ニュースダイジェストの制作業務
Tue, 28 June 2022

レイコック・アビー& ビレッジ - Lacock Abbey & Village

~魔法にかかった空間~

今年ついに完結した大ヒット・ファンタジー小説「ハリー・ポッター」。そのシリー ズ第1弾の映画のロケ地となったプロパティがここ、レイコック・ビレッジにあるレイコック・アビー(寺院)です。 このレイコックは中世の美しい面影を今に残す村。アビーのある村全体がナショナル・トラストの保護地となっています。

13世紀に建てられた荘厳なレイコック・アビーは、19世紀に近代写真技術の生みの親となったウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットが長く住居としていたと ころ。映画ではホグワーツ魔法魔術学校の内部シーンに、この寺院の中庭や回廊などが使用されました。フクロウを片手にハリーが雪に白く染まった中庭に佇むシーンは、ここで撮影された代表的な一場面です。

そして、中世の姿をそのままに残すレイコックは、まるで村全体が魔法にかかってしまったような不思議な空間です。16世紀に建てられた教会の前には「天使のため息」 と名付けられた通り。教会の向かいには小さな小さな郵便局が。少し歩くとナショナル・トラストのショップもあります。英国中のどこででも見られるようなパブでさえ、1740年に建てられたものなのです。

この村はハリー・ポッターのみならず、BBCドラマの「高慢と偏見」をはじめ数々の映画やドラマのロケ地として有名です。女優ジュディ・デンチ出演で話題のドラマ 「Cranford」もその一つ。ドラマを通じて、「あのシーンは、ここで撮影されたのかも!」 と分かる場所が随所にあります。

また、村の入口にはフォックス・タルボットの偉業を称える写真博物館があります。彼の発明で写真が誕生し、その技術は 映画やTVへと発展していったのです。そのタルボットが愛して止まないこの美しい村 が、人々を感動させる映画やドラマの舞台として、今後も永久に残されていくことは、何と幸せなことなのかと思わされます。

(文責・小野まり)

Lacock Abbey, Fox Talbot Museum&Village

Lacock Abbey, Fox Talbot Museum&Village
レイコック・アビー& ビレッジ
Address Lacock, nr Chippenham, Wiltshire SN15 2LGmap
Tel 01249 730459
Access M4を出口17で降り、A350をChippenham方面へ。Chippenhamの南約4.8キロ。住民以外の村内への車での入場は不可。村の入口に駐車場あり。
Open Hour Abbey: 3月下旬~10月下旬迄の火を除く毎日13:00~17:30。
Museum: 11月~2月中旬迄の週末11:00~16:00。2月下旬~10月下旬迄の毎日11:00~17:30。
Website 詳細は www.nationaltrust.org.uk
 
  • Facebook

JFC ゆめにしき
Valuence International
バナー バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ