ニュースダイジェストの制作業務
Thu, 25 April 2024

本当に使える会計

経営において会計は身を守る防具だけでなく、勝ち抜くための武器にもなります。英国日系企業の経営者が知っておきたい会計トピックを、会計のプロが分かりやすく解説。

省エネルギーと二酸化炭素に関する報告

近年のESG(環境・社会・ガバナンス)意識の高まりのなか、英国では省エネルギーと二酸化炭素に関する報告開示(SECR=Streamline Energy and Carbon Reporting)が施行され、2019年4月1日以降にスタートする会計年度から、条件を満たす企業に対してエネルギー消費量や二酸化炭素排出量に関する開示が求められています。SECRは施行から少し時間が経っていますが、相談をいただくことが多いトピックについて、今回は復習してみようと思います。

日系子会社も対象となりますか。

SECRは英国の大企業に適用されます。大企業とは、売上が3600万ポンド以上、総資産が1800万ポンド以上、従業員が250人以上、という三つの条件のうち二つ以上を満たす企業のことです。ただし、上場企業は規模に関わらず大企業として扱われ、SECR適用対象となります。通常は決算書の取締役報告書(Directors Report)で開示されますが、企業にとって戦略的に重要な内容であれば、同じく決算書内の戦略報告書(Strategic Report)で開示することも認められています。

私の会社はまだ大企業ではありませんが、数年内には条件を満たしそうです。

SECR開示には企業内で多くのプロセスを実施する必要があるため、早い段階で準備を開始することをお勧めします。まず自社の環境への影響や責任を把握し、的確な重要業績評価指標(KPI=Key Performance Indicator)を特定することが大切です。開示のために必要なデータ収集と、その測定や管理には、環境マネジメントシステムを構築する必要があります。開示要件の正確な把握には時間や手間がかかります。

SECR開示内容について教えてください。

求められる開示レベルは上場企業と非上場企業で大きく異なりますが、ここではほとんどの英国日系企業のように非上場である場合について説明します。
・エネルギー消費量: 報告期間内に使用したエネルギーについて、電気、ガス燃焼、輸送や移動といった種類ごとの消費量を開示
・温室効果ガスの排出量: 報告期間内の上記の使用エネルギーから発生させた温室効果ガス(CO2e)の量を開示
・強度比率: 少なくとも一種類の数的強度比率の開示と前年度との比較が求められる
・方法論の説明: エネルギー消費量と温室効果ガス排出量を計測するために用いた方法論や算出方法を説明。特定の方法論の指定はないが、GHGプロトコル企業基準などを参照することが推奨されている
・エネルギー効率化へのアクション: 省エネ化やエネルギー消費の効率化を進める具体的な取り組みを説明

かなり詳細な開示が求められるのですね。

確かにSECR開示対応は容易ではありませんが、大きなプラス面もあります。開示プロセスは、省エネ化や脱炭素へ向けた姿勢を強めるきっかけとなります。数値化し、各種比較や分析を容易にすることで、自社のエネルギー消費や効率性への関心が高まり、改善へ向けた具体的な施策を取ることにもつながるでしょう。ESGへの取り組みは、結果として消費エネルギー低減によるコストダウンといった財政上の好影響だけでなく、顧客や従業員、サプライヤーといったステークホルダーへの広報にもなり得ます。

*この記事は一般的な情報を提供する目的で作成されています。更なる情報をお求めの場合は、別途下記までご相談ください。

スタッフ募集

グリーンバックアランでは事業拡大につき、監査・会計・税務の各部署にてスタッフを募集しています。有資格者・経験者優遇。トレーニーも考慮(資格取得サポートあり)。応募を希望される方は、下記連絡先までCVをお送りください。

Greenback Alan LLP
89 Spa Road, London SE16 3SG
Tel: 020-7403-5959
Email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください (日本語可)

高西祐介 高西祐介
監査・会計パートナー
英国大手会計事務所にて多くの英系大企業監査を担当。日系企業をサポートしたいという強い思いからGBAへ。監査、ファイナンスデューデリ、組織再編アドバイスを専門とする。

財務
 

パートナー&アソシエートパートナー

  • 会計パートナー陣スティーブン
  • 会計パートナー陣ジョン
  • 会計パートナー陣イアン
  • 会計パートナー陣祐介
  • 会計パートナー陣チー
  • ショーナショーナ
  • 浦崎絵夢浦崎絵夢

当記事はあくまでも一般的な情報を提供する目的で作成されており、専門的なアドバイスを目的としたものではない為、これを受けての対応は独自の責任の下で行ってください。
正式なアドバイスは、全体的且つ詳細状況を把握した上にのみに提供される必要があります。また、ここに記載の情報は、執筆当時において最も正確なものとして提供を行っています。
更なる情報やアドバイスをお求めの場合、別途下記までご連絡ください。

グリーンバック・アラン LLP
「日系に強い会計事務所」として長年にわたり多くの日系クライアントに、会計、監査、税務、各種アドバイスから経理業務まで幅広いサービスを提供。迅速かつ的確な対応をお約束いたします。日系部署が、窓口から実務まで日本語にてサポート。

グリーンバック・アラン LLPGreenback Alan LLP
89 Spa Road, London SE16 3SG
Tel: 020-7403-5959
Email: reception@gballp.com(日本語可)
Website: www.gballp.com
  • Facebook

日系に強い会計事務所 グリーンバック・アラン Dr 伊藤クリニック, 020 7637 5560, 96 Harley Street Sakura Dental お引越しはコヤナギワールドワイド

JRpass bloomsbury-solutions-square

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ