ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 14 April 2024

第255回 英国のウォール・ゲームとパチンコ

今号の特集で触れましたが、トランプの絵札のクラブのキングは 宝珠 ほうじゅ を抱いています。西欧諸国では宝珠と 王笏 おうしゃく がレガリア、つまり、神から君主に授けられた神器であり、支配権力の象徴とされてきました。でも、宝珠と王笏の起源を追い求めていくと紀元前1500年の古代エジプトまでたどることができるかもしれません。当時の王トトメス3世の墓の壁画に太陽に似せた宝珠を王笏で打ち飛ばし、豊作を祈願した儀式が描かれています。

球と棒を使うさまざまな球技球と棒を使うさまざまな球技

古代エジプトでは、神々だけでなく庶民も動物の皮で作った球を、ヤシの枝で突いて相手ゴールを狙う、フィールド・ホッケーのような競技をしていました。思えば、球と棒を使った球技にはほかにもクリケット、テニス、ゴルフ、ポロ、スティックボール、クロッケー、ゲートボールなど、数え上げたらきりがありません。いずれも起源は古代の占いの儀式にあり、それが転じて中世欧州の王室や修道院で行われた競技になったものが多いようです。

トランプ絵札の宝珠トランプ絵札の宝珠

欧州ではローン・ゲームと呼ばれる芝生に球を転がすボウリングや、球を突いて目標物に命中させるグラウンド・ビリヤードが人気でした。15世紀半ば、悪天候でも競技できるように、フランスのルイ11世が室内用ビリヤード台を作らせました。腰痛持ちの国王の痛みが悪化しないようテーブル台は腰の高さにされ、敷かれた布は芝生と同じ緑色でした。これが普及するにつれて種目が増え、台の広さや球の大きさが異なっていきました。

紀元前500年の古代ホッケーの様子(アテネ国立考古学博物館蔵)紀元前500年の古代ホッケーの様子(アテネ国立考古学博物館蔵)

1777年、パリ近郊のバガテール城でルイ16世夫妻を称えるパーティーが開かれ、新しいテーブル・ゲームが披露されました。ビリヤード台を小さくしたものを少し傾けて球が手元に転がって戻るようにしつつ、標的の穴に命中させるバガテールというゲームです。これは球を突くビリヤードと球を転がすボウリングの中間体ですが、19世紀後半に米国でバガテールが改良されてピンボールになり、米国を代表する遊戯具になりました。

バガテールに興ずる米大統領のリンカーン(中央)バガテールに興ずる米大統領のリンカーン(中央)

一方、20世紀初頭、英国はバガテールを縦置きに変えてガラス板を貼り、球をバネではじき飛ばして垂直に落とすウォール・ゲームに変えました。小銭を入れると球が出てきてそれを打ち、打球が釘にパチパチ当たりながら標的の穴に入れば賞金や景品が出る仕組みです。この遊戯具が1923年、兵庫県の宝塚新温泉パラダイスに設置されて人気になりました。これが日本のパチンコの発祥といわれています。球と棒の競技は過去から未来へ、そして世界中へと、あちこち跳ねては転がり、波及していきました。

筆者の自宅にあるバガテール筆者の自宅にあるバガテール

寅七さんの動画チャンネル「ちょい深ロンドン」もお見逃しなく。

 
  • Facebook

シティ公認ガイド 寅七

シティ公認ガイド 寅七
『シティを歩けば世界がみえる』を訴え、平日・銀行マン、週末・ガイドをしているうち、シティ・ドラゴンの模様がお腹に出来てしまった寅年7月生まれのトラ猫


日系に強い会計事務所 グリーンバック・アラン 不動産を購入してみませんか LONDON-TOKYO Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street お引越しはコヤナギワールドワイド

JRpass bloomsbury-solutions-square

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ