instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 27 September 2020

英国発ニュース

英紙が「忍者ブーム」に注目―「ほんの少しの事実」と「多くの空想」の組み合わせと紹介

「ガーディアン」紙の電子版は11日、日本の忍者への注目度が近年増しており、海外の観光客の関心を引いていると伝えた。

 同記事によると、忍者が西洋の人々に知られるようになったのは、人気スパイ映画「007は二度死ぬ」に忍者が登場してから。また現在、様々な形で描かれている忍者の姿は、英国のロビン・フッドやアーサー王の物語のように「ほんの少しの事実」と「多くの空想」を組み合わせた創作物であるとする関係者の発言を引用している。
 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ