FacebookツイッターRSS feed
ロンドンのゲストハウス
jeu 23 novembre 2017

写真家 甲斐扶佐義さん

パリのギャラリー Galerie Grand E'ternaにてKyoto derriere Kyoto展を開催中の写真家 甲斐扶佐義(ふさよし)さんにお会いしてきました。

Image

京都で「ほんやら洞」と「八文字屋」という2件の喫茶店の経営もする甲斐さん。今回のパリ個展は、なんとこの喫茶店で出会ったフランス人の友人たちの勧めで実現したのだそう!

Image

自身にとって初めてのパリ個展。先週開かれたベルニサージュには多くの人が来場し、友人、知人の協力に改めて感動したそうです。

Image


Image

70年代に撮影した写真から先月撮った写真まで、およそ40点が今回展示されています。人物が被写体になっているものが多く、甲斐さんの人柄が写真に出ているような、温かみのある、どこか懐かしいような写真や、見ていて自然に笑顔がこぼれてしまう作品の数々に心が和みます!

Image
(C)KAI Fusayoshi

作品の下に手書きで書かれているタイトルにも甲斐さんの少年のような遊び心が見え隠れしています。

Image


Image
(C)KAI Fusayoshi

こちらはなんと生前遺作集!

Image

これらの作品すべてを撮ったというのがこちらのカメラ。

Image

15年前にもらってから何度も修理に出したり、部品を交換したりしながらずっと愛用してきたそうです。
パリに来てから1週間という甲斐さんですが、すでに1500枚の写真を撮ったといいます。京都とパリは似ているといわれることもありますが、との質問には「あんまりそういう感じはしない。だって住んでいるヒトの顔が全く違うでしょ」と甲斐さん。

Image

今回のパリ滞在中は「危ないからパリではあまりヒトの写真を撮るな」と友人たちに心配されたにもかかわらず、のみの市で1時間に数百枚の写真を撮ったそう。

「実は今回滞在中のフィルムがもうすでに底をつきそう」と、会場では甲斐さんへ白黒フィルム5本1口の寄付を受け付けることに。白黒フィルムを5本持って会場で甲斐さんに寄付してくれ、会場で甲斐さんの本を購入していただいた方には、その場でストックの中からお好きなキャビネ判か、甲斐さんがその場でご本人の写真を撮影した生写真をプレゼントしてくれるそうです。

イタリアやオランダ、韓国、カザフスタン、ポーランドなど世界各国から展覧会の依頼が後を絶たないという甲斐さん。フランス人の友達も多くいるので、将来はパリへの移住も悪くないかなとも。

どこか懐かしい気分に浸ることのできる甲斐さんの写真展。みなさんもぜひ足を運んでみてはいかがですか?

Image
(C)KAI Fusayoshi


Image
(C) KAI Fusayoshi

Kyoto derrière Kyoto
6月2日(水)まで 
甲斐扶佐義&エマニュエル・ギベール 2人展
6月3日(木)~19日(土)
14:00-19:00、日休
入場無料
Galerie Grand E'terna
3, rue de Miromesnil 75008 Paris
M:Miromesnil⑨⑬
TEL:01 42 65 14 46
www.gallery-grand-eterna.com

 

  • Check


バナー
パリのお弁当やさん サロン&クリニック・ガイド ヘアサロン・ガイド バナー おすすめフランス語学校 フランスのラーメン、中華麺、うどん、そば - イギリス・フランス・ベルギー・ドイツの麺もの大特集! バナー バナー