instagram Facebook ツイッター
早稲田アカデミー 夏期講演会 in ロンドン
Sun, 09 August 2020

安倍首相、後援会関係者が多数参加の「桜を見る会」で非難を受ける

Shinzo Abe accused of cronyism over ‘rewards for backers’
参加者1万8200人、支出額5000万円以上

「タイムズ」紙 11月13日

「タイムズ」紙は、13日、安倍首相のもとで「桜を見る会」の招待客の数と費用が年々増加、首相の地元である山口県の後援会関係者が多数招待されたことで非難を浴びており、国会で野党が追及していると報じた。

同紙は、「桜を見る会」について、1952年に開始した総理主催の伝統行事で、皇族や国会議員など数千人の客を招待して毎年新宿御苑で行われると説明。

今年の会は、当初招待客が1万人、予算が1770万円だったが、結局1万8200人が集まり、支出額が倍以上に膨れ上がったことや、安倍首相の後援会関係者850人が前夜祭に出席した事実と翌日関係者を運ぶために17台の貸し切りバスが利用されたことも伝えた。

また、「招待者の取りまとめには関与していない」という安倍首相の声や「選挙区の皆さんに配慮するのは当然のこと」という二階幹事長の意見、菅官房長官の「予算はテロ対策の強化や混雑緩和の措置などを反映させたもの」というコメントも紹介している。

Microsoft Japan tested a four-day work week and productivity jumped by 40%
日本マイクロソフト、週休3日制を試験導入

「ガーディアン」紙(電子版) 11月3日

「ガーディアン」紙(電子版)は4日、日本マイクロソフト社が試験的に週休3日制を導入したところ、労働生産性が40%上がったとの結果を発表した。同社は8月の毎週金曜日を休業日にし、それにより社員の幸福度と生産性力が高まったという。

Geisha selfies banned in Kyoto as foreign tourism boom takes toll
京都の祇園でセルフィーが禁止に

「ガーディアン」紙(電子版) 11月5日

「ガーディアン」紙(電子版)は5日、先月25日から京都祇園町の一部私道での写真撮影が禁止されることになったと伝えた。これは外国人観光客らが私有地に入り込み、無断で舞妓を撮影する行為が繰り返されているためだという。

Members of US Marine Corps unit involved in deadly jet crash ‘read books and took selfies during flights’
米海軍兵、事故の原因は飛行中の読書

「インディペンデント」紙(電子版) 11月7日

「インディペンデント」紙(電子版)は7日、山口県にある米軍岩国基地のパイロットが起こした事故を例に挙げ、飛行中の読書やセルフィーといった規律違反による事故が目立つとし、日本が米軍に注意を促したと伝えた。

Japan 'glasses ban' for women at work sparks backlash
女性社員に眼鏡禁止で非難ごうごう

「タイムズ」紙(電子版) 11月1日

BBC(電子版)は8日、日本では女性社員に眼鏡を禁止している企業があり、国内の複数のメディアがこれを報じたところ、批判が続出したと伝えた。小売チェーン店では、眼鏡が「冷たい印象を与える」などを禁止の理由に挙げていると述べた。

 

最も困難な状況下、猛烈なプレーで実力を証明したラグビー日本代表

Japan show world their defiance and skill in face of typhoon destruction
台風による破壊に直面した日本、世界にその果敢な抵抗力と技術力を示す

「ガーディアン」紙(電子版) 10月13日

「ガーディアン」紙(電子版)は13日、大型の台風19号が上陸し、各地に大きな傷跡を残したその数時間後、横浜でラグビーW杯の日本対スコットランド戦が開催されたと報じた。被災者の救助作業は完了しておらず、堤防が決壊し河川が溢れ、修復作業はまだ始まってもいない。正確な犠牲者の数も分からない、そんな時に日本は試合開催を決定したと同紙は伝え、自分たちがやれるのだということを世界に証明したかったという、ある実行委員の言葉を紹介した。

また、スタジアムは鶴見川の氾濫流域に建設されており、洪水制御施設でもあると説明。さらに、委員会がどの様に迅速に試合の準備を整えたかを伝え、日本がこの試合をキャンセルし不戦勝でベスト8になろうとしているという一部の人々の考えがどんなに恥ずかしい誤解だったかが明らかになったと報じた。また、スコットランドは勝利に向け自分たちよりもはるかに強烈な意志を持ったチームと対戦したのだと述べた。

Japan to pardon 600,000 criminals to celebrate emperor’s enthronement
即位の礼に合わせて60万人に恩赦を実施か

「インディペンデント」紙(電子版) 10月2日

「インディペンデント」紙(電子版)は2日、日本政府は同22日の「即位の礼」に合わせて恩赦を実施する方向で、約60万人が対象になると伝えた。罰金刑の確定から3年が経過した人の資格制限の回復のみなど、平成時より規模は縮小されると紹介した。

Inside the gruelling high school regime producing ‘robots’ for Japan’s national side
過酷なトレーニングはロボットのような選手を生み出す?

「テレグラフ」紙(電子版) 10月7日

「テレグラフ」紙(電子版)は7日、日本の高校で行われている過酷なラグビー練習風景を紹介し、これを見れば日本代表がアイルランド戦で見せたタフネスにも納得するとしながら、10代の少年たちに課すには厳しすぎ、楽しみもないと批判した。

Tattoos in Japan: The eye-watering art thousands cross the world for
日本の伝統的な入れ墨を求めて海外から顧客が訪日

「BBC」紙(電子版) 10月8日

「BBC」(電子版)は8日、鮮やかな色彩を持つ伝統的な日本の手彫りの入れ墨に憧れ、カナダから訪日した消防士の青年を追って東京・池袋の入れ墨店「彫りみつ」を取材。同店の彫師の、今や顧客の60%が海外からの若者だという言葉を伝えた。

Brave Blossoms challenging old ideas of what it means to be Japanese
「日本人らしさ」という古い概念にブレイブ・ブロッサムズが挑む

「ガーディアン」紙(電子版) 10月9日

「ガーディアン」紙(電子版)は9日、ラグビーW杯日本代表が、日本人らしさについての伝統的な概念を変える可能性があると報じた。同紙は代表の半数が外国出身だと説明。一方で、チームの多様な側面に誇りを持つという主将の言葉も紹介した。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ