jcb
Tue, 21 September 2021

サッカー、ミャンマー代表選手の難民認定申請を日本政府が検討 - 日本戦で自国の国軍に抗議のポーズ

Japan considering Myanmar goalie's asylum request

「インディペンデント」紙(電子版) 6月17日

「インディペンデント」紙(電子版)は6月17日、2022年のサッカーW杯アジア2次予選で来日していたミャンマー代表チームのピエ・リアン・アウン選手が帰国を拒否して難民認定を申請し、日本政府が手続きを進める意向であるという共同通信の報道を伝えた。

同紙は、アウン選手は5月の日本戦で、指に「正義が必要」というメッセージを書き、3本指を掲げるポーズをして国軍に抗議、この映像はソーシャル・メディアで広く拡散されたと説明。16日に帰国する予定だった同選手だが、ミャンマーに戻ることは「命に危険がある」として帰国を拒んだと報道した。

また同紙は、日本に在留するミャンマー人が本国で迫害される危険がある場合、日本在留を1年延長出来る特別措置に従い、「(同選手の件を)適切に対応する」とする加藤勝信官房長官のコメントを紹介。ミャンマーでは2月の国軍によるクーデター後、抗議活動と市民への弾圧が続いていると解説した。

Last chance’ for Japan to reverse digital defeat
行政手続きのデジタル化遅延を巻き返せるか

「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版) 6月21日

「フィナンシャル・タイムズ」紙(電子版)は6月21日、住民情報の管理効率化のため導入されたマイナンバー制度は、いまだに普及率が15パーセントだと説明。手続きのデジタル化が進まず、私的機関の助けが必要だとするデジタル改革担当大臣の考えを伝えた。

Japan’s emperor voices concern about Covid spread during Olympics
天皇陛下がオリンピック開催に懸念

「ガーディアン」紙(電子版) 6月24日

「ガーディアン」紙(電子版)は6月24日、コロナ禍のオリンピック開催に対し国民の不安が高まるなか、天皇陛下は開催が感染拡大につながらないか懸念しているという宮内庁の発表を伝えた。通常、皇室は行政に関するコメントは控えていると加えた。

Japanese soccer player Yokoyama comes out as transgender
サッカーの横山久美選手、トランスジェンダーを公表

「インディペンデント」紙(電子版) 6月24日

「インディペンデント」紙(電子版)は6月24日、米ワシントン・スピリット所属の横山久美選手が、トランスジェンダーであることを公表したと伝えた。日本でトランスジェンダーは法的に認められておらず、正しい認知のきっかけとなると紹介した。

Japan finally lifts its 67-year-old ban on dancing
ダンス規制法が67年ぶりに改正

「インディペンデント」紙(電子版) 6月24日

「インディペンデント」紙(電子版)は6月24日、日本のダンス規制法が67年ぶりに改正されることになったと伝えた。日本ではこれまで客がダンスをする店は風俗営業とみなし、午前0時以降のダンスを禁止していたと報道した。

 
  • Facebook

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2021
JFC ゆめにしき
londoniryo_dental バナー バナー バナー

プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ