ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 26 June 2022

イースト・リデレスデン・ホール - East Riddlesden Hall

~「嵐が丘」の舞台でゴーストに出会う~

エミリー・ブロンテの名作「嵐が丘」の5度目の映画化の舞台となったのが、ここイースト・リデレスデン・ホールです。ブロンテがその短い生涯を過ごしたハワース北部、物語のなかでヒースクリフとキャサリンが逢瀬を重ねるヒースが咲き乱れる荒野も、さほど離れていない距離にあります。

このイースト・リデレスデン・ホールは17世紀に建てられたマナー・ハウスです。外観には華やいだ雰囲気が一切なく、原作の館、「嵐が丘」そのものの陰鬱な趣。

館内に入ると、地元のヨークシャー・オークで造られた壁や太い梁が目を引きます。また、オーク製の家具や「ピューター」と呼ばれるスズや鉛などの合金で作られた食器など、映画で用いられた小道具のような生活用品が、まるで昨日まで使われていたかのように展示されています。

ガーデンに出ると、ヨークシャー・アップルの木が立ち並ぶ果樹園が。ワイルド・フラワーや多年生植物、ラベンダーやハーブなどが季節を通じて色とりどりのカーペットを紡ぎます。こじんまりとしたサンク・ガーデンには有名なオールド・ローズが咲き誇り、壁だけが残っている館の一部にはクレマチスやスイカズラ、ローズが覆い、このガーデンをドラマチックに演出します。

このホールはゴーストが出ることでも有名なプロパティです。スケッチにある館の前の池には、そこで溺れ死んだ女性が「青白い女性」となって出てくるのだとか……。また、恋人と一緒にいるところを夫に見つかったこの館の夫人が、部屋に閉じ込められた挙句に餓死させられ、その後「灰色の女性」となって館に出没するという話もあります。まるで「嵐が丘」そのままの逸話が、映画のロケ地になる以前から、まことしやかに語り継がれているこのプロパティ。そのせいか、地味ながらもとても人気のある観光地となっています。

(文責・小野まり)

East Riddlesden Hall

East Riddlesden Hall イースト・リデレスデン・ホール
住所 Bradford Road, Keighley, West Yorkshire BD20 5ELmap
Tel 01535 607075
行き方 車で/ M606またはM65の北最終ジャンクションからA650で Keighleyへ。Keighley の北東、約1.6キロ。A629沿い。
電車で/ Keighleyから約2.4キロ。
開園日時 3月15日~11月2日迄の月・木・金曜日を除く毎日12:00~17:00。
Website www.nationaltrust.org.uk
 
  • Facebook

JFC ゆめにしき
Valuence International
バナー バナー londoniryo_dental バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ