「あなたが毎日頑張っているんだから、私も頑張らないとねっ!」って。もう胸がいっぱいでしたよ(ジーン)。

そんなあなたに
Tears in Heaven
by Eric Clapton

説明不要の名曲ですよね。ヘビー・ローテーションしてる曲って、実は、この曲なんです。英国は日本と似ていて、ちょっと切ない曲が、人気があるみたいです。あ、宣伝じゃありませんが、バスキングでの体験談は「地下鉄のギタリスト Busking in London」として出版されているので、機会があれば、是非読んでみてくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ