instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 20 September 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

あなたに今夜はワインをふりかけ by 沢田研二

Dear ドモンさん
毎週ドモンさんの回答が面白くて、欠かさず拝見しているのですが、以前から思っていたことがあります。毎週毎週そんなにお悩みが送られてくるものなのでしょうか。もしかしたらドモンさん自作自演してたりしませんか。

回答

野暮な質問はしないでくださいよー。

基本的には読者から編集部に送られてきたものと、私のメール・アドレスに個人的に送られてきたものから選んでますよ。あとは友人との会話中に出てきたものや、インターネットの掲示板などで気になったものを、多少アレンジしてお悩みを作ることもありますね。あ、たまに編集部の方からお悩みを頂くこともあります。結構お悩み集めるのも大変なんですよ。

で、あなたの仰りたいことはよーく分かりますが、それって「プロレスって八百長なんですか?」とか「ドッキリってやらせなんでしょう?」とかいうレベルですよ。プロレスラーだってお客を喜ばせるために毎日必死に鍛錬しているわけだし、お笑い芸人はどうやって本番を面白くしようか日々考えているわけです。そうやってエンターテイメントは成り立っているわけで、このコラムも在英日本人の方々の一服の清涼剤にでもなればと思い、あーでもない、こーでもないと、毎週頭を悩ませながら書いているわけです。なので「それは言わない約束でしょ」ということでよろしくお願いしますよ。

そんなあなたに
あなたに今夜はワインをふりかけ
by 沢田研二

1978年のヒット曲「サムライ」のB面だったが、ジュリー・ファンにはおなじみの名曲。作詞をした故阿久悠氏は、タイトルでもある出だしのフレーズが大変お気に入りだったらしい。マンズワインのCMでも使われていたと思います。多少であれば、話にワインをふりかけて、読者を酔わせるのもありかと……。皆さんお悩みドシドシ送ってくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ