instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストの制作業務
Sun, 20 September 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

SEASONS by 浜崎あゆみ

Dear ドモンさん
私は若い頃から海外文学が好きで、随分昔から将来は翻訳家になりたいと思っていました。日本で翻訳学校に通ってから渡英し、既に5年。少しずつではありますが、今では翻訳の仕事をもらえるようになりました。同時に、前は無給でも喜んで請け負っていた翻訳という作業を、退屈に感じることが増えてきたような気がしています。土門さんは、「今日はギター弾きたくない」っていうとき、ありませんか。そういうとき、土門さんならどうしますか。

回答

いや、弾かないと生活できませんから(選択肢無し)。

信じられないかもしれませんが、私バスキングだけで全生活費を稼ぎ出しているんですよ。イベント等でこの話をすると、皆さん「えー!」ってビックリするんですけど本当なんです。別にヒモやってるとか、そういうことでもないですよ。なので、弾くしかないんです。風邪で高熱が出たり、食中毒になったときだってバスキング行ってますからね。ツメ折れたって行きますよ。

なんて言ってる私ですが、唯一「二日酔い」のときだけは、バスキング行きたくありませんでしたね。というか、気持ち悪くて現場にたどり着けませんでしたよ(恥)。え、もっと考えさせられるような回答期待してましたか? いくらカッコつけても、人間なんてそんなもんです。あと「一番好きなことは、仕事にしないほうがいい」なんて言う人もいますけどね。ある意味当たってますが、しなきゃしないで後悔するかもしれませんし……。好きなことを仕事にしてる人なんて、限られていると思うんで、そういう意味では、あなたも私も恵まれているのかもしれませんねえ。

そんなあなたに
SEASONS
by 浜崎あゆみ

作詞は浜崎あゆみ本人。アイドルの曲だからって、馬鹿にできません。結構クオリティ ー高いですよ。歌手の道を選んだ彼女なりの苦悩がうかがえる名曲です。どんな仕事 にしても、それで人が喜んでくれたときって至福の瞬間ですよね。君も、君の翻訳文が 読者に感動を与えていると思って、退屈なときも自分に喝を入れて頑張ってくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ